通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
獣の奏者 (3)探求編 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

獣の奏者 (3)探求編 単行本 – 2009/8/11

5つ星のうち 4.3 47件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 3
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 812 ¥ 193

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 獣の奏者 (3)探求編
  • +
  • 獣の奏者 (4)完結編
  • +
  • 獣の奏者 II 王獣編
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“あの『獣の奏者』待望の続編がついに登場!” 降臨の野からエリンはどこへ向かったのか。人と獣という、永遠の他者どうしが奏でる未知の調べが響いたとき、この世に何が起こるのか。待望の続編2冊同時刊行!

内容(「BOOK」データベースより)

あの“降臨の野”での奇跡から十一年後―。ある闘蛇村で突然“牙”の大量死が起こる。大公にその原因を探るよう命じられたエリンは、“牙”の死の真相を探るうちに、歴史の闇に埋もれていた、驚くべき事実に行きあたる。最古の闘蛇村に連綿と伝えられてきた、遠き民の血筋。王祖ジェと闘蛇との思いがけぬつながり。そして、母ソヨンの死に秘められていた思い。自らも母となったエリンは、すべてを知ったとき、母とは別の道を歩みはじめる…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 490ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/8/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062156326
  • ISBN-13: 978-4062156325
  • 発売日: 2009/8/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 231,668位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
3、4巻の評価に、読まなければ良かったと書かれている方がおられるので、読むのを躊躇っているという方は参考にして下さい。

私は番外編含め全5巻読み終え、大変満足しています。
2巻の終わりは私には美しすぎて逆に作り物めいて感じました。あれほどの力を見せつけて真王の口約束だけで軍事利用を逃れられるとは思えないし、闘蛇や他の王獣達の行く末にも触れられず、闘蛇の死因や過去の災いなど色々なことが謎のままで、世界が小さく閉じられたままの印象を抱いたからです。だから、2巻までを読み終えた当時は一人の少女の成長の物語として面白く思ったものの、すっかり忘れていました。続編がでている、しかもエリンは大人になっていると知り、改めて初めから読んでみて伏線の回収は勿論のこと、より深いテーマを持った物語になっていると思います。
子の視点から母の視点へ。
一国の問題から世界の問題へ。
少女と傷ついた獣、からひとを含めた生き物というものへ。
確かに、全ての思想に共感できるわけではないし、理不尽で息苦しい展開もあって、読んでいて心が軽くなるような物語ではないです。むしろ、読後は何か重くて冷たいものが胸にどっしり乗っかって苦しいほど。でも、登場人物たちの言葉や行動、信念が自分の心の中に残って、ふとした時に引っかかってくるんです。あれってこういうこと
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
獣の奏者1,2巻に引き続き読んだが、武器?の名前は違うけれど、現実世界にも通じる何かがあるように思われるファンタジー。上橋さんの持つ世界観は、ほんとにすごい。
さぁ、続きを読もうっと!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 田中充成 投稿日 2014/12/26
形式: 単行本 Amazonで購入
中学生のこどもが読むために購入しました。
子供からの反応は、特に有りません。こんなものか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アンデルセン賞を取ったというNHKの番組を観てはじめ上橋菜穂子の存在を知りました。
そしてためにしに「獣の奏者」シリーズを購入して読んでみました。

読んでみて児童文学ですが大人でも十分楽しると思いました。
久しぶりにいい本を読んだという感じです。

なにが良いかというと、ファンタジーなのだけど
中国とアメリカの関係のように争いあう現在の社会情勢の根本問題、
そして人間の愚かさと希望を
適格にとらえているように感じたからです。
児童文学となっていますが、子供だけに読ませるには勿体ない作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「闘蛇編」「王獣編」から11年後の話。
カザルムで教導師になっているエリンに、
闘蛇の大量死の調査の依頼が舞い込んだところから今回の話は始まります。

どうして闘蛇はある時大量死するのか、
母ソヨンはや霧の民は何を隠していたのかが少しずつ解明されていきます。
調査をすすめる中で、
人の手による闘蛇の繁殖の技が
隣国ラーザにもれてしまっている可能性があることが分かったため、
真王セィミヤからとうとう王獣部隊を編制するよう要請されたエリン…
ここから彼女の葛藤が始まります。

元堅き楯(セ・ザン)の夫イアルと息子のジェシも否応なく巻き込まれていき、
どのように話が展開していくのか目が離せません。
1 コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
地球に似た、いくらか重力の小さな世界を舞台に、獣と共に生きることを決めたエリンと過酷な運命との相克を描く大河小説の第3部(全4部)です。

第2部の終幕から10数年、かつてエリンの母が刑死する原因となった闘蛇の大量死が再び起きます。一児の母に、そして生物学の教師となったエリンは、原因の調査を命じられます。結果、闘蛇と王獣の人工繁殖を阻むメカニズムが明らかになり、王獣規範や闘蛇衆の掟の存在理由、建国神話の謎があらためて浮かび上がります。そしてリョザ神王国の内外にある政治問題に、否応なく巻き込まれていく。

前半は探求系のドキュメンタリーやミステリー小説のような趣き。闘蛇も王獣も架空の生物ながら、地に足の着いた記述が積み重ねられており、地道な調査を通じて次第に謎が解き明かされていく過程にワクワクします。後半は一転して、逃亡劇に。希望を求めて神々の山脈を目指すエリンと、後を追う家族の歩みが胸に迫ります。

「獣の奏者」はエリン10歳から19歳までを描く「I 闘蛇編」「II 王獣編」でいったん物語は収束、30歳以降を描く「III 探求編」「IV 完結編」は新たな展開を描きます。闘蛇編・王獣編には
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー