¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
王と鳥―スタジオジブリの原点 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

王と鳥―スタジオジブリの原点 単行本 – 2006/8

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 349

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 王と鳥―スタジオジブリの原点
  • +
  • 漫画映画(アニメーション)の志―『やぶにらみの暴君』と『王と鳥』
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 103pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

フランスの国民的映画監督ポール・グリモーと『天井桟敷の人々』のジャック・プレヴェールのファンタジーが現代へ放つ警告。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

高畑/勲
1935年生まれ。アニメーション映画監督。59年東映動画に入社し、映画『太陽の王子ホルスの大冒険』(68)を演出(監督)。以降、日本アニメーションでテレビシリーズ『アルプスの少女ハイジ』(74)、『母をたずねて三千里』(76)、『赤毛のアン』(79)を演出(監督)、映画『じゃりン子チエ』(81)『セロ弾きのゴーシュ』(82)、『柳川堀割物語』(87/ドキュメンタリー)、『火垂るの墓』(88)、『おもひでぽろぽろ』(91)、『平成狸合戦ぽんぽこ』(94)、『ホーホケキョとなりの山田くん』(99)を監督

大塚/康生
1931年生まれ。アニメーター。東映動画で『白蛇伝』(58)、『わんぱく王子の大蛇退治』(63)などの原画を担当。『太陽の王子ホルスの大冒険』(68)で作画監督を務めた後、東京ムービーを拠点に、テレビシリーズ『ムーミン』(69)、『ルパン三世』(71)、『未来少年コナン』(78)、映画『ルパン三世カリオストロの城』(79)、『じゃりン子チエ』(81)の作画監督を歴任。現在はテレコム・アニメーションフィルムで技術顧問を務め、国内外のスタジオや専門学校で後進の指導にあたる

叶/精二
1965年生まれ。映像研究家・亜細亜大学講師

藤本/一勇
1966年生まれ。早稲田大学文学学術院助教授・フランス哲学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 96ページ
  • 出版社: 大月書店 (2006/08)
  • ISBN-10: 4272612190
  • ISBN-13: 978-4272612192
  • 発売日: 2006/08
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 505,518位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
主要国際映画祭での受賞やジャパニメーションなるカテゴリーの確立など、今や一部のマニアのみならず、世界的評価が定まった感のある日本アニメ。中でもスタジオ・ジブリは、子供が楽しめるだけでなく、大人までも十分に唸らせてしまう質の高い作品群で、そのジャンルを牽引してきたと言えます。

私も「ルパン三世/カリオストロの城」を初めて観た時は、その完成度の高さに驚嘆しましたが、ずっと後になってDVDで「王と鳥」を観て、実は元ネタとなる作品が既に存在していたということに気付かされました。特に、孤独な独裁者が暮らす城の構造や様々な独創的な仕掛け、はかなげな少女への横恋慕など。

彼らの制作のモチベーションの発端に、フランスのポール・グリモー監督による唯一の長編「やぶにらみの暴君」(後に「王と鳥」に改作)があることは、もっと知られてよいでしょう。それは、ジブリ作品のオリジナリティの根底を疑うということではもちろんなく、世界アニメ史の正統な継承者として日本人が活躍していることを誇りに感じるべきだという意味で。

本書ではまず、その粗筋が紙芝居風に紹介されますので、未見の方でもご安心を。続いて、映画のデータやテーマの解説が4編収められています。

前記DVDも監修していた高畑勲氏が、作品から受けた影響を熱く語る最後の1編がやは
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
せっかく読みたかったけど、コンビニ受け取りの暗証番号が届かず、受け取れなかった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
story

民衆から嫌われ、民衆を嫌う孤独な暴君。美しい娘の絵を見るのが唯一の楽しみだった・・・

point

その昔、「やぶにらみの暴君」と呼ばれていた作品です。とても音がいい邦題だと思うのですが、時代に合わないんでしょうね。宮崎駿さんや高畑勲さんをアニメに誘った秀作です。昔のアニメって手描きで色を付けてるので、質感があって絵画が動いているようです。

絵から逃げ出した羊飼いの娘と煙突掃除の青年、そしてそれを追う自画像から飛び出した暴君。すばらしく詩情溢れる情景です。(
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ジブリの原点、という内容が主だが、後半部で、フランスのエスプリのきいた寓意や風刺のこめられたこの作品フランス文学者の先生の「タキカルディ王国にならないために」という解釈がつく。わかりやすく、現代社会の分析もあわせて解釈が展開され、しかも、この解釈を鵜呑みにするのではなく、読者もまた次の解釈をして行けるのだ、とあり、プロパガンダ的に「読まされた」という感じにならない。映画のサイトの谷川俊太郎やこうの史代、岩井俊二のメッセージもいい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告