中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。若干、小口に日焼けがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

理系思考 エンジニアだからできること 単行本 – 2005/9/23

5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

メカトロニクス系、システム系、バイオ系……。活躍の場は違えど、この「技術大国ニッポン」を支えているのはいつだってエンジニアたちだ。<BR>だがこのところ、そのエンジニアに元気がない。「エンジニアは話が通じない」「いつ利益を生むかわからない“ムダ金食い”」などと陰口をたたかれることもしばしばだ。もしかしたら当のエンジニアも、学生時代から同じ研究分野を突き進む我が身を顧みて、「オレってつぶしがきかないよなぁ」などとため息をついているかもしれない。<BR>しかし、そんな心配は無用だ。なぜなら、いまの時代もっともつぶしがきいて自由度が高いのは、「理系思考」という最強の能力を持つエンジニアたちだからだ。<BR>本書は、30代半ばでエンジニアを“卒業”してコンサルタントに転身した著者が、悩める理系人間たちに向けてつづったキャリア・アドバイス。論理的に物事を考え、因果関係を理路整然と分析できるその能力を、どうすれば自分のキャリアに活かすことができるのか。ある日突然プロジェクトリーダーになってしまったとき、どうやってメンバーを導いていけばよいのか。次代を担う理系人間たちの“おもしろがり精神”をくすぐる考え方やアドバイスが満載!

出版社からのコメント

メカトロニクス系、システム系、バイオ系……。活躍の場は違えど、この「技術大国ニッポン」を支えているのはいつだってエンジニアたちだ。
だがこのところ、そのエンジニアに元気がない。「エンジニアは話が通じない」「いつ利益を生むかわからない“ムダ金食い”」などと陰口をたたかれることもしばしばだ。もしかしたら当のエンジニアも、学生時代から同じ研究分野を突き進む我が身を顧みて、「オレってつぶしがきかないよなぁ」などとため息をついているかもしれない。
しかし、そんな心配は無用だ。なぜなら、いまの時代もっともつぶしがきいて自由度が高いのは、「理系思考」という最強の能力を持つエンジニアたちだからだ。
本書は、30代半ばでエンジニアを“卒業”してコンサルタントに転身した著者が、悩める理系人間たちに向けてつづったキャリア・アドバイス。論理的に物事を考え、因果関係を理路整然と分析できるその能力を、どうすれば自分のキャリアに活かすことができるのか。ある日突然プロジェクトリーダーになってしまったとき、どうやってメンバーを導いていけばよいのか。次代を担う理系人間たちの“おもしろがり精神”をくすぐる考え方やアドバイスが満載!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: ランダムハウス講談社 (2005/9/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270000937
  • ISBN-13: 978-4270000939
  • 発売日: 2005/9/23
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 719,121位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本のエンジニアの実情や問題点、それに対するアドバイスが書かれています。著者は東北大学工学部応用物理学科を卒業し、カリフォルニア大学電子工学科で博士号をとり日本に帰って東芝に就職しました。そこで日本のエンジニアに対する実情を目の当たりにし、おもいきって転職していくことになります。本来あらゆるものを創造し、実際それで世の中が豊かになり、これからの発展のためにもエンジニアなど理系の人はとても重要な存在であるにも関わらず、言わば一つの駒としか扱われてない日本のエンジニアの実情は世界から見てかなりおかしいと思います(青色発光ダイオードの問題で注目され始めたけれども)。著者は文系側の人たちだけに責任があるだけでなく、理系の側の人間にも問題があると指摘しています。エンジニア、理系の人間としてこれから生き残るために読むべき本だと思います。

エンジニアの方を主な対象にしていますが、理系に進む高校生、文系理系の選択をしている最中の高校生も読むべき本だと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 書名の印象は「理系思考」そのものが主題のように見えるが、理系人間への「キャリア指南」だと帯にある。エンジニアの仕事の見方、リーダーになったとき、エンジニアを卒業するとき、などのアドバイスが書かれている本。
 著者ご自身が電機メーカーから米系コンサルティングファームへ転身したキャリヤの持ち主だけに、素材は実務的でインフォーマティブである。少なくとも自分たちの上司・先輩からは聞けないような話題が盛りだくさんだ。
 序章で「人間は自分に合った競争原理に身をおくべきだ」と、リスク回避に走りがちな理系人間にカツをいれ、続く各章で、トップやコンサルたちの戦略思考法を引いて、エンジニア自身のためのキャリアプランの手ほどきをしている。
 近頃めずらしく再読させる本に出会った。中韓の追い上げに立ち向かうエンジニア、できればエンジニアの卵たちにも、ご一読をお奨めする。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/25
形式: 単行本
~私も理系の学校を出ててっきり技術者になるものと思っていました。
大学卒業後はオペレーターとして仕事をしてましたが、このままじゃ一生、言われたことをやるだけの仕事しかできないよなーと悩んで転職しました。
父親(元技術者)がリストラにあった後の姿を見て、自分も将来こうなるのかなと心配になったりもしました。
今は営業職についています。
~~転職してまだ間もないのですが、理系思考は営業で生きてくような気がします。
対人間で、こういうことしたらこういう反応が返ってくるのかっていうのが体験できたり、今度はそれを企画にして、多くの人に試してみようって考えたりとか。
プラン・ドゥー・チェックは理系の人間が得意とするものではないでしょうか。
最近よく言われる経営者的視点の考え~~方から、技術者はどうあるべきかということも書かれてます。
日本の技術者や技術者以外の人達がみんなこんな考えを持ってたらいいなーと思いました。~
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
他のレビュワー方も書いてますが、理系思考の解説ではなく
理系思考を活かしたキャリアアドバイスの本です。

理系人がビジネスの現場で何故軽んじられるのか。

この難題と格闘し考え続けて早10数年。
結論らしきものは見えて来たような気がするが、解決策は
見えて来ない。

「科学技術立国」を謳っているはずの日本が、実は科学的
思考が習慣づいていない事実は様々な社会現象を見れば
どうやら明らかだと思います。子供の理数離れと学力低下、
米国発不況への株式市場の過剰反応、偽装建築の問題など。

理系人間が軽く扱われる原因は、科学的思考自体を忌み嫌う
この国の上流階層(・・という言葉を使うのはためらうが)の
意識にあるのなあ、という漠とした感触はあります。
変わって行くには子の世代まで時代が進むくらいの時間が
必要かもしれませんね。

それまでを生き抜かなければならない現有世代の我々は、
著者のように、個々人、各々に見合った解決策を工夫して、
何とか組織から使い潰しにされないようサバイバルする
しかなさそうです。コンサルタントへの転身に成功した
著者は一つの「
...続きを読む ›
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー