中古品
¥ 300
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ご来店ありがとうございます。迅速丁寧な対応をお約束します。[在庫確実!弊社の都合によるキャンセルなし]年中無休!(365日毎日発送しております)☆カバーに少し擦れがあります。☆ヤケや内部に書き込み・線引きはなくきれいな状態です。☆特典や付属品は付いていませんのでご注意ください。☆商品は手元にありますので、迅速に発送させていただきます。(全額返金保証)十分に検品して出品しておりますが、万が一、商品の状態が説明文と異なる場合は、速やかに全額ご返金しますので、ご安心の上お取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

現代語で読む「江戸怪談」傑作選 (祥伝社新書123) 新書 – 2008/7/25

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 300
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

≪日本の怪談のオリジナルを読みやすい文章で!≫

かつて、夏の夜には怪談が付き物だった。
怨霊の襲撃を堪え忍ぶ「耳なし芳一」の挿し絵や、おどろおどろしい声色で一枚、二枚と数えあげる
「番町皿屋敷」の一節を知らない人はいないだろう。古きよき日本の幽霊ばなしの定番である。
話の原型はすでに江戸時代からあった。
『諸国百物語』『伽婢子』『因果物語』といったタイトルの怪異小説集が多く世に出た。
これらに収録された作品をまとめて「江戸怪談」という。
「江戸怪談」を読めば、日本人が何を怖れてきたのかがよくわかる。
ただ異形の怪物で驚かせるのではない。
人間の心の奥底に潜む情念やその業の深さに、戦慄させられるのである。

(※収録作品は、目次をご覧ください)

内容(「BOOK」データベースより)

かつて、夏の夜には怪談が付き物だった。怨霊の襲撃を堪え忍ぶ「耳なし芳一」の挿し絵や、おどろおどろしい声色で一枚、二枚と数えあげる「番町皿屋敷」の一節を知らない人はないだろう。古きよき日本の幽霊ばなしの定番である。話の原型はすでに江戸時代からあった。『諸国百物語』『伽婢子』『因果物語』といったタイトルの怪異小説集が多く世に出た。これらに収録された作品をまとめた「江戸怪談」という。「江戸怪談」を読めば、日本人が何を怖れてきたのかがよくわかる。ただ異形の怪物で驚かせるのではない。人間の心の奥底に潜む情念やその業の深さに、戦慄させられるのである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2008/7/25)
  • ISBN-10: 4396111231
  • ISBN-13: 978-4396111236
  • 発売日: 2008/7/25
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,308位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
『東海道四谷怪談』(鶴屋南北作,河竹繁俊校訂;岩波文庫) を読んでから,江戸怪談の面白さにすっかりはまってしまいました.一方で同書は平易な現代語表記ではなく,面白いながらもなかなか読み進めないもどかしさがありました.そんなこともあり,現在我々が使っている言葉で書かれた江戸怪談の本を探していました.
本書はそんな要望にピッタリ当てはまります.代表的な江戸怪談33編を簡単に紹介してくれています.本当の面白さを知るには原文で読んだ方が楽しめるでしょうが,それはある程度素養を持ってからになるのではないでしょうか? 作者があとがきに書いているように,本作品で興味を惹起されたら原文を当たるとより楽しめるような気がします.
「江戸怪談探索」のよい足がかりとなる一冊だと思います.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カラグラ VINE メンバー 投稿日 2008/8/30
形式: 新書
有名な怪談の原典を現代語で紹介してくれるという、大変読みやすい本。誰でも知っている「耳なし抱一」や「番町皿屋敷」から「牡丹灯篭」など、果ては杉浦日向子氏の『百物語』に載っていた挿話の原典などまであった。どの話も興味深く、気軽に何処からでも読めるのでよい。

多くの怪談を「女の嫉妬」、「異界との接触」、「因果応報」などという内容によって章を分けており、各章の終りに短い論評が添えられている。ところどころに興味深いコメントがあった。例えば、僧たちが集い学ぶ「檀林」という場における怪談の発生と、現代の「学校の怪談」の発生に共通点をみたり、怪異の発生が空間的、時間的な「境界」という場で起こるという指摘などは、もっと突っ込んだ内容の論考を読みたいと思わせる。調べると著者はそれらを詳しく述べている本を書いているようなので、この本を良い導入として、日本の怪談の世界に踏み入っていくのも一興か。

それにしても感心するのは、「耳なし抱一」で有名なラフカディオ・ハーン(小泉八雲)だ。彼はその『怪談』のなかで、抱一の話だけでなく、本書で取り上げている幾つもの話を分り易く英語圏に紹介している。もし原典にあたったのであれば、相当な苦労であったのだろうと想像する。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/24
形式: 新書
 著者は近世国文学の研究者。仏教説話、怪異譚、高僧伝などを専門にしている。
 本書は、江戸時代の怪談を現代語に訳したもの32篇を収める。『因果物語』、『諸国里人談』、『諸国百物語』などから取られている。
 有名な話から、マイナーなものまでいろいろ。
 番町皿屋敷や耳なし芳一の原話が入っているのもおもしろい。
 解説が詳細。女の嫉妬、因果応報などのテーマごとに時代背景から説明してくれている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
読んでまず感じたことですが、とてもまじめな本です。
怪談についてよく分かります。
ただ、怪談に入り込んで、楽しみたい人には不向きではないでしょうか?
例えば、朗読してもらっても、あまり怖くは無いのではないでしょうか。
でも、いい本です。怪談を学べます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック