通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ブックセンターオンラインが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎 単行本 – 2017/10/5

5つ星のうち4.0 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥1,400
¥1,308 ¥44
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎
  • +
  • 琥珀の夢 下 小説 鳥井信治郎
  • +
  • やってみなはれ みとくんなはれ (新潮文庫)
総額: ¥3,765
ポイントの合計: 24pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

洋酒文化を日本に

11月の第3木曜日はボージョレ・ヌーヴォの解禁日。バブルのころはカウントダウンや成田空港まで出かけて乾杯する人がいた。今となっては恥ずかしい思い出だ。

ワインもウイスキーも、現代の日本人にとって欠かせない飲み物となった。しかし、ここに至る道は、けっして平坦ではなかった。

伊集院静の『琥珀の夢』は、サントリーの創業者、鳥井信治郎の生涯を描いた長編小説である。彼の人生は洋酒文化を日本に定着させることに捧げられた。鳥井がいなければ、ボージョレ・ヌーヴォも定着しなかったに違いない。

口癖「やってみなはれ」に象徴される鳥井の人柄や人生も面白いが、それ以上に興味深いのは近代日本人の急激な変化である。

鳥井が明治40年に発売した赤玉ポートワインは、本物のワインではなかった。砂糖や薬草を入れた甘味果実酒だった。だがそれは、本物を知らない日本人を騙すためのものではなかった。つい最近まで日本酒しか知らなかった人びとに受け入れられるための創意工夫だった。

鳥井が本格的ウイスキーの生産を目ざし、大阪と京都の境にある山崎に蒸溜所を建てたのは大正13年のこと。現代のぼくらは「ふーん」と思うだけだが、ウイスキーは樽の中で5年も10年も熟成させなければならない。言い換えれば、5年も10年もお金にならない。何という蛮勇。しかし当初は売れなかった。

売るために広告宣伝の力をフルに活用し、軍部にも食い込んだ。昨日まで「鬼畜米英」と叫んでいたのに、戦争に負けるとすぐ進駐軍に取り入る臆面のなさ。鳥井信治郎は典型的日本人である。

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

松下幸之助が商いの師として敬愛した男。
サントリー創業者・鳥井信治郎の戦い

<大阪船場、丁稚奉公編>
明治12年1月30日夜明け。大阪船場、薬問屋が並ぶ道修町に近い釣鐘町で一人の男児が産声を上げた。両替商、鳥井忠兵衛の次男信治郎、後に日本初の国産ウイスキーを作り、今や日本を代表する企業サントリーの創業者の誕生であった。次男坊の宿命で信治郎は13歳で薬種問屋小西儀助商店に丁稚奉公に入る。小西商店では薬以外にウイスキーも輸入して扱っていたが、儀助は国産の葡萄酒造りを考えていた。しかし当時の葡萄酒はアルコールに香料など様々なものを混ぜ合わせた合成酒。信治郎は夜毎、儀助と葡萄酒造りに励んだ――。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087711234
  • ISBN-13: 978-4087711233
  • 発売日: 2017/10/5
  • 梱包サイズ: 19.4 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,005位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 20

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

20件のカスタマーレビュー

2018年8月21日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月24日
形式: 単行本Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月18日
形式: Kindle版Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月1日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月16日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月1日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月24日
形式: 単行本Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月21日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告