通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生き物の描き方: 自然観察の技法 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、カバーに使用感があります。少し、小口に使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

生き物の描き方: 自然観察の技法 単行本 – 2012/12/12

5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/12/12
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,559

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生き物の描き方: 自然観察の技法
  • +
  • 昆虫の描き方: 自然観察の技法II
  • +
  • 植物の描き方: 自然観察の技法III
総額: ¥7,344
ポイントの合計: 222pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

デジカメの時代にわざわざ生き物のスケッチ?
いえいえ、じつはそれが大切なのです。
自然観察の達人「ゲッチョ先生」が生き物の見方、描き方を伝授します。
さぁ、フィールドノートとペンを持って、生き物たちの観察に出かけよう。

【内容紹介】
生き物をスケッチしよう――自然観察の第一歩はフィールドへ出て絵を描くことから始まる。デジカメ全盛の時代にあえてスケッチすることの大切さを熱く語る。絵を描くのが得意な人にも苦手な人にも、生き物スケッチのコツをていねいに伝授。

【本書「はじめに」より】
「これから本書で紹介するのは、僕がどのように生き物のスケッチを身につけたかという、いわば手探りの結果である。(中略)僕のような不器用な人間でも、スケッチと呼べるようなしろものが生み出せるようになったということは、かえって絵心にあまり自信がない人にも、伝えられる部分があるのかもしれないと思っている。」

内容(「BOOK」データベースより)

デジカメの時代にわざわざ生き物のスケッチ?いえいえ、じつはそれが大切なのです。自然観察の達人「ゲッチョ先生」が生き物の見方、描き方を伝授します。さぁ、フィールドノートとペンを持って、生き物たちの観察に出かけよう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2012/12/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 413063335X
  • ISBN-13: 978-4130633352
  • 発売日: 2012/12/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 227,118位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 小学校から高校までの授業で多くの人が経験したであろう、生き物のスケッチ。本書は、そうしたスケッチを描くためのコツを、「ゲッチョ先生」の愛称でも知られる著者がやさしく解説する指南書である。
 ただもちろん、本書はただのドローイングの教則書ではない。というのも、生き物をうまく描くためには、生き物をきちんと観察する必要があるからだ。とりわけ、それがどんな生態にあるかという「くらし」と、それがどのように進化したかという「れきし」、そのふたつの観点から生き物を見ることが重要である。そういう意味で本書は、生き物を見る目を養うための本、ひいては、自然と接する〈こころ〉を教えてくれる本でもある。
 では実際に、上手にスケッチを描くためにはどんなコツがあるのだろうか。著者によれば、それは、「自分なりのウソのつき方を身につける」ことにある。もっと言えば、「ウソは、はっきりつく」、「ウソのつき方をうまくする」、「ウソはつきとおす」の3つがその極意である。一見逆説的であるこれらの教えが、具体的にどんな意味をもっているか、また上手なスケッチにどう結実するかは、本書を読んで確かめてほしい。
 大学卒業後、中高の理科の教員として出発した著者。そんな著者にとっては、生き物のスケッチを描くという行為も、自然や理科に対して興味をもってもらいたいという熱意とわかちがたく結びついている。そ
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 好きな生き物を描いて、いい文章で読ませてくれる著者が著した「描き方」の本。表紙の生き物はすべて、著者の手になるもの。これの描き方を開陳してくださるのだから、同じことを試みていつも劣等感にさいなまれているものにとっては読まずにはいられない。東京大学出版会という出版先も、本格的に教えてくれそうな予感を持たせてくれる。
 
 描き方の部分はほんとうに具体的。ベタ塗りをしていくときの快感、というのは体験者の言葉そのものだろう。中でも描くための「ウソの三法則」はとても実感があった。生き物は自然の中で他のいきものと共にあり、いろいろな構造を持ち、細胞からできていて、分解すれば分子・原子にまで分けられる。それをすべてを描きこむことはできないということだ。あるレベルで、伝えたい部分を切り取ってみせるしかない。伝えたいことを切り出すためには当然捨てるものもある。そして切り取ってくるレベルを統一しないとなにが言いたいのかがぼやけてしまう。それを著者らしい言い方にしたのが「ウソの三法則」だ。
 これまでの著作でいつも主張されていた「生き物のれきしとくらし」というものの見方が、描き方と一緒に、対象物にまつわる話として書いてある。それぞれの「れきしとくらし」があるからこそ、面白いと思い、書きたいと思うのだ。「どうやったら自分が面白いと思うものを感じ取れるかが大事」と、紙の上へ
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
単なる絵の描き方のハウツー本ではありません。

野外観察時に出会った生物のスケッチのコツや
スケッチした骨の形から何がわかるのか・・・
など、生き物のことを楽しくわかりやすく説明してくれている本です。

ところどころに挿入されたイラストを眺めるだけでも楽しいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 『生き物の描き方 自然観察の技法』盛口満著 を読んで、圧倒されてしまいました。帯には、「さぁ、フィールドノートとペンを持って、生き物たちの観察に出かけよう。」とあるが・・・。
 こんな高いレベルのことはできそうにない、どうしよう!どう料理すれば、この本に書かれている「ゲッチョ先生の知恵」を生かせるか、本気で悩んでいます。この本の優れている点は、描き方の技法だけでなく、その生き物の自然史的な意義を踏まえて書いてあるところ。ただの「生き物の描き方」技法の伝授本ではないことがよくわかる。
 でも、ここまで高いレベルはできないと思ってしまっている素人でもできる、より簡単な『描き方』版も書いてほしい。自然観察会の道具として。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
絵の描き方のノウハウ本を全面に出したタイトルがついていますが、ゲッチョ先生のエッセイとしても十分楽しめます。
先生がどう悩んで、試行錯誤して、表紙のような精緻な生物の絵を描けるようになったか、興味深いフィールドワークのエピソードと共に紹介されています。
この本を読み終わると、自分も生き物の絵が描きたくなりますね。
子どもが二人おりますが、彼らにぜひ読んでもらいたい本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告