通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
現代企業の組織デザイン 戦略経営の経済学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外観 僅かな縁傷み・薄汚れ・薄ヤケ 紙面概ね良好
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現代企業の組織デザイン 戦略経営の経済学 単行本 – 2005/11/12

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 255

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 現代企業の組織デザイン 戦略経営の経済学
  • +
  • 組織デザイン (日経文庫)
総額: ¥4,482
ポイントの合計: 135pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

既存事業の業績を向上させる(発掘)ための組織と、新たな事業を開発する(探査)ための組織とは、おのずから異なる。目的にかなった組織をいかにデザインし、機能させるか。最先端の理論を駆使し、説得力のある事例を提示して、組織デザインの基本問題を解明する。『組織の経済学』の読者は必読。

内容(「BOOK」データベースより)

「コヒーレント」な組織デザインとは何か、業績向上と成長を実現する組織をいかにデザインするか、現代企業の事例と先端理論を用いて解明。名著『組織の経済学』の著者による戦略・組織研究の新機軸。21世紀のマネジメントの指針。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 269ページ
  • 出版社: NTT出版 (2005/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757121393
  • ISBN-13: 978-4757121393
  • 発売日: 2005/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 21.8 x 16 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 350,642位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
経済学者として著名なJohn Robertsが書いた企業組織論である。この本は2004年度のエコノミスト誌のBEST経営書に選ばれた本とのことである。John Robertsは、Paul Milgromと「組織の経済学」というこの領域のスタンダードとなる本を書いている。
本書は、市場がコーデイネーション問題やモチベーション問題に対して 最適な解をもたらさない場合、コーデイネーションや動機付けを実現する上で他のメカニズムが必要になると説き、それが企業組織であると企業の存在を理由つけている。つまり企業は、人々の経済活動に対するタスクを効率的にコーディネートするため、さらに人々を適切に動機付けを実現するための仕組みだと言っている。企業組織のメインテーマである、「組織デザイン問題」を、「環境変化を勘案しながら、相互に適合した戦略と組織を創造することで 高業績を実現すること」と定義し、戦略経営論、組織経済学そして比較制度分析などの経済学の分析概念を使って、ケース・スタ ディによる説明を試みている。
組織デザインにおいては、市場分析の経済学で前提している、◇ 実行可能な選択集合の凸性や ◇選択と業績の関係の凹性が、満たされないこともあり、最適解が一意に決まらないという特性を持つ。このような前提の下で、経営者は、目標を設定し、自社で実施するアクティビティの範囲、競争優位の
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
環境変化や戦略と整合的に組織をデザインせよというこの本のメッセージは、あらためて参考になった。IT投資やJIT方式の採用を個別に行っただけでは、企業の業績を高めることはできない。要は、組織を全体的に、しかもコヒーレントに変えなくてはならないのである。この本では、ケースが豊富に利用されている。しかし、新しい経済学を応用しているので、われわれのようなビジネスマン向けにもっと親切な説明がほしい。経営のエッセンスを知るうえでためになり、読みごたえもある。正直言えば、この本の内容をもっとやさしく解説した本が、あるとうれしい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は洋書原本を読んでも、そもそも理論書なのか、実務家向けの一般書に毛が生えた本なのか、表現が難解な部分があり理解しづらい。訳者も苦労したのであろう、訳書についても何度読んでも理解しにくい箇所が散見される。一般のビジネスマンが実務書と勘違いしてこの本を買って読んでも無駄な気がする。もう一度著者とミルグロムの共著『組織の経済学』(訳がよい)を読んだ上で、暇がある人がじっくりこの本を読むと、著者が何を言いたかったのかがよく分かる。スタンフォードの制度経済学者が考えることはじっくり読まないと理解しづらいのである。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルにある組織デザインに関する考え方を参照しようとして本書を手にした。感想としては下記3点。
・観察的記述が多くメッセージがわかりにくい
・事例とコンセプトが混在しており、どちらの話をしているか混乱しやすい
・コンセプトが抽象的すぎ納得感が得られにくい
まず観察的記述についてだが、一例としては、組織の分類法の一つとしてPARC(P: People, A: Architecture, R: Routine, C: Culture)という言葉を挙げているのだが、そこから話が深くならない。あくまで、「そういう分類がある」というにとどまる。
事例とコンセプトの混在については、読めば読むほど混乱に陥りやすい。もう少し明確な区分があった方が読者としては助かる。
コンセプトについては、「コヒーレント」「非凹型」「非凸型」など組織の記述としては新奇な言葉使いが多く理解することが難しいという印象を受けた。
全体として、組織に関する高度な論文のような構成になっており、組織学を専門にしている方には充実した内容になっていると思われるが、実務レベルでは活用は難しいと感じた。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告