¥ 617
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
獣の奏者(11)<完> (シリウスKC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

獣の奏者(11)<完> (シリウスKC) コミックス – 2016/4/8

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 311
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 獣の奏者(11)<完> (シリウスKC)
  • +
  • 獣の奏者(10) (シリウスKC)
  • +
  • 獣の奏者(9) (シリウスKC)
総額: ¥1,851
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

上橋菜穂子×武本糸会が贈る珠玉の本格ファンタジー!!!闘蛇(とうだ)‥‥それは戦闘用の偉大なる獣。王獣(おうじゅう)‥‥それは王の威光を示す神聖な獣。エリンの母は、戦闘用の獣(けもの)である「闘蛇(とうだ)」の世話をする有能な医術師。だが、ある日その闘蛇が全て死んでしまった!母はその責任を問われ、裁きにかけられることになるが‥‥!人を恐怖させ、また、魅了する、神秘的で獰猛な「獣」。その存在に魅せられた少女・エリンの運命がここに廻(まわ)り出す!

真王(ヨジェ)と大公(アルハン)の雌雄を決するその時、降臨の野(タハイ・アゼ)でセィミヤが見たものはーー。そこから生まれた決心がこの国の歴史を動かした…!そして、セィミヤとこの国を守るため、エリンはリランとともに飛ぶ!獣を愛し、心を通わせたいと願い続けた少女の物語がここに完結する!!

著者について

武本 糸会
漫画家。「少年シリウス」にて『獣の奏者』(原作・上橋菜穂子)を連載中。その他の作品に『ぼくと未来屋の夏』(原作・はやみねかおる)、挿絵作品に『少年名探偵WHO-透明人間事件-』(原作・はやみねかおる)など。
上橋 菜穂子
東京都生まれ。立教大学文学部卒業、立教大学博士課程単位取得退学(文学博士)。
女子栄養大学助手を経て、現在、川村学園女子大学教授。
専攻は文化人類学で、オーストラリアの先住民アボリジニを研究。


登録情報

  • コミック: 178ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/4/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063906175
  • ISBN-13: 978-4063906172
  • 発売日: 2016/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
原作を全て読み終え、続けてコミックスを読み進めました。
漫画で改めて物語を追ってゆくと、何かこみ上げてくるものがあり思わず涙しそうになり……。
原作の雰囲気をそのままに完結できた、とても良い作品でした。

エリンはイアルを「冬の木立」と称した通り、どこか枯れた印象もよく
ユーヤンが思っていた以上にスマートだったりと、漫画ならではの違った驚きもありました(笑)
王獣の可愛らしさもさることがら、幼獣が何とも可愛らしかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
原作を読んでとても面白かったので、人にすすめたのですが、小説は長く挿し絵も無いため、なかなか読んでもらえませんでした。

そんな時漫画があることを知り読んで見たところ、原作そのままの内容で、絵も良かったので迷わず1巻から購入しました。

漫画なら読みやすいだろうとすすめると、面白い!と夢中で読んでくれました。

本を読むのが苦手な人には、漫画でおすすめできる素晴らしい作品でした!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
原作を読んだのはもうだいぶ前ですが、色々思い出される・視覚化されることで新たな感動がありました。
小説を漫画として表現した形で最高の出来だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
獣の奏者のコミック版の第11巻にして最終巻。文庫本の獣の奏者II王獣編の終章“獣の奏者”の2“弦の調べ”(p431-456)の全26ページをカバーしているが、これまでのコミック1-10巻では、この倍以上の原作のページをコミカライズしていたので、本巻が実に丁寧に描かれているかがわかる。最初にカラーページが一枚挿入されているのは本巻だけのサービスで、本巻のハイライトのページがカラー化されており、これまで10巻を読み継いできた読者にとっては作り手の思いが伝わり、これが最終巻なのだという思いで読む前から特別な気持ちになる体裁。本作のハイライトはまずp75からの10頁で、文庫では1頁(p446)の部分、エリンが王獣にまたがり、はるか上空から闘蛇軍を俯瞰する場面は空の高さと戦場の広さが感じられ見事。文庫本の最後の6頁は、本巻では52頁にわたって描かれ、結末を知っていても、何度読み返しても涙が止まらないほどの感動が得られる。第10巻で「すべての生き物が共有している感情は愛ではなく恐怖である」と絶望したエリンが、愛に助けられ、愛を信じていく姿は感動的。コミック版は、もはやこれなくしては原作を語れないほどの作品になったといえ、原作者の上橋菜穂子も「武本さんは私が望む以上の光景を描いた」と1頁のコメントを巻末に掲載している。エリンがリランに寄せる以下の想いは、相手を人間同士に替えてもあてはまる名言。<...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
原作を見てから読んだら最高です。
できれば続きもコミック化してほしい…
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告