Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 97の割引 (15%)

(税込)
ポイント : 54pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[雨隠ギド]の甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 83件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 甘々と稲妻(アフタヌーンコミックス)の8の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!! 月刊「good!アフタヌーン」誌上で連載開始当初から話題沸騰! 愛娘&女子高生と囲む、両手に花の食卓ドラマ、開幕です!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 41780 KB
  • 紙の本の長さ: 1 ページ
  • 出版社: 講談社 (2013/9/6)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00ESD51K4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 83件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
味覚音痴の高校教師・公平は愛する娘・つむぎのために、
刃物を握れない小料理屋の娘・小鳥は母親との絆のために、
それぞれ足りないものを補いながら、慣れない料理に奮闘する。
「甘々と稲妻」はそんなささやかなドラママンガだ。

同じジャンルに位置するだろう「きのう何食べた?」や「花のズボラ飯」と比べると、
一話内での料理に割かれるコマ数・ページ数は多く感じる。
それは、上記マンガが ”ひとり” で料理をすることがほとんどなのに対して、
この「甘々と稲妻」では料理をすること自体がコミュニケーションの一巻として
描かれているからだと思う。

不器用な二人が、大事な人のために必死に料理するさまは、
料理は ”愛情” だなぁとしみじみ感じさせてくれるのに十分だし、
その努力に対して、毎回つむぎは「頑張ってよかった」と思わせてくれるほど
「美味しい」を全身で表現してくれる。

読み終わったあと、単純に「お腹が空いた」で終わるのではなく、
「ああ、おいしいご飯を、誰かと一緒に食べたいな」、
そう思わせてくれるマンガだ。

食事前に読むことを、ぜひともオススメする。
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「孤独のグルメ」のドラマ版が流行ったあたりからか、妙に「食べる」漫画が増えたと思う。
おっさんが店の食事にうんちく言ったり、はたまた若い女の子が食べ物食べてアヘ顔したり。
なんかもうそういうのがワンパターンになって食傷気味になってたときにこれ。
基本的に料理についてもそんなに本格的に説明があるわけでもなく、食事のシーンもあっさりで、料理することや食べることに重きを置いている作品ではない。
基本的には半年前に奥さん(母親)を亡くした父子の関係と、父を慕う女子高生との関係を描いた作品。
いわゆる「グルメ漫画」としては孤独のグルメの一巻目を除けば、ようするにここ10年くらいでは最高の出来。
「おいしい」とは相手を想って作ること、誰かと共に食べることだと教えてくれる。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
BL系で少しお見かけした時から気になっていた作家さんだったのですが
書店ですごく推されていたので背中を押されるようにして購入!

お父さん×娘モノのほのぼのストーリーが好きな方にはどんぴしゃだと思います!
ただほのぼのするだけでなく、シーンの随所でうるっと来てあったかいきもちになります。
決して「泣かせよう!」としてくるような押しつけがましい感動ではなくて、
お父さんやつむぎのふとした台詞で自然と涙腺が緩みます。
つむぎの言葉や仕草にすごくなまっぽいこどもらしさがあって、(「たべるとこみてて!」などなど…)
くすっとさせられるだけでなく、おとさんと一緒にハッとさせられる事も。

どろどろとした人間関係のトラブル、激しい恋愛模様などで波乱を起こしてストーリーを作るのではなく、
あくまで日常での些細な誤解やすれ違いを、お料理づくりを通してたいせつにほどいてゆく作風がすごく素敵で、とてもとても大好きになりました。

先生がきちんと教師と生徒の関係で一線を引こうとしているのにも現実味があって好感が持てます。

小鳥ちゃんとおかあさんとの関係も、良好だからこそさみしいといった描写や、
つむぎと同じ幼稚園の男の子の親も物分かりの良いおか
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
心が温まる思わず笑みが溢れるような物語です。

所詮どこにでもある料理漫画なんだろ? とあまり期待せずに読み始めましたが、
主人公の先生(父親)がなんとか娘を喜ばせたいと一心不乱に料理に打ち込む姿や、
娘が美味しいものを食べて笑みを浮かべる表情など、読んでいて癒されます。

よくこの手の漫画にある愛情のもつれや家族関係の冷めた鬱展開がほぼ無く、
みんな明るく日々を過ごしているところもいいですね。

なんとなく購入してみたのですがかなり当たりの漫画でした。
2巻以降も楽しみたいと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover