この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現役女子大生キャバ嬢が教えるちょいモテ男になる技術 単行本 – 2005/1

5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「あの人いいよね」と言われる人の共通点。女ゴコロをつかむ会話術から、服装、お金の使い方まで、完全レクチャー。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

斉田/直世
1983年千葉県生まれ。日本女子大学文学部史学科4年(東洋史専攻)。キャバ嬢「ななみ」であり、イラストレーター。19歳まではフツーの女子大生だったが、両親の離婚をきっかけに自立を決意してキャバクラ嬢に。持ち前の「明るさ」と「オタクさ」で、中野、高田馬場などの6店で、売れっ子の名をほしいままにする。大学3年からは、イラストレーターとしても雑誌、広告などで活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 247ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2005/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344007395
  • ISBN-13: 978-4344007390
  • 発売日: 2005/01
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 523,961位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自分は色々な指南書なり女性を心理学的に捕らえる本、女性の視点からの本等をよんできましたが、
本書はあくまでもキャバクラでもてるにはといった点に特化しているかと思います。
ランチェスター戦略(強い兵力をもつ側が圧倒的な勝利を治める)のように兵力の弱い人間(この本を読むようなそれほどもててない男)が兵力の強いキャバ嬢(しかも彼女を目当てにするライバルが多い)に挑む事はとてもモテルという意味では非効率的です。
キャバでは相手も営業でいい顔をします。しかし現実の世界では嫌いな男とはデートしようとも思わないし、今自分がどの程度までもてるようになってきたのかがわかりやすいです。
番号を聞けるのか、食事に付き合ってもらえるのか、相手に好かれるのか、コクって付き合えるのか、コクらないでも相手を落とせるのか。
人は成功体験から次回の成功を作り出します。
まずはもてるにはキャバに行くよりも現実の女にもてる方が先でしょう。
あなたが全然もてないなら「モテる技術」ある程度自信があるなら「かなりHな心理学」あたりの方が全然一般的な女性からもてる、落とせるようになると思います。(女性を落とせるという事は魅力的、紳士的に見える人になれるから)
ちなみにキャバを否定はしません。彼女達はとても頭がいいし嫌いな男とでも相手ができる尊敬でき
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
友人から勧められて購入しました。キャバクラには全く関心はありませんでしたが、信頼できる方の紹介でしたので読みました。
キャバ嬢と同伴するときにしくじった男性の実話は、女友だちと一気にダメになるときを彷彿とさせるもので、血の気が引きました。
私は自由業者で、商店主を知っていますが、かれらの多くが「こっちを喜ばせてくれるお客さんには、ときどき特別サービスをしている」と告白しております。
キャバ嬢は大人しく客を楽しませていれば良いという、お客さま第一主義は本書にはありませんが、だからこそあらゆるサービス業で生じる行き違いはどこに問題があるのか?に思いを馳せることができます。
この本には良いサービスを受けるための普遍的法則が書いてある!とシャッポを脱ぎました。
誰かと一緒にすごすのなら、どんな関係でも楽しくしたいと志していましたが、今ひとつだった私にとって、本書は多くの金言に溢れたワンダフルな書籍です。
話し方講座や成功セミナーに大枚叩くより、コミュニケーション能力を磨く場所として、キャバクラに通うのは有意義ではないか?と読後にそう思いました。
またキャバ嬢が普通の女の子だと分かり、なんだかほっとしたものです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、キャバ嬢を射止める指南書でした。
実際の恋愛に役にたつところがないわけではないとは思うけど。
そして、キャバ嬢自身が気持ちよく働くための「わがまま本」のような気もしました。
キャバ嬢にもてるためには、キャバ嬢にとっても気を使ってサービスをしないといけないことがよくわかりました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
男性向けに書いてありますが、女性でもキャバクラの知られざる裏の世界とあって楽しく読めました。マンガもかわいらしく気にいってます☆★これからも頑張ってください★☆そして女の人の心理のバイブルとして男性の方におすすめです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、モテるためのマニュアル本の
キャバクラにおける事例的なものです。
モテるための技術としては目新しいことは
書いてありません(『モテる技術』に書いてあること
ばかりです)。
私はキャバクラに行ったことがないので、
キャバクラの入門書的なものとして参考に
なりました。
読者を客として説明するような文体に多少
違和感がありますが、マニュアル本の事例的、
キャバクラの入門書的な本として面白いと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分はキャバクラには行ったことがありません。
この本も、自分に取りましては、人には内緒で読む感じの本でしたが、
(特に、職場では、表紙を隠して...です(^_^;
「なぁ~るほど.:*・°☆♪」と、面白く、読ませていただきました。
「現役女子大生キャバ嬢」と称されていらっしゃる著者は、本文はもちろんのこと、挿入されているイラスト、漫画、も、ご自身で、お書きになられたようです。---才能ある方ですね♪---
自分が今後キャバクラ遊びをするかしないかは、わかりませんが、キャバクラは置いておいても、
この本を読むことで、世の中の女の子たちと、楽しく、いい関係、を、築いていく上での参考になるヒントを得ることはできました.:*・°☆♪ )^o^(
こういう本を出せるのですから、
やっぱり、著者の斉田 直世さんは、才能ある方なんだと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー