無料配送: 7月28日 水曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
6 時間 49 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り9点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon
販売元 グローバルクリーン
出荷元
Amazon
環境ホルモンの元凶は除草剤だった がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥350 ): 7月28日 - 29日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


環境ホルモンの元凶は除草剤だった 単行本 – 1998/9/1

5つ星のうち4.5 2個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥1,650
¥1,650 ¥197

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

母乳汚染・精子減少・子宮内膜症・生殖異変・少子化の元凶…。ガン・難病の根本原因は猛毒除草剤だった。波動測定で判明。

内容(「MARC」データベースより)

最近環境ホルモン、ダイオキシンの報道量は増加と加速の一方だが、何を信じどう対処するべきなのか。波動測定で判明した除草剤のダイオキシンの恐ろしさを訴え、身を守るためのライフスタイル革命を説く。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文芸社 (1998/9/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 1998/9/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 286ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 488737156X
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4887371569
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
2 件のグローバル評価
星5つ
52%
星4つ
48%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年9月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年9月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告