通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
現代語訳 風姿花伝 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: もらった本ですので、外装には少々の痛みはありますが、ページ面は比較的キレイです。念入りに検品はしていますが、稀に折り込み痕やライン引き、書込み等が一部出てくる場合もあります。ご了承いただいた上でお買い上げください。お気になされる方はご遠慮ください。ゆうメールまたクリックポストで翌日発送いたします!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現代語訳 風姿花伝 単行本 – 2005/1

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,026
¥ 1,026 ¥ 615

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 現代語訳 風姿花伝
  • +
  • 風姿花伝 (岩波文庫)
  • +
  • NHK「100分de名著」ブックス 世阿弥 風姿花伝
総額: ¥2,624
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「風姿花伝」は能の大成者・世阿弥が約20年の歳月をかけて著した、至高の芸術論にして人生論。わかりやすい現代語訳として提供する。

『風姿花伝』は能の大成者・世阿弥が著した、日本最古の能楽論である。『花伝書』の名称でも知られる本書は、「花」と「幽玄」をキーワードに、日本人にとっての美を深く探求。体系立った理論、美しく含蓄のある言葉、彫琢された名文で構成される、世界にも稀な芸術家自身による汎芸術論である。原文の香気が失われぬよう、かつ自然な現代語としてスラスラと読めるよう、工夫を凝らした現代語・新訳として提供する。▼七歳から年代順に具体的な稽古要領を記した「年来稽古條々」、物真似の本質を把握し表現する「物学條々」、Q&A形式の「問答條々」。そして、「花」の本質を説いた「別紙口伝」。章立て・語り口はあくまで明快、シンプルである。大陸伝来の文化から袂を分かち、日本人自ら育て、咲かせた最初の美しい「花」――。風姿花伝は700年を経た今日でも、広く表現に携わる方々はもちろん、人生訓としても読める懐の深い名著である。

内容(「BOOK」データベースより)

「花」とは「幽玄」とはあらゆる表現ジャンルの根本、生きることの美を語る。秘すれば花なり―「日本の美」を深く探求した至高の芸術論。読みやすい新訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 111ページ
  • 出版社: PHPエディターズグループ (2005/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569641172
  • ISBN-13: 978-4569641171
  • 発売日: 2005/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 pop 投稿日 2005/11/19
形式: 単行本
風姿花伝の現代語訳版。この本では原文の味わいを出来るだけ残すことを目指した翻訳がされているのが他の翻訳本との違いです。古文が苦手という人にはぜひお薦めしたい。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
まことの花はどうやって咲かせたらよいのでしょうか?
その解が本書に書かれています。

能や舞踊だけでなく、本書に書かれていることは仕事、趣味、何か達成させてたいことすべてに通じるものがあります。「年来稽古條々」を読むことで、自分が今取り組んでいることがどの段階に入っているのかがよくわかります。そして何をするべきなのかも。

600年前の良書を何度も何度も熟読したいものです。父、観阿弥から伝えられたものを子孫に残そうとした情熱が伝わってきます。

現代語訳『風姿花伝』世阿弥は原文をわかりやすい言葉で伝えてくれているので原文で挫折した方には現代語訳がオススメです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ひとつには天下安泰のため
ひとつには諸人娯楽のため

長寿延命の芸能として、その起源は仏在所(インド)より、はたまた神より伝わるという…。

感性を磨き、所作の振る舞いにおける正しい姿勢、そして一心にして迷いのない境地など、奥義が伝承されていたのでしょう。

現代においても、人としての在り方が刻まれているようで、感銘を受けました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「秘すれば華なり」その志が、今まで以上に理解できました。何回も読み直したいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
情熱だけで乗り切った20代が終わり30代になり情熱だけでは通用せず
成長が止まり思い悩んでいた私に上司がオススメしてくれた本。
中学の歴史で習って知ってはいましたがあまり気乗りせず読んでみると・・・。
目から鱗でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
650年前の教えが、色あせることなく、正に今に通用します。アートを学んでいるので、その教えが身にしみます。現代語訳なので、どなたにも敬遠されることなく読み進めることができると思います。教えに、背筋がしゃんとなります。日本人なら、読んでおくべき、1冊ですね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2010/4/11
形式: 単行本 Amazonで購入
とてもじゃないが、怖くて原文に直接対峙できる度胸もないので、まずこの作品を手にとって見ました。字が大きいので非常に読みやすい。わずか100ページほどであっという間に読めます。ただ反面注釈が非常に少ない。これは長所でもあり欠点でもあります。100ページという短い作品が背負っている歴史の重みは結果として捨象されてしまいます。またキーワードについての深い理解は読み手の力量に任されてしまいます。本質と技巧についての考え方が扱われますが、本当に深く味わうには読み手しだいです。読み手は何をこの作品に探すのか?how toかそれともそれ以上のものか?さて原文に挑戦しましょうか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 著者は能楽の大成者である世阿弥である。本書は、能を志す者のみに見せて良い部分、一子相伝とする部分を含む。能の奥義書であり、実際、ほとんど能の話なのだが、能と関係のない生活を送っている者にとってもなにか心を打つものがある。きれいな現代語訳でとても読みやすい。室町時代の美的観念である「幽玄」への道を究めんとする意思を感じるが、本書は直接幽玄という観念に言及するよりは、「花」という言葉であらわされる観念をいかに表現・表出・演出・育成するかということを中心課題としているようにも見える。「花」というのは「華がある」の「華」のようなあでやかなものに限らず、もう少し、広い味わいを意味するような包括的概念らしく、世阿弥は「花、面白い、珍しい、これらは三つの同じ心である」という。これらは同じ意味というよりは、同一興趣を3つの角度から表現しているのかもしれない。
 12、3歳ごろの若い演者(シテ)の場合、姿形が子どもであるから何をしても「幽玄」に映るが、このときの花は「時分の花」であって「まことの花」ではないという。34、5歳でシテは円熟絶頂を迎えるという。そして、50有余となると、見どころは少なくなるが達人であれば「花だけは残る」という。年齢を重ねた達人(老大家)が一番すごいという年功序列的・封建的な甘っちょろさはなく、年代ごとの「花」の姿について冷静に分析しているところが印象深い。老い
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
技術的要素のある職業に就いている方であれば、誰しもグッとくる箇所があるように思います。

・他人の技術(世阿弥の場合は達人、父観阿弥だった)をよく観察し、理解するには?

・自分の技術を高めるには?

・後進を育てるには?

これらの点において参考になるところがあると思います。

興味深いのは、自分の仕事で”花”を咲かせた後(全盛期を過ぎた後)どうすればよいか?

について書かれている点です。

世阿弥ってすごく聡明な人だったんだろうなぁ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック