この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

獄門島 [DVD]

5つ星のうち 4.7 50件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 6,499より 中古品の出品:5¥ 2,780より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で獄門島を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 石坂浩二, 司葉子, 大原麗子, 太地喜和子, 佐分利信
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2004/05/28
  • 時間: 141 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 50件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001W8HU2
  • JAN: 4988104022325
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,680位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   市川崑監督、石坂浩二主演の横溝正史原作シリーズ第3弾。瀬戸内海に浮かぶ獄門島で起こる連続殺人事件に挑む名探偵・金田一耕助の活躍を描いていく。真夏の孤島の暑さを思わさずにいられない映像美と、それを凌駕(りょうが)するほどゾクゾクさせられる猟奇的事件との対比がいい。俳句をもとにしたトリックの見せ方も秀逸。

   また、今回はあえて原作と異なる犯人を設定し、市川監督版シリーズ独自の、なぜ犯人が犯行に及んだのか、という哀しい人生模様の色を出すことにも成功している。またシリーズ3作目ともなると、脇を固める常連キャストの演技も、それぞれ一段と味わい深くなっており、それがまた魅力を深めるポイントになっている。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

本鬼頭と分鬼頭が対立する獄門島へ来た、金田一耕助が、連続殺人事件にまきこまれる姿を描いた作品。出演は石坂浩二、司葉子、大原麗子ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Ken 投稿日 2013/5/24
形式: DVD
 市川崑の金田一映画に欠かせぬ女優、坂口良子。

 旅館の女中役が多いが、「獄門島」では床屋の娘役。いつもの通り、覚えたセリフの棒読みのような、そうでもないような、不思議なしゃべり方がいいですねえ。「入船も出船も絶えて島の夏」(お七ちゃん作)

 こんなかわいい人が若くして亡くなるとは。田中好子の時もそうだが、神様は時々残酷なことをするなあ、と改めて思いました。

 「アイちゃんが行く!」のアイちゃん、「俺たちの勲章」のお茶くみの女の子、などテレビでも活躍していたけど、やっぱり映画。

 もう一度劇場の大画面で、石坂金田一とからむ坂口良子を見たいなあと、DVDの小さな画面を見ながら思いました。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
現在アメリカに住んでおります。最近いい映画に出会っていないので、この機会を利用して日本の古い映画を鑑賞しております。「獄門島」は以前日本にいる時に何度か借りて観ましたが、何だかまた無性に観たくなったので、この度購入いたしました。市川崑が創り出す美しい映像と共演者の素晴らしい演技は永遠に不滅です。日本に生まれて本当によかった、日本人の心を持って観るとよりいっそういい映画ですからね。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nody トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/8/11
形式: DVD
市川監督らしいスタイリッシュでケレンと様式美の横溢した演出。
素晴らしいキャスト。
これで犯人の設定が原作通りなら『獄門島』映像化の決定版になり得たのに・・・ただただ残念。
特に原作の最も面白い部分が放送コードの問題で、近年の映像化では省略されてしまう傾向にある為なおさら惜しまれる。
『犬神家』よりも『獄門島』を市川監督には原作に忠実にセルフ・リメイクして欲しかった。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画が面白いのは今更言うまでもありません。日本映画史に残る名作です。特に女優陣!大原麗子と司葉子の美しさは必見。しかしながら美しいだけなら現在活躍している女優さんも負けてはいないのですが、やはり昭和時代の女優さんは演技が素晴らしいです。日本映画が一番張り摘めていた時代を生きた俳優さん達は映画の中でお互いに刺激しながら成長していたんでしょう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 個人的に忘れられない作品。
 原作でも感じられる「日本の夏」の懐かしさを映像、音楽、キャスト全てで満たした傑作だと思います。当時29歳の大原麗子の早苗さんも、その後の彼女とは異なる初々しさが感じられます。夏になると、無性に見たくなる映画です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sleepy トップ1000レビュアー 投稿日 2015/1/9
形式: DVD
夏が来れば思い出すこの映画(いまは1月ですが・・)。島ではなく瀬戸内ではありませんが、本作を観る度に盆正月に帰省していた父の郷里を思い出します。前は海で少しの平野の背後には山がそびえているところです。漁も盛んだったようです。私が幼少の頃はまだまだ開けてはおらず、じじばば(失礼)の戦中戦後の話も耳にしておりました。本作はあの戦争が大きな役割を果たしています(それは市川=石坂金田一の『犬神家の一族』『悪魔の手毬唄』などにも影を落としていたと思います)。復員、本家と分家、隠居、網元・・。このような言葉は普通に耳にしていた(はず)のこともあり、
本作が身近に感じられるのでしょう。

小林昭二さんのナレーションに合わせて語られる獄門島の由来。そして原爆投下の実録フィルム。その映像処理。それに続く漢字の配置が独特ないつものオープニング・クレジット。素晴らしいプロローグに引き込まれます。『犬神家の一族』の大野雄二の音楽は最高でしたが、軽快な本作の田辺信一のテーマ曲もまた違った味わいで負けてはおりません。『女王蜂』『病院坂の首縊りの家』も手掛けました。

周囲二里ばかりの曰く因縁のある小島、獄門島。本鬼頭(ほんきとう)と分鬼頭(わけきとう)の対立。時代は昭和21年。ゴーゴンのような「本家」の異様な三姉妹の連続殺人。『犬神家の一族』『女王蜂』等に比し
...続きを読む ›
6 コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」に続く、市川監督×石坂金田一シリーズ第3弾!

トリックやストーリーなど完成度からすると『悪魔の手毬唄』に一歩譲りますが、

加藤武氏ら豪華競演陣やシリーズとしてのお約束を楽しめます。

特に大原麗子、坂口良子ら女優陣の美しさ、3姉妹のにぎやかさなどがフィルムで際立っています。

今回は「島」が舞台であるための旅情や、大原麗子、坂口良子らの島の外への憧れも感じられます。

本作DVDも、映像特典の特報、劇場予告編(これらには本編で使用されないカットもある)、

劇場パンフレットからの抜粋(文章採録・・・今回も横溝正史氏によるコメントが興味深い、撮影裏話他)、

モノクロスナップ集(50枚超)も撮影中のスナップ、スチールを多数収録、必見。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー