通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
理由 (朝日文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

理由 (朝日文庫) 文庫 – 2002/8

5つ星のうち 3.7 191件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 926
¥ 926 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 理由 (朝日文庫)
  • +
  • 火車 (新潮文庫)
  • +
  • レベル7(セブン) (新潮文庫)
総額: ¥3,064
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第120回(平成10年度下半期) 直木賞受賞

内容紹介

事件はなぜ起こったか。殺されたのは「誰」で、いったい「誰」が殺人者であったのか――。東京荒川区の超高層マンションで凄惨な殺人事件が起きた。室内には中年男女と老女の惨殺体。そして、ベランダから転落した若い男。ところが、四人の死者は、そこに住んでいるはずの家族ではなかった……。ドキュメンタリー的手法で現代社会ならではの悲劇を浮き彫りにする、直木賞受賞作。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 630ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (2002/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022642955
  • ISBN-13: 978-4022642950
  • 発売日: 2002/08
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 191件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 56,840位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
読みごたえあります。一気に読まないほうが良いかもですね。途中で前に戻って確認するのもいいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
評価の低いレビューがあったので 正直 期待せず読みましたが、やはり さすが宮部みゆき作品だと思いました。
「火車」ほどのスピード感・躍動感が無いのは事実ですが、丁寧な人物描写がとても味わい深く、よく作られた交響曲を聴いている様な気持ちで楽しみながら読み進みました。
昔 一度読んだことがあり読み直しで読んだのですが、一度めは真相が早く知りたくて慌てて読んだ記憶がありますが、二度目は 余裕を持って読むことができ何倍も楽しめました。お時間あれば そういう読み方も良いのではと思います。
さすが直木賞作品と唸らせる詳細への気配りで、単なる推理小説の様に読むだけでは勿体無いかと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宮部みゆきさんのミステリーの中でも1番好きな作品です。好みが分かれるのか低評価される人もいて驚きました。展開が遅いのを 理由にされている人が多そうですが 理由は元々新聞夕刊紙に連載された作品。新聞連載が 展開の遅さに繋がっているのかな?と思いました。

私は 新聞連載時に読んで引き込まれて まず理由を真っ先に読んでいました。文庫本は発売に合わせて書店で購入しました。

高級高層マンションでの殺人事件からストーリーが始まり どんでん返しが立て続けに起こって行きます。ラストまで数え切れない程の登場人物が出て来ますが その1人1人の設定が凄く緻密で矛盾が見当たりませんでした。長い話しですが そのぶん1人1人の描写が丁寧で 登場人物が頭にすんなり入り 人物の混乱が起こりませんでした。

ストーリーの中で特に心を揺さぶられたのは マンションで殺されてしまった中年男性 砂川信夫の母と 競売に掛けられたマンションを購入した男性 直澄の祖母に起こった 出来事でした。14章 帰宅 昔の女性はなんて悲しい立場にあったのかと 驚愕しました。

そして最後まで身元が判明しなかった人物。敢えて彼の身元 生育歴や家族関係を曖昧にした事に 作者の意図があるのではないでしょうか?彼の事を あなた方1人1人が想像して下さいと。そして 全
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
かなり期待して読んだ。
なんせ、売れっ子。
でも
どのような「理由」をつけたとしてもつまらない。

1つの事件をたくさんの登場人物の視点から描いていくが
事件そのものに感情移入が出来ない。

人物の説明が長いわりには人物に共感も反感もできない。

土砂降りの雨の夜の事件にたくさんの登場人物を絡めまくったが
絡み過ぎて海藻のようにどんより。

もう火車を購入しており、これはある意味かなり楽しみである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
コンディション: 中古品 - 非常に良い - 【購入後48時間以内に弊社より発送】 って 評価だけに期待したのに裏切られて残念でした

コンディションの評価だけが 本屋とお客の接点なのに 残念です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ハードルが上がりすぎているのか、、、
「火車」と比べてしまうとやはり劣る。
ダラダラと長い印象を受けました。

面白くて気付いたら読み終わっていた!ではなく読み始めちゃったから頑張って読んだ感が強い。

好きな人は好きなのかもしれないですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
宮部作品を読むのは今回が初めてです。図書館で借りました。最初なので、一番評価が高いものをということで「火車」を読もうとしたのですが、貸出中だったため、やはり評価が高かったこの作品を読みました。かなりの部分がインタビュー形式で進むというこれまでにない構成で最初はそこそこ楽しめたのですが、似たような感じでずっと進むので、途中からだんだん飽きてきました。はやり長過ぎだと思います。後半に謎解きという構成ではないため、最後にスッキリという気持ちよさもありません。どんでん返しを期待されている方、例えば、東野圭吾がお好きな方ななどはおそらく楽しめないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1998年の国内ミステリーベストセラー、かつ、直木賞受賞作品といこともあり、読みました。一家四人の殺害事件から、一人一人、ひとつひとつ事件の状況が判明させていくのは親切に読めました。が、ミステリーとしてはイマイチでした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー