中古品
¥ 105
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。商品説明に付属品(付録・特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生きてみたい、もう一度―新宿バス放火事件 (新風舎文庫) 文庫 – 2004/3/5

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥ 105
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

昭和55年(1980)8月19日、新宿駅西口で発車待ちをしていた京王帝都バスで起きた放火事件。無職の男がガソリンの入ったバケツと火のついた新聞紙を車内に投げ込み、車内は一瞬のうちに猛火に包まれた。帰宅を急ぐ乗客19人の内6人が焼死、13人が重軽傷を負った犯罪史上類をみない無差別殺人事件。被害者の一人である杉原美津子(著者)は全身の80パーセントを焼かれ、二度の死線を彷徨いながらも、文字通り必死に生き抜く。己の人生に真正面から立ち向かった一人の女性の愛と感動の記録。 1985年に映画化(東映/主演:桃井かおり)。実際に起きた無差別凶行《新宿バス放火事件》に遭遇した女性の愛と苦悩を描いたドキュメント。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和五十五年(一九八〇)八月十九日、新宿駅西口で発車待ちをしていた京王帝都バスで起きた放火事件。無職の男がガソリンの入ったバケツと火のついた新聞紙を車内に投げ込み、車内は一瞬のうちに猛火に包まれた。帰宅を急ぐ乗客の内六人が焼死、十三人が重軽傷を負った犯罪史上類をみない無差別殺人事件である。被害者の一人である著者は全身の八十パーセントを焼かれ、二度の死線を彷徨った。己の人生に真正面から立ち向かった一人の女性の愛と苦悩の記録。一九八五年に映画化されている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 305ページ
  • 出版社: 新風舎 (2004/3/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797492821
  • ISBN-13: 978-4797492828
  • 発売日: 2004/3/5
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 792,614位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2008年8月14日
形式: 文庫|Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2011年12月11日
形式: 文庫|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2004年12月24日
形式: 文庫
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告