Facebook Twitter LINE
¥ 1,296
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 259 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,037
Kindle版
¥ 1,296
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 259 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
  • ポイント: 12pt (1%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生き残った人の7つの習慣 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


生き残った人の7つの習慣 単行本(ソフトカバー) – 2018/12/14

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1,345
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生き残った人の7つの習慣
  • +
  • 太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 26pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

高峰登山に長年関わってきた経験と企業経営のマネジメントが融合!
異変の予兆はなかったか――、どうすれば生き残れたか――。
トップクライマーが実践する、企業経営に活きる究極の危機管理術。

現代社会、とりわけ一流ビジネスマンやアスリートは、ありとあらゆる最悪を想定して「危機」を未然に防ごうとする。

なかでも山ほどシビアに「危機管理」の能力が求められる世界はないだろう。そうした危機に直面しないように、あらゆる事前準備やシミュレーションを行ない、わずかな異変も察知して「危機」を回避しようとする。

プロクライマー・小西浩文は、長年、地球上に14座ある「8000メートル峰の無酸素登頂」に挑みつづけ、過去、事故に巻き込まれながら「生還」してきた。ともに苦難を乗り越えてきた山の仲間たちの多くが事故や遭難で亡くなっていくなかで、小西だけは五体満足で生き残ることができた。

山の世界で培ってきた「究極の危機管理法」を身につけたからである。

クライマーであり、企業経営者、若い起業家、教育関係者、自治体などの研修や講演も手がける著者が、社会全体の危機管理の重要性を説く。

【内容】
危機の予兆を察知せよ
ゴール直前の「気の緩み」に注意せよ
「焦り」と「驕り」を支配せよ
「想定外」に甘えるな
「平常心」を忘れるな
「微かな異変」を見逃すな
「事前の準備」に集中せよ

実際に小西が体験した9件の事故のケースを検証しながら、そうした事例からの教訓、危機管理とは「心のマネジメント」であることを言及する。

出版社からのコメント

(本文「はじめに」から)

最近、「危機管理」という言葉を、いろいろな場面でよく耳にする。

例えば、不祥事を起こした組織のトップが、いつまでたってもなんの説明もしないで逃げ回っていると、ワイドショーのコメンテーターらが口々に「危機管理がなっていない」などと言うのは、皆さんもご存知の通りだ。

また、近ごろ続発する地震や台風など自然災害でも、国や専門家が「常日ごろからの危機管理が重要」などと呼びかけることも少なくない。

そもそも「危機管理」とは、あさま山荘事件で陣頭指揮をとった後、初代内閣安全保障室長などを歴任された佐々敦行氏が、英語の「risk management」を直訳したところからきた言葉だ。

この成り立ちからもわかるように、もともとは国家や、軍隊・警察などの組織において、不測の事態が発生した際、いかにしてそれを素早く収束して、ダメージを限定的にさせていくかということを目的としていた。

そのため、主に組織を率いるリーダーの心得、組織内の連絡・命令体制の構築、緊急時の行動規範の制定を指すことが多かった。

だが、昨今言われている「危機管理」の意味するところは、それと大きく異なる。ビジネスはもちろんのこと、対人関係、日常生活、災害現場など、現代社会におけるありとあらゆる「危機」を想定しており、現代人が生き抜くためのスキルともいうべき、広義の「サバイバル術」の様相を呈しているのだ。

そんな「危機管理」のテクニックを、もしもあなたが真剣に身につけたいと思い立ったら、実はうってつけの世界があるのをご存知だろうか
それは「山」である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 196ページ
  • 出版社: 山と渓谷社 (2018/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4635310396
  • ISBN-13: 978-4635310390
  • 発売日: 2018/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 12.8 x 18.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,613位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2019年1月1日
形式: Kindle版Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告