Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 800

¥ 64の割引 (7%)

ポイント : 116pt (14%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小川泰平]の現場刑事の掟 (文庫ぎんが堂)
Kindle App Ad

現場刑事の掟 (文庫ぎんが堂) Kindle版

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 800
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 161

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

新聞のトップで報じられるような大事件、凶悪犯罪は年間わずかな数でしかない。それでも犯罪は毎日のように起きており、刑事たちは走り回っている。地道な聞き込み捜査、息をのむ逮捕の瞬間、戦場のような取調室。30年間、現場の最前線であらゆる犯罪捜査に携わってきた著者が語る事件現場のエピソード。そして7日間連続検挙を成し遂げた「小川学校」の捜査テクニックを公開。警察組織と刑事の真の姿が浮かび上がるリアル警察ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

新聞のトップで報じられるような大事件、凶悪犯罪は年間わずかな数でしかない。それでも犯罪は毎日のように起きており、刑事たちは走り回っている。地道な聞き込み捜査、息をのむ逮捕の瞬間、戦場のような取調室。30年間、現場の最前線であらゆる犯罪捜査に携わってきた著者が語る事件現場のエピソード。そして7日間連続検挙を成し遂げた「小川学校」の捜査テクニックを公開。警察組織と刑事の真の姿が浮かび上がるリアル警察ノンフィクション。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 914 KB
  • 紙の本の長さ: 135 ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2011/8/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00H98Y2E6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,843位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
第4章の「嘘つきが得をする社会であってはならない」に、こんな記述がある。

「取調室は、刑事にとって『戦いの場』だ。わたしは取り調べで、あらゆるテクニックを
駆使してきたが、それは、被疑者は落として当たり前であり、落とせなかったら恥だと
思って仕事をしてきたからだ。『否認した被疑者は必ず落とす』、それが刑事の役割で
あり、戦いなのだ」(P251)。

「さまざまな犯罪者を逮捕し、『落とし』てきた。わたしにかかれば『落ち』ない
被疑者はいなかったと言っても過言ではないだろう」(P261)。

つまり、刑事から被疑者(犯罪を犯したと疑いをかけられた者)扱いされると、
必ず自白に追い込まれることになる。いくら正義感の強い刑事であろうと、人間だから
間違いはある。無実の者を犯罪者と誤解することもあるだろう。しかし、この刑事に
いったん疑いをかけられると、本当は無実であったとしても、私がやりましたと
「自白」する以外ないのである。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
非常に面白い。

映画やドラマでは知ることのできない、現場刑事の苦労や捜査テクニックが書かれており、興味深い。

ヤクザや泥棒などとの駆け引きや会話がリアルに再現されており、そういったエピソードが満載だ。
ついつい読んでいて引き込まれる。
一気に読んでしまった。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今まで警察官と言うと、駐在さん、交通整理・取締りのおまわりさん、それにテレビで観る重大犯罪にかかわる刑事しか知らなかったんですが、考えてみるとコソ泥を捕まえたり、不法入国者を追っ掛けたり、ヤクザへの対応をしたりすることの方が断然多いんですよね。

この本は告発本というわけではないんですが、元刑事である作者が実体験に基づいたものや、肌で感じたものを書かれているようで、本全体に警察官/刑事視点での実態がリアルに表現されていて、現場での息遣いまでもが伝わってくるような感じがします。

いわゆる「物書き」の方たちが書いた本と比較して「垢抜け感」とか「ストーリー性」では劣るかもしれないですけど、「現場」を本当に上手く表現されていると思います。本を読み始めるとあっという間に引き込まれてしまい、そしてあっという間に読み終わってしまいました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヤクザや逃亡犯とのやりとりなど、一般の人が
知りえない情報が多く書かれています。

それはそれで楽しいのですが、自分が感じたのが、
これは実践的な心理学の本であるということです。

どういうことかといいますと、
どのようにモノをいったら、

人は反応するか、
言いくるめられるか、
交渉に有利に立てるか、

このようにビジネスでも十分応用可能な
実践的事例集のように自分は感じます。

会話の部分が多いのも実践に
とても役立つなと感じます。

840円の値段ですが、
この内容からすれば少なくとも
1600円でもいいのではと感じます。

値段設定は著者の戦略かどうかはわかりませんが、
投資した金額は十分にとれる本です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
神奈川県警に数十年勤めた元刑事の実話集。話がリアルでどんどん引き込まれていった。泥刑(泥棒を捜査する刑事)を長年していた経験に基づく、空き巣に入られやすい家などの説明もあり、役に立つ。犯人を「落とす」ことなら、他の刑事には負けない筆者の体験談が満載で、一気に読んでしまった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者は元神奈川県警の警察官。現職生活は約30年に及ぶという。
それだけに真実味のあるエピソードが満載だろうと期待感たっぷりに読んだ。
内容的にはまさに予想どおり。どの話もリアリティにあふれ、
たちまち引き込まれた。専門用語もわかりやすく解説してあり、
文章そのものもたいへん読みやすい。ただ、筆力が裏目に出たというか、
ときどき物語じみた、けれんが感じられる箇所がいくつか目についた。
「これはちょっと出来すぎじゃない?」といった人情話などが。
とはいえそれも読者サービスと割り切れるレベル。決して嫌味ではない。
この一冊ですっかりファンになったので、次作にもぜひ期待したい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover