中古品
¥ 2,399
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 1993年初版第4刷、当時の定価2800円。カバーに少し擦れ・ヤケ、天地に経年程度のヤケ・ヨゴレ、本文僅かに鉛筆線引き箇所有り。その他は特に問題ありません。表面消毒済み。本の状態がお気に召さない場合は返品可。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

理解の秘密―マジカル・インストラクション (BOOKS IN・FORM Special) 単行本 – 1993/4

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,630

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

配慮のない情報のやりとりによってこの世は誤解と失意に満ちている。誰もがこの現実をうれいつつ、解決に向かう方策を知らないままでいる。本書はコミュニケーション・ロスを解消し、相互理解をはかるために、インストラクションの働きとその活用法を教えるはじめての指南書である。


登録情報

  • 単行本: 321ページ
  • 出版社: NTT出版 (1993/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4871882179
  • ISBN-13: 978-4871882170
  • 発売日: 1993/04
  • 商品パッケージの寸法: 23.8 x 16 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 290,214位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
コミュニケーションにおいて、もっとも基本となるものが「インストラクション」である。似た言葉に「インストラクショナル・デザイン」というものがあるが、本書で述べているインストラクションは、教育研修の方法論や教材設計技法にとどまらない。もちろん応用は可能である。

「インストラクションは命令や指示ではなく説明である。そして、そのためにもっとも重要なことは、できるかぎり理解させるように説明を行うことである。そこにはコツがある。」これが本書が伝えようとしているキーメッセージだと思う。

すべてのインストラクションは「使命」「最終目的」「手順」「時間」「予測」「失敗」という6つのの要素から構成される。それぞれの要素を道案内の隠喩を交えながら詳しく解説している第8章「理解へ向かう道がある」が白眉だと思った。これらは、受け手がより正しく理解できるように送り手が考慮すべき要素であるという。とりわけ、後ろの3つは奥義ともいえるものではないだろうか。

たとえば、「およそ35分かかります」のように所要時間や予定時間のめやすを伝えることや、「相手を電話で呼び出してくれ」という指示をする際に、相手が電話に出たがらないだろうという予測もあわせて付け加えること。さらに、「2つ目のガソリンスタンドを過ぎたら行き過ぎである」のように失敗に対する警告信号を入れておくことだという。ここまで用意周到に伝える努力をすれば、コミュニケーションの確度は劇的に向上するものと思われる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 背景や、個別の事情が鑑みられずに一方的に「指示する」、「指示される」
場面が非常に増えていると感じられる中でこの本は非常に重要な示唆を与えて
くれた。
 「インストラクション」とは「指示」でなくて「説明」という語感に近いと
いうことに気づかせてくれただけでも本書の価値はあった。そして、そういう
インストラクションとはなにか?ということを詳しく、深く、くどく説明して
いる。

 読み手としては、自分が必要と思う部分だけを取り入れればよいと思う。
抽象的である分、実践的ではない反面、応用が利くと思う。

 この大作の結論は「コミュニケーションとは「相手」を今以上に理解しよう
とすることである」ということなのではないかと思った。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本はいわゆるハウツゥ本とは違いインストラクションとは何かについて、その本質的な課題について論じており非常に興味深い。色々な例を示し、その中で何故インストラクションが相手に伝わらないかを様々な角度から論じている。
ただ、具体的なコミュニケーション技法について書かれているわけではないので、これらの課題に対してどのように対処するかは各人が創造的に対処方法を考えるべきなのだろう。
一般的なコミュニケーション技法の本に比べると具体的な例が少なく若干抽象的な受ける。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
コミュニケーションの大半はインストラクションである。

インストラクションを使いこなすことが、コミュニケーションを円滑に進める秘訣であるということ。

要約すれば、こういうことなのだが、コミュニケーション論としてまとめあげられた本書は、関連する具体的な例をふんだんに挙げ理解を促すよう書かれているようなのだが、残念ながら読みにくい。

原著が欧米の書でよくあるパターンだが、文脈の途中にコラムのような例が挟まる形式はどうも馴染まなかった。端的に言ってくどい。

しかし、書いてある内容は非常に興味深い。
日常生活でも、仕事上でも、確かに単なるコミュニケーションではなく、何かをやってもらうための情報伝達を行っている頻度は非常に高い。

情報を発信する側と受信する側、それぞれが意識してインストラクションを使えるのが理想と述べられているが、今の日本の現実に照らし合わせると情報の受け手側の意識が受動的になる状態が想像できる。

コーチングが受け手に能動的な対応を促す働きかけであるとすれば、インストラクションは受け手が受動的でも効果が上げられるという、より指導者と被指導者間の格差が広い状態に対応する情報伝達手法ではないのか。

今後、このような手法の必要性が声高に叫ばれるとしたら、深い溝に隔たれた深刻な階層ができあがったことを示すのかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック