通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
生きる がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感ありますが、全体的に中古としては状態は概ね良好です。※発行年数によって、カバーデザインが、異なる事がございます。出品前に検品、クリーニングしております。雨に濡れないようにビニール袋+封筒で梱包し、ゆうメール(日本郵便)で発送いたします。十分な検品、クリーニングをして出品しておりますが、もし、商品の状態が説明と異なる場合や郵送でのトラブル等、ご連絡いただければ丁寧に対応いたします。(※発送より10日以内に、ご連絡お願い致します。10日以降は対応致しかねますので、ご了承お願い致します)ご安心してお取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生きる 単行本 – 2013/9/21

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 221
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 生きる
  • +
  • たった一人の30年戦争
  • +
  • 小野田寛郎―わがルバン島の30年戦争 (人間の記録 (109))
総額: ¥4,754
ポイントの合計: 144pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昭和49年(1974)、フィリピンのルバング島から帰国した当時の著者をニュースで見た人も多いだろう。あれから39年、その後も著者は人知れず戦い続けていた。
帰国直後、「ルバング島での証人なき戦い」という言葉に発奮した著者は、自分の力を証明するため、新天地ブラジルで一から牧場の開拓を決意。その数年後には、日本の子供たちの現状を憂え、「自然塾」という体験キャンプを開始する。そして今、著者は成田空港より広い牧場に1800頭の肉牛を飼育し、自然塾で教育してきた子供はのべ2万人を超える。
著者は言う「今の日本人からはたくましさが消えた。平和ボケしている一方で、自殺や引きこもりなど人生を放棄する若者たち。これらはいずれも人間が本来持っている野性を失った結果だ」と。本書は、そうした著者の熱い思いを、自らの体験をまじえながら語る。極限状態の中で生き、戦い抜いた著者ならではの説得力に満ちた「人生の教訓」。

内容(「BOOK」データベースより)

30年間孤島で戦い続けた不屈の日本人。真のラストサムライが語る人生の教訓!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2013/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569800181
  • ISBN-13: 978-4569800189
  • 発売日: 2013/9/21
  • 梱包サイズ: 15.4 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,128位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
20年ほど前からの講演などをまとめたもの、とのことですが、
主題ごとの冒頭にある、枠で囲った教訓をパラパラと読んだ瞬間、
これは人間というものの本質を衝いた本だと直感しました。

たとえば:
「恐怖の大半は『自分』が作り出している。・・・恐れの感情とは、
 まだ起きてもいないことをどんどん肥大化させている感情である」
「最大なる味方は『笑う』」
「人生の道案内は人ではない。物でもない。それは『目的意識』である」
「『食べる』これは『生きる』ための根源である」
「後悔や怒り、不安は『忘れる』ことが一番だ」 (本書からの引用)
等々・・・

小野田さんのように戦場で30年間生き抜いた人の言葉は、
他の著者では語れない重みと、鋭さがあります。

著者のいうとおり、「もう、私のような体験をする者は今後出てこないだろう」 (まえがきから引用)
ブッダの教えや、フランクル心理学と、一脈通じるものがあるように思いました。

造本は、ポケットに入れて持ち歩くのに便利な手帳判(ビニールカバー)になっています。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
すごい本だと思いました。小野田さんが生還されたときのことを思い出しますが、その折は、これほど文化的な生き方をジャングルで展開されていたなど、まるで想像ができませんでした。私はロビンソン漂流記のロビンソン・クルーソーの生き方をすぐに思い浮かべました。獲物をとること、保存食を作ること、モミから米を作ること、針を使って衣類を作ること、30年という月日を刻むこと、多くが共通しています。ロビンソンはたとえ人食い人種でも対話したい、人の声を聞きたいと渇望し、23年目にフライデーに出合いますが、小野田さんは常に、ほとんどの年月仲間と一緒で、対話することが出来ました。小野田さんが書いています。人間の力は小さい。ナイフも銃もすべて人の社会で作られたもので、自分はそうした社会の力の中で生きてきたということ。毎日体を洗い歯を磨き、生水は飲まず、素晴らしくきっちりと人間らしく生きてこられたということに感動しました。よくここまで書き残していただきました。小野田さんのご冥福を祈ります。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本当に過酷な人生を過ごされ、それにも関わらず、再び日本での
子供の行く末を案じられる人となりの大きさに、深く、ふかく感動しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私もこれからの生き方を考えて行動したいと思います。道を教えてくれてありがとうございます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アメショのチロ #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/2/4
形式: 単行本
2014年1月16日に亡くなられた小野田寛郎さんが、最後に残された本です。
フィリピンのルバング島で任務遂行のために30年間いかに戦い続けたかが克明に綴られています。
91歳の小野田さんがこれだけ研ぎ澄まされ、野性味溢れる感情を内に秘めていることに圧倒されました。

節々に戦後現代日本への批判、怒り、憤りが記されています。
不平不満を人は言うけれど、それを変えていく努力をするのは難しいものです。
しかし小野田さんが凄いと思うのは、ならば自分がなにを成さねばならないかと考え
自ら出来うる役割を見つけて『自然塾』として子供達に自然の中での生き方を教える活動
を始められたことです。戦後日本の元凶が教育にありと看破されていたのかもしれません。

50歳を過ぎるまでゲリラ戦を続け、日本に戻った翌年にはブラジルへ移住
牧場経営を軌道に乗せ、60歳を過ぎてから日本とブラジルを行き来し、
20年以上も自然塾と講演活動を続ける、なんてエネルギッシュな豪傑なのだろう!

小野田さんの保守的な考えはマスメディアには都合の悪いものだったでしょう。
亡くなられたことを報じる記事もTVも、なんとも奥歯に物の挟まった言い方でした。

本書に繰り
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
テレビのドキュメンタリーを読んだり、新聞の特集を読んだりして、小野田さんの考えに興味を持ち購入しました。考え方は少し極端かもしれませんが、一本筋の通った揺るぎのない精神に感動しました。今の政治家、官僚に爪の垢でも飲ませたら、日本ももっとましな方向に進むのではないかと思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー