通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
王様のベッド (ビーボーイコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

王様のベッド (ビーボーイコミックス) コミック – 2011/6/10

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 王様のベッド (ビーボーイコミックス)
  • +
  • 災厄のてびき (マーブルコミックス)
  • +
  • ヌレル  ─ イロメ (2) (ディアプラス・コミックス)
総額: ¥1,923
ポイントの合計: 42pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「きれいな顔だけどキツイな(; ̄д ̄)」
エンジニアの古賀が最初に思ったのはコレ。
片田舎の彫刻家・遠野は、見た目と違ってかなりの変わり者だった。
大雪に閉じ込められ、仕方なく泊まることになった古賀(実はゲイ)は、彫刻家の好奇心で「見せて、触らせて」と迫られる。
「勃ったら怒るだろ! 」とつい正直に怒鳴ってしまい…!?


登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: リブレ出版 (2011/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862639704
  • ISBN-13: 978-4862639707
  • 発売日: 2011/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
4
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
楽しみにしていた草間先生の新刊です〜(*^_^*)

それぞれのお話がリンクしていない3話が収録されてます。
どのお話もケガだらけですが、それがその後の展開の重要な理由づけされたものとなっています。
草間先生の作品にしては、2人の進行がゆっくりしているので、濡れ場は少なめです。

私的には 表題作の「王様のベッド」が一番好きでした。

ゲイの弟のラブラブを横で見ていて、ゲイに対しての免疫がある兄の設定も良かったですし、
「自分の好きな感じの体」とういのが、ゲイとして好きなのか、彫刻家として好きなのか
自分でも自覚していないウブな兄という設定も、不自然さはありませんでした。
人がめったに来ない山の上の一軒家。太陽光アレルギー持ちの彫刻家なので、引きこもり状態。
弟も、弟の恋人も「自分の好きな体」のタイプの男性ではない。
そりゃあ自覚するキッカケはなかなか無いですよね。

「弟はともかく、兄としては普通であらねば」という無意識の苦悩?の解決も、P40〜41の会話で、
気持の変化のキッカケとして、さりげなく入れてあるのが、草間先生すごいです。

しかし、他人としゃべるのが苦手なこのお兄ちゃん、
自分の
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 natiT 投稿日 2011/6/26
形式: コミック
3つある話の中でどれを表題作にするか決めるのは難しかったのでは、と思うくらい「王様のベッド」にはぐっとくるものはなかったのです。

個人的にぐっときたのは「花」です。何度も読み返したくなるお話で、くわえながら喋るというのがツボでした。カラーページをカラーで見たかったな。

草間さかえさんの作品は「マッチ売り」から入ったのですが、今では新作が待ち遠しい作家の1人です。印象が薄めでも大事な一冊になることは間違いなく、つまりはとても好きなのです。つよくおすすめします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 山の上→エンジニア系リーマン×彫刻家
 田舎町→中学生
 田舎町→高校生
 それぞれ、舞台となる土地には、自然が多く、
緑が豊かなシュチュエーションだ。
相手の髪に、花を飾り「似合わない」と笑ったり、
雪の中に埋もれた相手を、自分の身を省みず、探しに行ったり。
そんな自然を背景にして、進むお話には、
やはり作者の自然に向ける優しい目と同じように、
登場人物の心の動きが、繊細に優しく描かれています。
つぼみがゆっくりふくらみ、咲くように、
登場人物の恋心も、ゆっくり開花するような。
 設定はリアルなはずなんですが、どこかおとぎの国の
話のような気がするのは、主人公達の邪気の無い
相手を想う気持ちが読み手にきちんと伝わってくるからかな、とも思います。
 絵柄は、フリーハンドで描かれておりますが、
素っ気なくも、安定感のある線で、特に人物の背中のラインがきれいです。
コンスタントに描かれている作家さんで、頭が下がります。
いろいろなBLを読んできた方に、お勧め致します。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
3篇収録のコミックスです。
・「王様のベッド」…元々ゲイのエンジニア(攻め)と彫刻家(受け)
・「さくらんぼ」…キスもしてないし同級生でカップル未満。優等生受け(?)
・「花」…運動部の攻めと、訳あり同級生が受け
大雑把に解説するとこんな感じでしょうか。
私個人としては、「さくらんぼ」のお話が大変ツボでした。
キス直前で止まってるので、どっちが受けか攻めか分からない辺りが(笑)。攻めの子も、ちょっとへたれ気味なので、この先の2人の関係に期待したいところです。(描かれてませんが)
2人とも顔立ちがかわいいので、受け×受けな感じもあります(笑)。どちらかというと優等生君は「美人顔」かな?

「花」は、受けの「訳あり」部分が苦手な人もいるかもしれません。
でもそこもひっくるめて、受けの「陰」になっていて、魅力的です。
受けが「陰」なので、攻めの「光」が救いになっているような印象。

表題作は少し印象が薄いです(私には)。キャラクターの心の動きが唐突だと感じます。
攻めが身体を彫刻家にペタペタ触られてるところはそこはかとなくエロスですが、このお話はキス止まりです。
書き下ろしはこの漫画の後日談です。

エロ度はかなり低い単行本だと思います。(最後までやってるのは「花」だけですから)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック