通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

環境家族 単行本(ソフトカバー) – 2010/9/24

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2010/9/24
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 20
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戸建てもマンションも、日本は断熱後進国。「高断熱高気密」+「自然エネルギー利用」住宅で、快適エコライフをこれでけ楽しめる!

内容(「BOOK」データベースより)

戸建てもマンションも、日本は断熱後進国。「高断熱高気密」+「自然エネルギー利用」住宅で、快適エコライフをこれだけ楽しめる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 188ページ
  • 出版社: 同時代社 (2010/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4886836828
  • ISBN-13: 978-4886836823
  • 発売日: 2010/9/24
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,877,117位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
  
 札幌の郊外にある私の自宅は、マッチ箱を重ねたような注文住宅だ。当書でも触れられているプレハブ住宅を“売り”にしたハウスメーカーが竣工した。このメーカーは、その後、和歌山の下駄屋の兄弟に実質乗っ取られたみたいだが、「そのハウスメーカーの創業者社長は、さすがに住宅のことがわかって」いたらしく、「現役の社長のころ、自宅を日本の伝統技術である木造在来工法で、すばらしい数寄屋造りの住まいとして建てた」(pp.63‾64)そうである(笑)。因みに、本著によれば、「ハウスメーカーとは、世界の中で戦後の日本だけに存在する奇形の産業」(p.62)であり、事実、自動車などとは違って、“欧米のハウスメーカー”といった言葉は聞かない。

 すなわち、「建築」とは「基本的に地場産業」(p.62)であり、「農業のようなもの」(p.48)である、ということだ。就中、著者の「建築は農業のようなものだ」というフレーズは、大変重たい意味を持っている、と思う。つまり、建築も農業も、その土地や気候に合ったものにしなければならない、ということだ。確かに、北海道でパイナップルを、沖縄でジャガイモを作る人を見掛けないのと同様、全国同一の規格による建築も、本来あり得ないだろう。とりわけ、「日本でも家を作るなら、建てる場所の十里四方以内で採れた木材を使え、という言い伝え」(p.54)は、まさに
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本は、建物に実際に住む人の目線で書かれています。
しまも、著者は一級建築士で、住まいを建てる側の人です。
この本を読んで、本当に良い建物というのは、住む人と、建てる人
の相互理解の上に建てられのだと知らされました。
これから住居を建てられる人には必見の内容だと思います。
ぜひ一読を薦めます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日本の住宅事情は消費者の経済的理由もありますが供給側の勉強不足とお役所の制度の貧困さで、まだまだ遅れているということがよくわかります。一般の私たち庶民が安心して品質の高い家に住めるように次の世代に期待するしかないのでしょうか。消費者も行政側も一体となって業者を取り込んで向上する方法を知りたいと思いました。ぜひ次の作品を読んでみたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告