購入オプション

割引: ¥ 137 (5%)

Kindle 価格: ¥2,613

(税込)

獲得ポイント:
27ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[八子 知礼, 杉山 恒司, 米田 隆幸, 竹之下 航洋, 松浦 真弓, 土本 寛子]の現場の活用事例でわかる IoTシステム開発テクニック

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


現場の活用事例でわかる IoTシステム開発テクニック Kindle版

5つ星のうち4.2 3個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥2,613
単行本 ¥2,750 ¥950

販売: Amazon Services International, Inc.
紙の本の長さ: 152ページ

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

あらゆるモノをつないで価値を創出!
IoTシステム開発の実践的なノウハウが満載

工場の設備や自動車、建設機械など、様々なモノがインターネットにつながり、そこで収集したデータを分析・活用して、これまでになかったような価値を生み出す──。そんなコンセプトのもと、「IoT(Internet of Things)」への注目が高まっています。

ただしIoTシステムは、従来の企業情報システムとは、利用する技術やアーキテクチャーなどが大きく異なります。また、システムの要件をどのように決めるのかなど、開発のプロセスにも工夫が必要になるでしょう。

本書は、IoTシステムの開発に関わるITエンジニア必携の一冊です。IoTの基本を学びたいというITエンジニアはもちろん、実際にIoTシステムの開発をどのように進めればよいのかを知りたいというITエンジニアにも、実践的なノウハウを分かりやすく解説します。

第1章「IoTシステムの基本」では、IoTとは何かに始まって、IoTを構成する技術や製品、IoTプロジェクトの課題や進め方の工夫などを解説します。

第2章「事例でわかるIoTシステム開発」では、著者らが実際に取り組んだ事例を基に、IoTシステム開発のポイントを具体的かつ詳細に解説します。

第3章「IoTシステムのためのスキルと体制」では、IoTへの取り組みを進めるために必要なITエンジニアのスキルや複数の組織をまたいだパートナリングについて、調査結果や実例を挙げて説明します。

IoTについての必須知識を身につけ、IoTシステムの開発を成功に導くために、ぜひ本書をご活用ください。

内容(「BOOK」データベースより)

IoTの本格導入が始まった!プロが教える実践ノウハウ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 14895 KB
  • 推定ページ数: 193 ページ
  • 出版社: 日経BP (2018/10/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07J2FZ3JC
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 121,116位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 3
星5つ
62%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
38%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2018年10月22日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月27日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年11月1日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover