通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
理学療法評価学I (15レクチャーシリーズ 理学療... がカートに入りました
+ ¥370 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【出荷作業日数・到着予定日をご確認ください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。Amazonからの通知のみとさせていただきます。2020/06/06 10:50:43
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

理学療法評価学I (15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト) (日本語) 単行本 – 2013/10/9


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/10/9
¥2,640
¥2,640 ¥651
お届け日: 7月16日 - 19日 詳細を見る
最も早いお届け日: 7月17日 金曜日
21 時間 7 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 理学療法評価学I (15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト)
  • +
  • 理学療法評価学II (15レクチャーシリーズ 理学療法テキスト)
総額: ¥5,280
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

◆下記書評が掲載されました◆

学生の教育教材にとどまらず,すでに臨床現場で活躍中の理学療法士にも十分に役立つ書籍

理学療法ジャーナル Vol.48 No.2(2014年2月号) 書評

書評者:奈良勲(金城大学学長)

近年,1万人以上の理学療法士が毎年誕生する時代となり,その総数は10万人を超えている.これは,明らかに高齢者人口が増加し,社会的要請が保健・医療・福祉領域を総括したサービス提供へと変遷していることによると思われる.それに伴い,理学療法士の質と量がバランスよく保たれることがますます求められる時代である.
  本書は,理学療法士が対象者の課題解決に臨む段階で,その根幹となる理学療法評価について詳細かつ具体的に記述されたものである.ここで紹介する「理学療法評価学I・II」は,それぞれ15章で構成されており,理学療法士養成施設のカリキュラムに沿って,15回または30回の講義を想定した形式でまとめられている.また,分野によっては複数の章に分けることで学習すべき最小限の項目が配分されており,偏りなく講義を進めることが可能となっている.
  本書の文章は簡潔明瞭で,豊富な写真および図表も活用されており,学習者の理解を促す工夫がなされている.
  理学療法評価学Iは,総論と,全体像の把握のための情報収集,基本的評価で構成されている.基本的評価においては,代償運動などの注意点が随所に記載されているため,正確な評価法を身に付けることができるように配慮されている.

  (中略)

  また各章の冒頭で,その章の理解に必要な予備知識を示唆することで,学習者の主体的事前学習を促し,講義が効率的に進められるよう企画されている.さらに章ごとに提示された目標と,巻末に設けられた試験によって,到達度を確認できるようになっている.
  各章末のStep up では,発展的な手法,ガイドライン,基準値などのデータ,評価の信頼性・妥当性,エビデンスヘの理解を深める内容が盛り込まれている.よって,根拠に基づく評価が実践でき,臨床場面でのさまざまな症例に対応する能力を身に付けることまで配慮されており,完成度の高い内容となっている.これは,編者および著者らが,理学療法評価学をいかに重要視していることのあらわれであると言えよう.
  上記したように本書の内容は厳選されているが,基本的事項から発展的事項まで含まれているために,章によっては情報量が過剰となり,教員が1回の講義で教授するためには要点を整理する必要があると思われる.また,保健・福祉領域(健康増進・二次的障がいの予防や地域理学療法場面など)における対象者の理学療法評価についても章を設けると,さらに充実した内容になろう.しかしながら,本書は学生の教育教材にとどまらず,すでに臨床現場で活躍中の理学療法士にも十分に役立つ書籍の1つである.

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石川/朗
神戸大学大学院保健学研究科地域保健学領域健康科学分野

森山/英樹
神戸大学大学院保健学研究科リハビリテーション科学領域運動機能障害学分野(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません