この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現代思想2008年8月臨時増刊号 総特集=吉本隆明 肯定の思想 ムック – 2008/8/11

5つ星のうち 1.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック, 2008/8/11
"もう一度試してください。"
¥ 6,100 ¥ 53
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • ムック: 261ページ
  • 出版社: 青土社 (2008/8/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791711858
  • ISBN-13: 978-4791711857
  • 発売日: 2008/8/11
  • 商品パッケージの寸法: 22 x 14.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,010,040位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 数年に一度、各雑誌社が持ち回りで(?)、吉本隆明特集を組んでくれる。
 たいてい購入するのだが、別に、他人の書いた「吉本隆明論」が読みたいわけではない。
 書誌データや年表などの資料が欲しいのと、巻頭に置かれる事が多い、最新のインタビューを読むことによって、今現在の吉本の立ち位置を確認したいからだ。

 本書にも、これまでの活動を概観するようなインタビューが掲載されているが、−−大雑把に言って、三つのことが印象深かった。

1)二つの話題で、猪瀬直樹に言及している。彼の「ミカドの肖像」が出たとき、読んでとても引き付けられたが、吉本が自らの雑誌でミソクソに貶しているのを読んで、不審に思ったことを思い出す。その後も、彼に対する評価はブレていてい、おもったより猪瀬に対して嫉妬心やライバル心を抱いているのではないか?

2)ボードリヤールと毛沢東の考えは生き残る、と発言していること。かつて、この二人には否定的だと思っていたのだが、いつから転換したのだろう? もっとも、毛沢東に関しては、「持久戦論」を評価しているに過ぎない、とも読めるが...

3)いまだに、オウムの麻原への敬慕(?)の情を保っているらしいこと。遠隔通信でか、入牢している麻原からなんらかの作用を感じたとのこと。ちなみに、中沢
...続きを読む ›
1 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
巻頭で、最首悟が、「関係の絶対性」を「関係のみ・関係しかない」ということと言ってます。
つまり、「関係が絶対だ」ということでしょう。
でも、やはり「関係の絶対性」とは、「絶対的な関係」
「切羽詰まった、にっちもさっちもゆかない逃れようのない絶対的な関係」
のことだと思います。
ところで、今時の最首悟って何なんでしょうねえ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す