通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
現代ブータンを知るための60章 エリア・スタディー... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 送料無料・保証付き☆カバーにわずかなスレ等はございますが、カバー、中身ともに非常にキレイな状態で、特筆すべきダメージ等はございません。丁寧・迅速な対応をお約束いたします。領収書発行も対応しておりますので、お気軽にご連絡ください。※アマゾン経由で即日発送いたします。在庫切れの心配もなく、送料も大変お得です。【商品の不備などございましたら、送料含め代金全額を速やかに返金させて頂きますのでご安心の上お買い求めくださいませ。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現代ブータンを知るための60章 エリア・スタディーズ 単行本 – 2005/4/14

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 145

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 現代ブータンを知るための60章 エリア・スタディーズ
  • +
  • ブータン――「幸福な国」の不都合な真実
  • +
  • 秘境ブータン (岩波現代文庫)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 48pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

平山/修一
株式会社シーエスジェイ調査・企画部研究員。1966年生まれ。早稲田大学大学院アジア・太平洋研究科修士課程修了(国際関係学)。一級建築士、一級土木施工管理技士、環境社会学会会員、開発技術学会会員、GNH研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 355ページ
  • 出版社: 明石書店 (2005/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750320854
  • ISBN-13: 978-4750320854
  • 発売日: 2005/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 267,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ブータンと言えば、前国王が、GNP(国民総生産)に対抗する「豊かさ」の指標として「GNH(国民総幸福量)」という考え方を提唱したことで有名な国だ。
物理的、経済的に豊かになることが、必ずしも人々を幸せにするとは限らない、とする。
「幸せ=財/欲望」であり、「欲望は人間が受け取る情報量と比例して増大する」と主張するのである。
そのような主張を持つブータンとはどんな国なのか、多面的な視覚から、国の現状を詳しく伝えようとしているのが本書だ。

この本では「ブータンはスローライフの楽園!すばらしい!」とか言ってないで、ちゃんと現実を書いている。
ネットのどこかで「GNHを提唱しているブータンには自殺者が一人もいない」なんて書き込みを見かけたけど、そんなことはなくてわずかだけどいるし、農村部の女性に自殺者が多い、なんてことも書いている。
それでも、著者はブータンに可能性を見出しているようで、そういう抑えた主張に説得力がある。
この本の細かな記述を総合しても、貧しい国なのは確かだが、不幸な国であるようには見えない。

ブータンが楽園だ、とは思わない。
だが、資本主義経済の最先端にいる我々日本の現状と比較する隊商として、非常に興味深い、と言えるだろう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告