Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 497

¥ 129の割引 (21%)

ポイント : 50pt (10%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[似鳥 鶏]の理由(わけ)あって冬に出る 市立高校シリーズ (創元推理文庫)
Kindle App Ad

理由(わけ)あって冬に出る 市立高校シリーズ (創元推理文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.7 25件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 497
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

某市立高校の芸術棟にはフルートを吹く幽霊が出るらしい――。吹奏楽部は来る送別演奏会のための練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。かくなる上は幽霊など出ないことを立証するため、部長は部員の秋野麻衣とともに夜の芸術棟を見張ることを決意。しかし自分たちだけでは信憑性に欠ける、正しいことを証明するには第三者の立ち合いが必要だ。……かくして第三者として白羽の矢を立てられた葉山君は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた! にわか高校生探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは? 第16回鮎川哲也賞に佳作入選したコミカルなミステリ。

内容(「BOOK」データベースより)

芸術棟に、フルートを吹く幽霊が出るらしい―吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。幽霊を否定する必要に迫られた部長に協力を求められ、葉山君は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた!にわか高校生探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは?コミカル学園ミステリ。第16回鮎川哲也賞佳作入選、期待の新鋭のデビュー作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3953 KB
  • 紙の本の長さ: 252 ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2007/10/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B008CAG0H2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 11,581位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ライトでコミカルな学園ミステリーでシリーズの第一作です。
縁あってこの作品を手にしましたが、意外に面白かったです。
決して深いミステリー作品ではありませんが、
気軽に爽快に緩く読むことができます。
シリーズ作品がたくさん出ているという事で、
そちらにも手を伸ばしたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
シリーズ第5作にも登場する「壁男」の初出。
登場人物たちが、各々の持ち味を充分に発揮していない気がする
(シリーズ第5作から読み始めたので、そう感じるのだろう、が、
 この読み方は、いろいろな面で奨められなくもない)が、
のちに繋がる伏線が、いくつも転がっていて、やはり必読の第一作。

本書だけで、駄目とするのは簡単だが、第5作を読むと、一冊だけで
著者と本シリーズを読まなくなるのは、もったいないように、感じる。
一作目とは、まだ、こなれていなくても、やむを得ないものとして、
長い目で見ていたファンの、先見性に、ちょっと敬意を表したい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 momonga 投稿日 2017/5/14
形式: Kindle版
真面目で人情のある高校生と、冷静で頭脳明晰な先輩が
解き進める内容も面白かった。文章が読み進めづらい箇所もあったけど純粋な高校生が起こすミステリーが良かった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
青春ミステリーに分類される日常の謎を解いていく作品になります。
私が最初にこの作品に感じた感想は「読みにくい」でした。
まずこの作者さんの作風なのか、ト書きがページいっぱいに書かれている事が多いです。
台詞で段落を分けるという事も少なくト書きの中に台詞を入れるという方法を取っています。(以降の作品でも台詞の手法は変わりません)
最初ページを開いた時隙間なく文字がびっしりと目に映る度にそれだけで疲れてしまい、読む気が失せてしまいました。
キャラクターもそこまで濃い人物が少なく、他の青春ミステリーに比べると地味かなーというか軽い印象。
物凄い印象に残るキャラクターはあまりおらず、苗字も良くいるような苗字なので、このキャラクターはこっちだっけ?
あっちの部活の子だっけ?と結構ページを戻す事が多かったです。
謎解きも、特にこの一作目は解りづらく、状況が想像しにくかったです。
最初に書いた通り文字がびっしりとぺージいっぱいに書かれていて、作者さんの考えなのか伝えたい事を全部書いているのか、
逆にわかりづらくなってるなあって思いました。
削れると思った箇所は沢山ありますし、読みやすいように改行してもいいんじゃ…?と思う箇所も沢山ありました。

でもそれはこの第一作目
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
前半はもう一つ話に溶け込めず読むペースもいまいちでしたが半分すぎてキャライメージが固まってからは面白くなりました。
デビュー作なので星は3つですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
鮎川哲也賞佳作入選の新人作家の長編ミステリーですが文庫で手頃なので買いました。市立高校の文化系部活が活動する芸術棟が舞台ですがそこに何回か幽霊が出没するといううわさが立ち主人公の美術部
の少年と他の高校生が探偵するというストーリー。一件無関係に見えるプロローグと幽霊騒動が最後にはきれいに結びつきトリックもそれなりに良かったと思います。本格重厚物が好きな人には物足りない
かもしれませんが登場人物が生き生きしており会話も楽しく長編の割に比較的読みやすいと思います。最後のエピローグはちょっと怖かったかな・・・昔は本格どろどろが好きだったのですが年取って連作ミステリーばかり読んでいるので久々の楽しい長編ミステリーでした。似鳥鶏の次回作が楽しみです。
ミステリー初心者や中学高校生くらいにおすすめです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最近、書店にて本シリーズ4冊目「まもなく電車が出現します」が
平積みされているのをみかけ、興味を持ち手にしました
どうやら、「まもなく電車は〜」シリーズ4冊目ぽかったので、
シリーズ1冊目の本著「理由あって冬にでる」から読むことにしました

本著は第16回鮎川哲也賞佳作入選であり、著者のデビュー作

いかにも創元推理文庫らしい、日常の謎系学園ミステリ
北村薫氏や加納朋子氏の作品と比べるとキャラが立っており、今風になっている

タイトルには肝心の主語が抜けていますが、出るのは幽霊か!?
その謎を巡り、文科系クラブの面々が活躍する

ネタの密度は比較的濃いが、あまりトリッキーなものではないので読みやすかった

現時点でシリーズは4冊まで刊行されている
後3冊、続けて読めると思うと嬉しくなってくる
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover