通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
羽生結弦 王者のメソッド (Sports grap... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ダストカバーに小さなしわ、または折り曲げ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

羽生結弦 王者のメソッド (Sports graphic Number books) 単行本(ソフトカバー) – 2016/3/25

5つ星のうち 4.5 49件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,674
¥ 1,550 ¥ 672

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 羽生結弦 王者のメソッド (Sports graphic Number books)
  • +
  • Number(ナンバー)900号 羽生世代、最強の証明。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))
  • +
  • Sportiva 羽生結弦 異次元のシーズンTo the Next (集英社ムック)
総額: ¥3,774
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



スポーツ観戦本特集
一流の選手達が繰り広げる、熱い戦いの数々。ガイドブックを活用して、スポーツ観戦を全力で楽しもう。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

【NumberBOOKS 絶対王者・羽生結弦はいかにして作られたのか】
2014年ソチ冬季五輪でフィギュア男子史上初の金メダルに輝いた羽生結弦。
史上最年少の12歳で全日本ジュニアの表彰台に上がり、14歳で初出場した世界
ジュニア選手権では、すでに「僕が日本で2人目の金メダリストになる」と宣
言していた。
15歳で世界ジュニア優勝、17歳で世界選手権銅メダル、19歳で五輪と世界選手
権、GPファイナルの3冠達成。20歳で史上初の300点超えを果たした。
「悔しすぎて、嬉しくなってきました」「僕はレジェンドになりたい。羽生結
弦の名前を歴史に刻みたい」「これからは自分のなかで戦いを創り上げていか
ないといけない」「絶対王者になってやる」その柔和で端正な容姿からは想像
できない強い意志を持った「羽生脳」と、そこから導き出される「絶対王者の
メソッド」が浮かび上がる。

プロローグ 世界王者への扉を拓いた"羽生メソッド"
Chapter 1 ジュニア時代 2008-2010 13歳→15歳
Chapter 2 シニアデビュー 2010-2011 15歳→16歳
Chapter 3 東日本大震災の日々のなかで 2011 16歳
Chapter 4 震災後の1年 2011-2012 16歳→17歳
Chapter 5 海を渡る 2012-2013 17歳→18歳
Chapter 6 ソチ五輪 2013-2014 18歳→19歳
Chapter 7 王者の証明 2014-2015 19歳→20歳
Chapter 8 絶対王者の冒険 2015-2016 20歳→21歳
※Numberで撮影した未公開写真も満載

内容(「BOOK」データベースより)

14歳の少年が、21歳の“絶対王者”になるまでの試行錯誤の道のり。Number未公開秘蔵写真収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 318ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163903976
  • ISBN-13: 978-4163903972
  • 発売日: 2016/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 3.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,829位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「スケーターとしての自分を知らない99%以上の人に忘れられない演技で1%ずつでも知っていってもらいたい」

世界デビューの時「スケート人生1%」でスタートし、今や99%知らない人がいないまでに成長した羽生選手の今までを年代毎に8つのパートに分け、直近のGFまでの節目となった大会を、成功も失敗も含めて時々の気持ちが本人の言葉をベースに(著者の偏向によるライバル批判などもなく)丁寧に書かれています

また、あとがきでは著者が長年に渡り羽生選手に見た考え方や心の持ちようをメソッドとしてまとめており、参考にできる要素として紹介していることも好感が持てました

オフや練習風景など写真も多数収録されており、大切に大切にしたい一冊になりました
コメント 160人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Doctor-HEX 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/3/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書を手にして感じるのは、まずその分厚さです。
この種のムックは100ページ強の物が多いのに本書は300ページを越えます。
それだけでも、著者と出版社の本気度がうかがえるというものです。
美しい写真と記事が、年代別に整理されているので、経歴などがとても分り易く、
彼の成長する姿と、偉業を成し遂げるまでの過程がよく理解できて、
私の様な羽生結弦初心者にも優しい内容となっています。
著者の野口三惠氏の「王者のメソッド」の記述も興味深い内容でした。
比較的低価格なのにも関わらず、豊富な写真と記事で充実の内容です。
彼が尊敬すべき若き王者である事を、再認識させられた貴重な1冊です。
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書は羽生選手へのインタビューを中心として構成された羽生物語として読む分にはおもしろいのだが、肝心の核になる部分王者のメソッドに疑問が残る。
結局のところ、著者の言う羽生選手の王者のメソッドってなんなんだろう?

本書で取り上げられたメソッドは確かに羽生選手自身が過去使ってきたメソッドであり、羽生選手を王者に導いたメソッドなのは間違いないのだろう。
だが、もちろん彼は王者になるためにこのメソッドを使ってきたわけではない。
結果として彼は王者になったわけだが、本書にしたためられているのはむしろ王者への道のり、あくまでも「挑戦者のメソッド」というべきものなのではないのだろうか。
いまだ進化の途中にある羽生選手にとって、本当の意味での絶対「王者の」メソッドはこれから作っていくものなのではないのか。

正直言えば、本書最終章の文章はとってつけたような文章で、あとがきにまとめられた成功メソッドは羽生選手自身の非凡さに比べてだいぶ凡庸なものに見える。

絶対王者に必要なものは、もはや、勝利ではない。
唯一無二の演技が幸せのかたち。

これらが羽生選手本人の言葉なのだろうか?
彼は自分は絶対王者になりたいと言ったのではなかったのか。

...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
あくまで野口さんの見解であると言う事を頭に置き、必ずしも”羽生選手本人が直接思いを綴った物ではない”と言う事を理解しておいた方が良いとも思います。これが彼の想いの全てではない。と言う事を…。

タイトルは一見すると、「王者」が考えるメソッドであると単純に読めてしまうが、
読み解いて行くと羽生選手が”王者だからこう考えるのだ。”と言う物ではなく、
羽生選手が”目指す”「王者」に近づく為の彼なりのメソッドを現在進行形で構築中なのだと理解できる本です。

彼はまだ道半ばで、自分はまだ自分の理想としている”王者”ではない、と言う事をインタビューでも答えています。
物事を断片的に切り取った形でしか報道しないテレビやネットニュースの記事では単純に彼を神とか絶対王者と銘打ってしまっていますが
野口さんの取材を元にした分析は、そう言った物とは別の切り口です。

筆者の野口さんも書かれていますが、この内容を本としてまとめようと考えたのは去年のグランプリシリーズが始まる前のチャレンジカップの1つ、オータムクラシックが終わってからです。(この本の特設サイトに野口さんの「自著を語る」に載っています)
羽生選手がまだ歴代最高点を出す前の話です。
ですので彼が「王者」であるから発行された本で
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック