この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

現代の労働とメンタルヘルス対策 (働く者の労働安全衛生入門シリーズ 2) 単行本 – 2008/1/25

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,066 ¥ 1,000
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今日、多くの労働者が直面しているのが、長時間・過密労働によるメンタル不全問題です。著者は、メンタルクリニックの所長として治療に携わる傍ら、労働組合などでこの問題の講演を数多く行い、過労自殺裁判の証言にも立ってきました。本書は、こうした蓄積の上につくられた、労働者の心の健康を守るマニュアルです。

内容(「BOOK」データベースより)

最新情報を駆使して解説。イラストや図表も使って、分かりやすい。具体的で、職場ですぐ予防対策を実践できるシリーズ。第2巻では、メンタル不全のメカニズムを解説し、労働者の心の健康を守る予防・治療法を提起。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 142ページ
  • 出版社: かもがわ出版; A5版 (2008/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4780301483
  • ISBN-13: 978-4780301489
  • 発売日: 2008/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,500位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
厚生労働省は11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、過労死等をなくすためにシンポジウムやキャンペーンなどの取組を行っている。
それは「過労死等防止対策推進法」に基づく行政政策である。その根拠は知られていない。根拠や背景には著者である天笠崇先生の「過労死、過労自死をこれ以上出してはならない」という、日々、産業精神医療の最前線で、過重労働を強いる世間や会社と対峙する方々の守護神として戦ってきた末に獲得したものである。その背景がこの本を読むとわかる。
國は過労死等を防止することの重要性について国民に自覚を促し、関心と理解を深めるため過労死等防止啓発月間を制定したが、その前にこの本を自ら読むべきであろう。

何しろ国民への周知・啓発を目的に、全国43会場で「過労死等防止対策推進シンポジウム」を行うらしいが、どれだけの効果があるのだろうか。納税者として理解に苦しむ。
「過重労働解消キャンペーン」として著しい過重労働や悪質な賃金不払残業などの撲滅に向けた監督指導や無料の電話相談などを行うそうだが、「不治も出る」と自死をかえって増やした「富士モデル」の二の舞にならないことを切に願う。

※「過労死等」とは・・・業務における過重な負荷による脳血管疾患もしくは心臓疾患を原因とする死亡、もしくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自死またはこれらの脳血管疾患、心臓疾患、精神障害をいいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 労働環境と「こころの病」の関連が丁寧に辿られています。過労自殺と労災補償が取り上げられています。予防が1次から3次にわたり図解も加わり、簡潔で分かりやすく説明されています。公立中学校の相談員の時に、教員の職場復帰の過程を身近に垣間見ました。また、メンタルヘルスサポート企業の面接で、職場復帰の教員のカウンセリングを行なう機会に恵まれました。本書でも3次予防として、職場復帰の説明が簡潔に的確になされています。某県某市の教職員ショート面談では、管理職から、教職者の補充が困難であることが話されました。当事者の心境および職場の同僚の負担の双方から考えても、予防の取り組みの大切さを痛感します。巻末の行政・防止協会の資料は貴重で有り難いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告