中古品
¥ 258
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【FBA商品】アマゾンジャパンが出荷対応いたします。送料無料です。【商品】除菌クリーニング済み。管理シールを貼付(再剥離可能)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

獣神演武 1 (1) (ガンガンコミックス) コミックス – 2007/8/11

5つ星のうち 2.9 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,377 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

国乱れ、荒ぶ世に民泣く時、起つべき者が現れる。少年の名は岱燈、彼もまた宿命の中にいた!! 荒川弘が新たに描く武侠ロマン!!


登録情報

  • コミック: 174ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2007/8/11)
  • ISBN-10: 4757520654
  • ISBN-13: 978-4757520653
  • 発売日: 2007/8/11
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazon Customer 投稿日 2007/11/24
形式: コミック
何も知らずに荒川弘の新作と思って購入したのですが、読んでみてイマイチな感じに少々戸惑いました。ありがちな設定、深みに乏しい展開等々...。原作があると知って少しほっとしました。荒川弘がこの作品に携わることのメリットって何なのでしょうか。荒川弘が今現在、表現したいことがこの作品で語られているとは思えません。本当に実力のある漫画家というのはとても貴重な存在で、それに当てはまる荒川弘には、自分が本当に描きたいものを描いて欲しいと思うのですが...。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
何故、今、荒川弘がこんなマンガを描かなければいけないのか。
読みやすい。絵もきれいだ。キャラもまあ立ってる。ギャグなどもこなれている。

しかし上っ面ばかりに見える。
初めて「鋼〜」を読んだ時に感じたような、迫ってくる大きな、重いものがない。
表題作のインパクトが作家を不幸にすることもあるのはわかるけど、荒川氏は絶対にもっと「描ける」作家なのは確か。
…それって原案がマンガに釣り合う魅力を持って無い、ってことじゃない?

こういう「普通のマンガ」が嫌いなわけではないし、なければいけないとも思うけれど
「今、荒川弘が時間を割いて描かなきゃいけないマンガがこれかぁ?」というのが偽らざる感想。
「鋼〜」の息抜きというならメディアミックスとか原案とか、しがらみから離した方がいいんじゃ。

全く事情は知らないけれど、一読者として読後に首をひねってしまう。皆さんの言うことも最もだなあ、と思う。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 newsheep VINE メンバー 投稿日 2007/8/15
形式: コミック
普通の少年漫画としてなら、並より上くらいだと思いますが
荒川氏の漫画として見ると、評価は皆さん厳しいようですね。

(一応知らない人のために)この漫画は、原案、シナリオ、美術設定は
別人がやっており、「荒川氏は作画のみ」ですので、それを前提に
読んでください。

既にアニメ化が決まっているようですが、小中学生あたりの子供だったら
王道ですし、結構人気も出るのではないかと思われます・・・。
ストーリーは里見八犬伝みたいな感じで、先も読めてしまうのですが
こういうのは昔からそこそこ人気はありますし。
商売としての読みはそれほど外してはいないと思います。

やはりシナリオ・脚本・登場人物の性格まで含めて、少なくとも
今の段階では、ありきたりなのが致命的ですね。
そこを荒川氏の技量で補っていることで、かなり救われています。
随所にある軽妙なギャグとか作画はかなり楽しませてもらいましたし。

個人的には荒川氏には「鋼の錬金術師」の方に全力投入していただき、
こっちの方は息抜きで楽しみながら作画をやってもらえればいいかなぁ、
て感じです。それはそれで楽しめますので。

とは言え
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2007/8/14
形式: コミック
三流の脚本家と超一流の漫画家を化学反応させた結果何が起こるか?
その1つの答えがこの「獣神演武」だ。
作画は当然最高レベルなのに読んでいても少しも面白くない。話がつまらないのだ。台詞がありきたりなのだ。
これは脚本で話の大まかな流れだけでなく台詞まで細かく指図した脚本家の責任である。
そのくせ単行本に表示される作者名は「荒川 弘」とだけ書かれている。
単行本派で、作者「荒川 弘」と確認したから本書を買った者からすれば当惑せざるを得ない。
作者=原作者と思われて何のメリットもない荒川氏を見ているとどうしても言わずにおれないことが四つある。
ひとつ。「漫画家はなあ、お絵描き屋さんじゃあないんだよ!」
ふたつ。「脚本が荒川氏に渡され、荒川氏がその脚本を読んだ時点で、『だめだこりゃ』と思わない訳はない」
みっつ。「にもかかわらず荒川氏に『プロ漫画家の誇りにかけて、この仕事は請けられません』と言わせない諸々のシガラミに対して怒りを禁じ得ない」
よっつ。「目先の欲に目が眩んだガンガン編集部が憎い。本来なら荒川氏の力量、キャリアを念頭に置き、釣り合わない仕事のオファーから荒川氏を守るのが編集部の役目だろうに」
本書の評価は荒川氏の作画技術に対して星5つ、脚本に対してマイナス星2つ、合算して星3つを進呈する。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー