¥ 7,128
通常配送無料 詳細
残り10点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
現代日本語における分析的な構造をもつ派生動詞—「し... がカートに入りました
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現代日本語における分析的な構造をもつ派生動詞—「してある」「しておく」「してしまう」について (ひつじ研究叢書(言語編) 第153巻) 単行本 – 2018/6/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/6/20
¥ 7,128
¥ 7,128 ¥ 14,256

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】君たちはどう生きるか(Special Note付き)
作中でおじさんからコペル君に宛てられたノートをモチーフにした、特製「コペル君ノート」の付録付き。ギフトにもおすすめ。 ⇒詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

本書であつかう派生動詞「してある」「しておく」「してしまう」は、「する-している」の対立の内の形態論的な変化では無く、「して」と、それぞれ補助的な動詞「ある」「おく」「しまう」のくみあわせによって、2単語による1単語相当の単位としてできた分析的な構造をなす派生動詞であるととらえる。アスペクトから排除されるこれらを適切に位置づけることで、より厳密にアスペクトという形態論的なカテゴリーの規定に資することをめざす。

著者について

迫田(旧姓:呉)幸栄(さこだ(くれ) さちえ)
 略歴
1976年生まれ。日系3世。2007年大東文化大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2009年別府大学にて論文により学位取得。博士(文学)。台湾静宜大学日本語文學系助理教授を経て、現在公立大学法人名桜大学准教授。

 主な論文
「小説の地の文につかわれる「してしまう」文」(『国文学 解釈と鑑賞』54(1)、2009)、「連体形をとる《第1「してある」動詞》をめぐって」(『対照言語学研究』20、2010)、「「再帰的な動作をあらわす動詞と名詞とのくみあわせ」について」(『国際教育』5、2012)、「校訂 金剛般若経集験記(一)–(六)」(『大東文化大学紀要』51–6、2013–18、共著)など。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: ひつじ書房 (2018/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894769093
  • ISBN-13: 978-4894769090
  • 発売日: 2018/6/20
  • 梱包サイズ: 22 x 15.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 806,992位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう