通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
理科系の作文技術 (中公新書 (624)) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 take書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙多少スレ、傷等ありますが、中身綺麗です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

理科系の作文技術 (中公新書 (624)) 新書 – 1981/9/22

5つ星のうち 4.3 114件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 104

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 理科系の作文技術 (中公新書 (624))
  • +
  • 【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)
総額: ¥1,404
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

調査報告、出張報告、技術報告、研究計画の申請書など、好むと好まざるとにかかわらず、書かなければならない書類は多い。

このような書類を書く際にまず考えるべきことは、それを読むのは誰で、その文章から何を知りたいと思っているかである。それに応じて自分は何について書くか主題を決め、最終的にこういう主張をする、という目標を定めて書き始める。

著者はまず、この目標を1つの文にまとめた目標規定文を書くことを勧める。そうすることで明確な目標意識を持つことができ、主張の一貫した文章を書くことができるというわけである。そしてその目標をにらみながら材料をメモし、序論、本論、結論といった原則に従って記述の順序や文章の組み立てを考え、すっきりと筋の通った形にしていく。本書では本論の叙述の順序、論理展開の順序、パラグラフの立て方から文の構造までを解説し、日本人に特有の明言を避ける傾向と対策、事実と意見の書き分けについても触れている。

実際に著者が書いたメモや論文の一部など具体例がふんだんに盛り込まれており、わかりやすい。いかに簡潔な表現で筋の通った主張をし、読む人を納得させることができるか。理科系ならずとも、論理的に思考し文章化することは、常に求められる能力である。本書ではそれに必要な技術、フォーマット一般が整理されており、参考になる。多少語調が古い感じもするが、それも再版を重ね、多くの人に読まれている証であろう。(宮崎 郁)


登録情報

  • 新書: 244ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (1981/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121006240
  • ISBN-13: 978-4121006240
  • 発売日: 1981/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 114件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,070位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
なかなか見事な一冊です。古い本ですが、私が知る限り、理系向けの作文入門としては、日本でこれを超える本はちょっと無いと思います。一度改訂されているようですが、結局あまりいじらなかったそうです。

私は洋書のパラグラフ・ライティングの本を何冊か読んでいます。特にアメリカでは、作文の技術を小さい頃から授業で教えており、日本人の想像を絶する量の多種多様なパラグラフ・ライティングの本が出版され続けています。この本の著者は、明らかにそれらの本を何冊か読んで自分のものにしています。

例えば、パラグラフやトピックセンテンスなどの説明は、標準的なパラグラフライティングの本そのままです。日本語での起承転結の良さは素直に認めつつも、なぜそうすることが必要なのかということを隋所できちんと説明した上で、基本的に欧米流に沿った作文技法の説明が行われています。テーマの絞り方なども同様です。ただし、本書がそれだけの本なのであれば、多少英語が読める人は洋書をそのまま読めばいいということで終わってしまいます。

本書のもっとも優れた点は、日本語の特徴や、日本語のふくよかな表現方法を熟慮した上で、欧米流のパラグラフライティングの良いところとうまく折り合いをつけ、理系の分野においてこれを日本語で適用する場合はどのようにすればよいかということを示していることです
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
理科系の、と銘打ってはいますが是非文系の方、小説やエッセイを書きたいと思っている方には是非読んでいただきたい。
独りよがりな書き方はなくなり、シンプルな文が書けるようになるはずです。
文を書く訓練は小さいうちからはじめたいもの。
その意味で、教育にたずさわる方に熟読していただき、各地で実践していただきたいと思います。
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
仕事のために書いて他人に読んでもらう文書を作る際の

心得がまとめられています。

20年以上前に書かれたとは思えない良書です。

主題(本書では「目標規定文」と堅苦しいが)から書いて

全体を構成する方法が紹介されており、僕には新しい視点

でした。事前に頭の中が整理されていれば、キーワードを

列挙して構成しなおすより早い書き方になりそうです。

「理科系の」という観点では、事実と意見を十分に精査

することと、少々くどいと思っても論理の輪(因果関係)

を省いてはならないことが強調されています。

いずれも、特に調査レポートの報告時に意識したいと

再認識しました。

20年以上前に書かれたとは思えない良書です。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
理系だったら文章下手でも良いというのは言い訳にならず、ヘミングウェイのような名文を書く必要はなくても(これはまた別のスキル)、研究者・エンジニアとしての文章作成スキル(テクニカルライティングのスキル)というのは必要なものだと痛感させられた一冊です。

学生の頃に論文を書く際に教授に紹介されて以来、10年以上手元において時々読み返しています。

科学技術に関する文章を作成することがある人は必読だと思います。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
多くの文章読本で参考文献に上げられている本。
文章を書くための基本が詰まった、文章読本の草分け的存在である。
「理科系の」とあるが、内容は文化系にも通じるものがあり、自分の伝えたいことを相手に理解させるために必要な、さまざまなテクニックが紹介されている。
特に、「7事実と意見」は必読である。
残念なのは、例文で上げられている文章が難しいことである。おそらく、理系の科学技術論文から引用したものと思われるが、例文を読むだけで疲れてしまう。
また、基本的な概念は問題ないものの、やはり内容の古さは否めない。
初版が出版された頃はワープロもパソコンもなかったため、現在では使えないと思われることもいくつか見受けられる。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
有名な本ということで買ってみました。

筆者が主張したい意見は概ね賛同できるのですが、内容が非常に冗長です。
極論を言ってしまえば読者に本当に伝えるべきことはこの本のうちのごく一部であり、
それこそまとめる技術こそが「理科系の作文技術」なんだと思います。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック