中古品
¥3,750
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 小口に多少の汚れ。【商品説明】この商品はコンディション3(良い)の商品です。状態は良好ですが、万が一不備があった場合は、迅速にご返金させて頂きます。※全品クリーニングの後、防水梱包にて、ご発送させて頂きます。Amazon専用商品。b3938
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


甘夏に恋して (日本語) 単行本 – 1993/1/1

5つ星のうち4.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,750
¥3,750
お届け日: 8月8日 - 10日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

東京駅のホームを、五月の風が吹き抜けていた。列車から降りた鶴田源志は、両手に下げた荷物を降ろした。風の香りを嗅ぐようにフーッと一つ息を吸い込んだ。大きく背伸びをすると、ゴキゴキッと二つ三つ背骨がなった。昭和6年5月12日、午前10時ちょうど。源志は、熊本駅から「急行6列車」に乗り、いま東京駅に着いたところである。29時間半の長旅を物語るように、額と鼻の下にススがこすりついている。「よーし、頑張るばい」熊本弁を発し、気合いをいれた。持ちあげた風呂敷には、自分がつくった「日向夏ミカン」が詰まっていた。

内容(「MARC」データベースより)

初めて上京した熊本の農業青年は、高級果物店「千疋屋」の社長に甘い夏ミカンがこれから売れるはずだと言われる。努力を重ねて見つけ出した甘い夏ミカンを売り出し、一大ブランドにおしあげた鶴田源志の半生を描く。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2003年11月29日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告