通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
王とサーカス がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

王とサーカス 単行本 – 2015/7/29

5つ星のうち 3.9 59件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,734 ¥ 630
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 王とサーカス
  • +
  • 真実の10メートル手前
  • +
  • 満願
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 154pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり……。「この男は、わたしのために殺されたのか? あるいは――」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?

『さよなら妖精』の出来事から10年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 413ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2015/7/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488027512
  • ISBN-13: 978-4488027513
  • 発売日: 2015/7/29
  • 梱包サイズ: 19.4 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,678位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
さよなら妖精もそうでしたが、氷菓や小市民シリーズと比較するとシリアスな内容です。
さよなら妖精に出てきた大刀洗万智が主人公で、フリージャーナリストとなった彼女が
外国の地で事件の取材をする中で、謎を推理し解いていく内容です。
米澤さんの作品は、言葉で表現し難い人の内面や心情を描いたものが多く、そこが大きな魅力だと思いますが、
王とサーカスについても様々な人々の表には出さない心情が描かれていきます。
きちんと伏線が張ってあるので薄々そうではないか?と展開が読めてしまったのが
少し残念だった点。また、氷菓のような作品を期待している人には少しズレを感じるかもしれません。
氷菓が好きなら小市民シリーズの方をお勧めします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この作品で作者のうまさを強烈に感じたところが2か所ありました。1つめはクラブジャスミンで取材対象の軍人から諌められるところ。主人公は初対面の自分を叱ってくれるその人をやさしい人物と評しています。普通、同じ場面で初対面の人から叱られてその相手をやさしい人物と評することができるでしょうか。できるとしたらその人は素直でインテリジェンスの高い人物です。今は駆け出しでも将来の飛躍、可能性を想像させます。次に取材をすることの意味について考えるシーン。自分の書く情報がとるに足りないものではないか、と思い悩むが、前に進む答えを得るシーンです。たとえつまらない記事でもその記事を書くことで完成(真実)に近づくはずだという信念。これはそのままこのミステリーにも当てはまるはずです。数多くのミステリーが生まれ、驚くべきトリックが考案される。もう、どうしても新規性のある作品は書けない。それでもこの作品を書く必要があるのか。ある。それがこの作品に込められたもう一つのメッセージだと考えました。これは我々の仕事にもそのまま当てはまるはずです。この問題はつき詰めていくと生きる意味につながっていくと思います。そう、それでも生きる意味はあると思うのです。謎解きだけはなく、深く考えさせてくれる作品でした。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
フリーランスの記者となった太刀洗万智。ネパールのカトマンズで王の一家が殺される事件に巻き込まれる。万智はネパールの軍人の一人に接触することに成功。だがその軍人は殺害され、遺体を晒される。犯人はもちろん意外な人なのだが、その謎解きなんかどうでもいいと思わせるほどのミステリがネパールという国に潜んでいる。また、最後に意外な人物が、思いもよらない秘めた感情に胸を締め付けられる。いや、本当は気づかなければならないのかもしれない。正論が人々を不幸にすることに。ジャーナリストとなった万智には正論を語るしかない。真実と正義を報じるしかない。ジャーナリストの仕事の苦悩も本書では味わえる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2001年のネパールのカトマンズで実際に起きた王族殺害事件を基にして、ジャーナリズムや作者自身の職業である作家(芸術家)のあり方をミステリ・タッチで問い掛けた作品。物語はたまたまカトマンズを訪れていたフリー・ジャーナリト太刀洗の視点で描かれる。前半はカトマンズの風俗や社会環境が丹念に描かれ、風俗小説の趣きを呈しているが、この中に作品のテーマや以下で述べる事件のヒントが潜んでいる事は読んでいて一目瞭然だった。特に、登場人物の描き方が素直過ぎる点に拙さを覚えた(作品のテーマや本作がミステリ指向ではない事を隠すつもりは無かったらしい)。

王族殺害事件の直後に起きた、王宮警備の軍人殺人事件の犯人・動機捜し、軍人殺人の直前にその軍人にインタビューをし、事件に巻き込まれた太刀洗の身の危険を中心に描いてはいるが、ミステリ的には大した事はない。やはり、ジャーナリズムのあり方に対する根源的な問い掛けが本作の本質であり、"あとがき"を読むと、この問い掛けは作者の積年の思いだったらしい。その思いこそ伝わっては来るものの、物語(ミステリ)として面白くなければ意味がない。作中でも、金銭的利得(あるいは社会的名誉)とジャーナリトとしての使命との間で揺れ動く太刀洗の心理が描かれているが、この揺れは作者自身のものでもあるのだろう。

しかし、本テーマを敢え
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
確かに一機読みさせるだけの作品でした。面白かったです。
確かにどんでん返しを重ねて引っ張ってくれるのですが、通低音としての報道とはの問いの答えが
ごまかしてはいない分、開き直りで締めたような感じで、いまいちすっきりしませんでした。
これはミステリーとしての評価とは違うポイントかもしれませんが、途中の問答をどう落とすのか結構気になっていたので
そこで★ひとつ減らしました。でも自分も報道を消費する大衆の一人に過ぎず、正解があるとも思えないでので
無いものねだりだとは思いますが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー