中古品
¥1,380
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2014年3月12日第2刷発行分です▲帯付き▲カバー折り返し部分に小さな折れ跡はございますが、本文中は、目立ったキズ・シミ・汚れ・破れなどなくいい状態です▲OPP袋に入れて発送しますので商品に直接ラベルを貼ることはありません【Amazon専用在庫】Amazonセンター内にて保管・管理・配送されますので迅速・安心・確実です▲お支払いはクレジットの他「代引き」「コンビニ払い」も可能です▲「お急ぎ便」「コンビニ受け取り」「ギフトラッピング」の選択も可能です▲クリスタルパックで包んだ上にラベルシールを貼っておりますので、剥がす手間もなく安全です▲また、何かあった場合にもAmazonカスタマーサービスがすぐに対応致しますのでアフターケアもしっかりしています。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


珈琲挽き (講談社文芸文庫) (日本語) 文庫 – 2014/2/11

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,500
文庫
¥1,380
¥1,120
2%以上 ポイント 詳細

無料配送: 9月21日 - 22日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
1 時間 43 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • ポイント2%以上。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

平穏な日常、花鳥風月、友人たちと師との交流。遠い風景や時間の流れを、淡いユーモアで見事に描く、大正・昭和・平成を生きた作家・小沼丹。移ろいゆく心象風景の中に、人生のドラマを明るく描く、『小さな手袋』につづく生前最後の随筆集。「狆の二日酔い」などの秀逸な作品を含み、上質な文章で心優しく読者を誘う、八十五篇収録。

著者について

小沼 丹
小沼 丹(1918.9.9~1996.11.8) 小説家。東京生まれ。1942年、早稲田大学を繰り上げ卒業。在学中より井伏鱒二を知り師事する。高校教員を経て、58年より早稲田大学英文科教授。54年上半期、下半期と「村のエトランジェ」「白孔雀のゐるホテル」がつづけて芥川賞候補となる。その後、日常に材を取りながらユーモアとペーソスのただよう洒脱な文体で独自の世界を築く。70年、『懐中時計』で読売文学賞。75年、『椋鳥日記』で平林たい子文学賞。89年、日本芸術院会員となる。その他の著書に『不思議なソオダ水』『小さな手袋』『埴輪の馬』『清水町先生』など。

登録情報

  • 発売日 : 2014/2/11
  • 文庫 : 368ページ
  • ISBN-13 : 978-4062902229
  • ISBN-10 : 4062902222
  • 出版社 : 講談社 (2014/2/11)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 3個の評価