この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

現代語で読む「江戸怪談」傑作選 (祥伝社新書123) 新書 – 2008/7/25

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
¥ 13,446 ¥ 832
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

≪日本の怪談のオリジナルを読みやすい文章で!≫

かつて、夏の夜には怪談が付き物だった。
怨霊の襲撃を堪え忍ぶ「耳なし芳一」の挿し絵や、おどろおどろしい声色で一枚、二枚と数えあげる
「番町皿屋敷」の一節を知らない人はいないだろう。古きよき日本の幽霊ばなしの定番である。
話の原型はすでに江戸時代からあった。
『諸国百物語』『伽婢子』『因果物語』といったタイトルの怪異小説集が多く世に出た。
これらに収録された作品をまとめて「江戸怪談」という。
「江戸怪談」を読めば、日本人が何を怖れてきたのかがよくわかる。
ただ異形の怪物で驚かせるのではない。
人間の心の奥底に潜む情念やその業の深さに、戦慄させられるのである。

(※収録作品は、目次をご覧ください)

内容(「BOOK」データベースより)

かつて、夏の夜には怪談が付き物だった。怨霊の襲撃を堪え忍ぶ「耳なし芳一」の挿し絵や、おどろおどろしい声色で一枚、二枚と数えあげる「番町皿屋敷」の一節を知らない人はないだろう。古きよき日本の幽霊ばなしの定番である。話の原型はすでに江戸時代からあった。『諸国百物語』『伽婢子』『因果物語』といったタイトルの怪異小説集が多く世に出た。これらに収録された作品をまとめた「江戸怪談」という。「江戸怪談」を読めば、日本人が何を怖れてきたのかがよくわかる。ただ異形の怪物で驚かせるのではない。人間の心の奥底に潜む情念やその業の深さに、戦慄させられるのである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2008/7/25)
  • ISBN-10: 4396111231
  • ISBN-13: 978-4396111236
  • 発売日: 2008/7/25
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 399,158位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

ベスト1000レビュアーVINEメンバー2011年11月24日
形式: 新書
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年2月3日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
VINEメンバー2008年8月30日
形式: 新書
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2009年11月4日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。補正