中古品
¥ 1,398
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 フリーロック
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 御覧戴き誠にありがとうございます。 【管理シールはビニール越しに貼付しております】 ◆在庫確実!(アマゾン専用商品のため、品切れはありません。)【送料無料・保証付】Amazon 配送センターより、24時間・年中無休で発送!新品未読品です。 検品をしていますので読むぶんには問題ないものを販売しておりますが、 万が一不備がございましたら返品、返金対応致します。尚、代引き決済、コンビニ決済もご利用頂けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

生きてるものはいないのか 単行本 – 2008/4

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,151
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

とぼけの真骨頂

 あやしい都市伝説がささやかれる大学病院で、ケータイ片手に次々と、十八人の若者たちが逝く─。第五十二回岸田國士戯曲賞である本作品についての選評を、以下に抜粋紹介しよう。
 「徹底しているというか、観客をばかにしているというか、とにかく破天荒な戯曲」(井上ひさし)
 「生に対する思いの低温ぶりが前田氏の味といえば味なのかもしれないが、結果、軽々と虚構へ邁進する」(岩松了)
 「『死』ではなく『死に方』に関する見事な不条理演劇」(鴻上尚史)
 「相変わらずの脱力系だが、作者の主観により牽引する手法を封印したことで、実力を証明した」(坂手洋二)
 「登場人物がただ次々と死んでゆく。ひねりも伏線もない、恐るべきワンアイデアなのだが、『よけいなことしなくてよかったね』と、むしろこれを讃えたい」(永井愛)
 「人々を深刻に死んではいかせない姿は、この作家のとぼけの真骨頂」(野田秀樹)
「ベケットの言語からも、別役実の言語からも逃れえた不条理劇」(宮沢章夫)
 選考会で賛否両論を巻き起こした話題作を、ご堪能あれ。

内容(「BOOK」データベースより)

あやしい都市伝説がささやかれる大学病院で、ケータイ片手に次々と、若者たちが逝く―。とぼけた「死に方」が追究されまくる脱力系不条理劇。第52回岸田國士戯曲賞受賞作品。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 171ページ
  • 出版社: 白水社 (2008/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560094012
  • ISBN-13: 978-4560094013
  • 発売日: 2008/04
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 559,628位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
作者は演劇集団「五反田団」の主催。
本書は五反田団+演劇計画2007の公演、
『生きてるものはいないのか』の台本を収録したものである。
本作品は第52回岸田國士戯曲賞を受賞している。

舞台上での「死」は本当の「死」ではなく、
「死体」は生きているにもかかわらず
公演の最後まで舞台上で「死んで」いなければならないという
演劇の「お約束事」を、徹底的に逆手に取った作品。

すっとぼけた「死」の後ろ側に見えてくるのは
私たちのすっとぼけた「生」の姿であり、
作者の時代意識と云おうか、危機意識と云おうか
閉塞している(ようにみえる)日本ブンガクを
揺さぶる仕掛けは巧妙、かつしたたかである。

本谷有紀子といい、岡田利規といい、
演劇人の鋭い身体/口語感覚からくる
揺さぶりは刺激的だ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す