中古品
¥ 3,756
中古品: 良い | 詳細
発売元 book sonic
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケースにシミや微スレなどの使用感がありますが中身は比較的きれいです。月報なし(ガイドラインに基づくコンディションです)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現代短歌全集〈第13巻〉昭和三十一年~三十三年 単行本 – 2002/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

前衛短歌時代の幕開けを告げる昭和30年代初頭、新人の登場により展開される活発な作歌活動―戦後10年、その成果を結実させた19歌集。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

生方/たつゑ
明治38年2月23日、三重県宇治山田市宮後町に生れる。大正15年、日本女子大家政科卒業。群馬県沼田の旧家に嫁ぐ。昭和7年頃より作歌をはじめ「アララギ」の今井邦子に師事。10年、第一歌集『山花集』を上梓。11年「明日香」創刊に参加したが、20年退社、暫時、作歌を中絶。23年、休詠から立上り、「国民文学」に入社、松村英一に師事。38年、自ら「浅紅」を創刊・主宰する。33年、第七歌集『白い風の中で』(昭32)で第九回読売文学賞、55年、第十八歌集『野分のやうに』(昭54)で第十四回迢空賞をそれぞれ受賞し、毎日新聞歌壇をはじめ多くの歌壇選を担当。写実を基調におきながらも、大胆、華麗に自己の心象世界を展開している。晩年の作品には夫をうしなった孤独感が深く影を落している。平成12年1月18日歿。九十五歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 417ページ
  • 出版社: 筑摩書房; 増補版 (2002/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480138331
  • ISBN-13: 978-4480138330
  • 発売日: 2002/06
  • 梱包サイズ: 23 x 16 x 3.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,587,260位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう