中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff1650
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

生かされて。 単行本 – 2006/10/6

5つ星のうち 4.8 74件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 843 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現在全米ベストセラーが異例の速さで邦訳刊行!!
100日間で100万人のツチ族が虐殺された。
小さなトイレに身を隠し真実を伝えるために奇跡的に生かされたツチ族女性の恐
怖と感動の手記。

物語の冒頭1ページをまず読んでみて下さい。
つらくて、涙があふれ、それでも明日を生きる力が湧いてくる。

想像を絶する恐怖と苦悩と悲しみを乗り越えたこの若き女性の物語は、読む人
を深い共感と感動の渦に巻き込み、気づきと勇気を与えずにはいない実話であ
る。
著者イマキュレー・イリバギザは、「永遠の春」と呼ばれた彼女の愛する国で、
愛情あふれる家族に囲まれて育った。しかし、1994年、ルワンダで起こった大量
虐殺で、彼女の家族も惨殺されてしまう。隣人や友人だったフツ族が襲いかか
り、100日間で100万人のツチ族が虐殺されたのだ。大鉈やナイフを持った殺戮者
が「皆殺し」を叫び、生き残りを探す中、牧師の家の狭いトイレに7人の女性と
身を隠し、奇跡的に生き延びた著者。どこからも助けは来ない。迫り来る恐怖と
空腹に負けず、彼女は父の教え、祈りの力に気づき、神様と対話しながら希望の
光を灯し続けた。救助後にも襲ってくる試練を克服し、虐殺者をも許す境地に達
する......。
『夜と霧』『アンネの日記』を髣髴させる、心を揺さぶる感動の書。全米ベスト
セラー。

内容(「BOOK」データベースより)

1994年、ルワンダ。隣人が、友人が、殺戮者と化し大鉈・ナイフを手に、「皆殺し」を叫ぶ!小さなトイレに身を隠し神との対話だけを力に、奇跡的に生き抜いたツチ族女性の世界を震撼させる恐怖と感動の手記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 372ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2006/10/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569656552
  • ISBN-13: 978-4569656557
  • 発売日: 2006/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 233,105位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
勇気と知恵ある一人の人間の記録。

人間が、生かされていること、そして人生には意味があるのだ、と思い知らされる本。

親友が見捨て、隣人が殺戮鬼となる中、いつも希望を持つことに全力を傾けた彼女。

フツ族の牧師のクローゼットほどのトイレに、7人の女性とともに彼女を追う声を

聞きながら3ヶ月。

父のロザリオを片手に、英語を学び、未来を信じ、恐怖と戦い、祈りの中に平安を見いだす。

フランス軍キャンプに着き、初めて知る家族たちの死の様子。

彼らの冥福を祈りながら、通訳を務め、更に解放軍キャンプへ。

直面した殺人者に必死に愛のメッセージを送って凶器を下ろさせ、彼らの為に祈り、

奇跡的に命をつなぎとめていく。

「偶然」はない。それは、説明のつかない「必然」である。

殺戮者を許し、愛するために祈るひと。

こんなことが、我々にはできるだろうか。

これは1994年に起こった実録である。

権威のあるところから聞いた話を鵜呑みにし、ラジオの喧伝放送に踊らされる民衆の姿は、

この時代に
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分がこんな状況に置かれたらどうするだろう?
読みながらずっと考えていました。
貫き通したい信念も信仰心も持っていない私には、著者のように強く生きられる自信はとてもありません。
死と絶望の淵で神へ祈り続ける生き様は、「弱者へ救いを与える」という宗教の本質を見せてくれました。尊敬の念を抱かずにはいられません。
そして、彼女と他のツチ族を匿った神父さんにも深い尊敬の感情が沸きました。
彼は最初に著者の弟までは面倒を見切れないと、次の日に教会から出してしまいます。弟はやはり、殺されて遺体すら見つかりませんでした。
そして狭いトイレの中の女性たちよりも保身を考えたり、政府の広報を信じて著者や家族へ呪いの言葉を吐いたり、国連軍へ自分の功績を語ることを期待していたりもしています。
物語に出てくるような慈悲深い完璧な神父ではありません。けれど、描写の合間に見える人間的な部分に共感を抱きました。
彼は聖人ではなくても、善人として最大限のことをしたと思います。
血の繋がりすらない女性を8人も、それも見つかれば同じように虐殺される爆弾のような存在を、自室の寝室へたった一人で隠すのはどれほどの決意がいることか。
著者の親友だったフツ族の子のように、あんな女なんてどうなっても構わないと切り捨てる方がずっと簡
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2006/10/13
形式: 単行本
隣人に命を狙われる。

大虐殺は単に、歴史の流れで起こったものではないということを感じた。

誰の心の中にも狂気は潜んでいるということを感じたし、

祈りの中、自分の心を守り、この惨事を狭いトイレの中

8人の女性と共に生き抜いたイマキュレーは

間違いなく「生かされた」のだと思う。

一人でも多くの人がこの本を読めばいいと思う。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ルワンダ」「難民」といった言葉はなんとなく耳にしたことがあっても大量虐殺についてはあまり報道されていなかったのか、記憶にないというのが正直なところでした。

「生かされて」というタイトルに惹かれ読みはじめました。

なぜ「生きる」「生き残った」ではなく「生かされて」なのか・・・この本を読み進めていくとその理由がわかります。

昨日まで隣人だった友人が、ある日殺人者になって襲い掛かってくる。

民族の違い、貧富の差で差別を行ない、政府思想の元で何の疑いもなく殺人を行います。

人間の弱さ、愚かさ、悲しさが浮き彫りになる中で、筆者の人間としてのすばらしさを感じられる本でした。

物に不自由しないこの日本の中では、どんどん心の豊かさが失われていっています。

自分がこの世の中に「生」を受けて「生」を全うするまで、心を豊かに過ごして生きたいと感じた本でした。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー