通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
[現代訳]職業としての学問 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 book store 24
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 概ね良好なコンディションです。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


[現代訳]職業としての学問 (日本語) 単行本 – 2009/9/28

5つ星のうち4.3 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,257
¥1,257 ¥142
お届け日: 明日 詳細を見る

この商品には新版があります:

新装版 現代訳 職業としての学問
¥1,210
(1)
残り9点(入荷予定あり)
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

二〇世紀最大の社会学者、マックス・ウェーバー。その青年時代に、ドイツ帝国は世界第二位の工業国へと高度成長を遂げた。だが、イギリス、フランスとの対立は、一九一四年の第一次世界大戦開戦へとつながり、ドイツの敗北をもたらした。ウェーバーが『職業としての学問』の講演を行った一九一七年は、政治も、経済も、社会も、過去の成功体験がまったく役に立たなくなった混沌の時代の中で、新しい生き方を求める若者たちに向けて行われたものである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウェーバー,マックス
ドイツの社会学者、経済学者。1864年、プロイセン王国(現在のドイツ)エルフルト生まれ。1894年、フライブルク大学教授。1897年、ハイデルベルク大学教授。1903年、ハイデルベルク大学名誉教授。主著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』において近代資本主義の成立とプロテスタンティズムの関連を解明するなど、膨大な論文を発表し、社会科学の巨人と呼ばれる。日本でも経済史家の大塚久雄、政治思想研究家の丸山眞男らの高名な社会科学者を始めとする多くの人々に多大な影響を与えた。1920年没

三浦/展
1958年生まれ。82年、一橋大学社会学部卒業。卒論はマックス・ウェーバーの宗教社会学をベースにした「現代文化の無意味化と無価値化」。同年、株式会社パルコ入社、時代分析雑誌「アクロス」編集長を経て、90年、三菱総合研究所入社。99年、カルチャースタディーズ研究所設立。消費社会、若者の価値観、郊外化と、階層格差などを広く分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2009/9/28
  • 単行本 : 151ページ
  • ISBN-10 : 4833419157
  • ISBN-13 : 978-4833419154
  • 出版社 : プレジデント社 (2009/9/28)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 4個の評価