中古品
¥ 359
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★迅速対応します。発送はメール便になります。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

玉兎の望 単行本 – 2012/11/9

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 6,550 ¥ 359
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

鉄炮鍛冶の藤兵衛が暮らす琵琶湖の湖北、国友村。怠惰な年寄方と貧しさに喘ぐ平鍛冶衆の不和が江戸にまで聞こえるほどになり、幕府の発注も止められかねなくなっていた。危機感を募らせた藤兵衛は、ある秘策を思いつく――のちに一貫斎の号を賜り、日本で初めて火を使わない鉄炮「気砲」を作った名鍛冶師、国友藤兵衛の、一途な人生を描く傑作長編。
小説現代長編新人賞受賞作。朝日時代小説大賞も受賞した大型新人のデビュー作!

内容(「BOOK」データベースより)

琵琶湖の湖北、国友村。鉄炮を幕府に納めるこの村では扶持の半分を年寄四家が独占、平鍛冶の藤兵衛は、想いを寄せる人の身売りを止めることもできないほどの貧困に喘いでいた―時の将軍にも重用された伝説の鍛冶師、奇跡の人生を描く長編ロマン。第7回小説現代長編新人賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 290ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062181029
  • ISBN-13: 978-4062181020
  • 発売日: 2012/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 14 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 480,717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本で始めて火を用いない気泡を作った伝説の鍛冶師・藤兵衛の
半生を綴った長編の伝記です。
働いても働いても年寄り四家に金を詐取され貧困に喘ぎ、
好きな人の身売りさえも止められず前半の藤兵衛の苦労は
並大抵ではありませんがその才気と能力もまた桁外れで
藤兵衛はどんどん出世していきます。
詐取していた年寄り四家が没落する様子は小気味が良かったです。
身売りをされたおサヨの見受けも芸妓になった身の上では
藤兵衛の手にしたはした金ではままならずかわいそうになりました。
ノンストップで頁をめくる手が止まらず一日で読みました。
久々に感動の伝記ものに出会えました。
著者の今後に期待します!!
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
我国初の気泡を作った国友村の鉄砲鍛冶・藤兵衛の一代記として、大変興味深く読んだ。新人賞に挑戦する作品らしく、行き届いた資料調べと気迫のこもった筆致には好感を持つ。
ただ小説的には、村を支配する年寄四家の没落で溜飲を下げ、身売りされた恋人を藤兵衛を認める藩主が身請する等、史実に基づかない都合のよい展開が気になった。また、前半の試練を乗り越える苦難の展開の読み応えに比べて、後半はトントン拍子で歴史的事実が語られるにとどまり、物語としては、やや精彩を欠いているように思われた。
書き始めの意欲を持続することはプロでも難しいので、そのあたりを克服すれば、この作者は今後ますます期待できる歴史小説の書き手になられると思う。期待したい。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す