日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

獄に咲く花

 (10)1時間34分2010G
1854年、激動の幕末期、寅次郎は黒船でのアメリカ密航を計画するが失敗し、長州・萩の武家専用牢屋敷の野山獄に投獄される。彼は獄中で、武士階級でありながら身分の低い者たちと交流した罪で捕えられた久と出会う。二人は今まで誰も生きて出られたことのない悪名高い牢獄で、少しずつ交流を深めていくが……。 (C)2010「獄に咲く花」製作委員会
監督
石原興
出演
近衛はな前田倫良目黒祐樹
ジャンル
ドラマ
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

体験期間後はAmazonのプラス松竹 (¥330/月額)の会員特典

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ザ・マスクド・シンガー』9月3日20時、独占配信開始!

「WHO IS BEHIND THE MASK 歌っているのは誰だ!?」マスクをかぶり完全に正体を隠したスポーツ界の英雄、J-POPのレジェンド、主演女優、芸人など誰もが知っている12人のスーパーセレブがその歌唱力と奇想天外なパフォーマンスを競い合う。あなたは誰が歌っているのかを当てられるか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
赤座美代子池内万作勝村政信仁科貴本田博太郎神山繁
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.9

10件のグローバルレーティング

  1. 49%のレビュー結果:星5つ
  2. 12%のレビュー結果:星4つ
  3. 22%のレビュー結果:星3つ
  4. 18%のレビュー結果:星2つ
  5. 0%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

κ2017/09/23に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
この映画のおかげで、なぜ囚人であった吉田松陰がほかの囚人と一緒に学ぶことができたのかがよくわかった。
確認済みの購入
萩市にいって松陰神社を訪れた。
それでこの作品をみることに。
中身はしらなかった。
半分がほのかな愛。
この映画のおかげで、なぜ囚人であった吉田松陰がほかの囚人と一緒に学ぶことができたのかがよくわかった。
百姓の野山獄ではいまと同じようにまとめて入れられる。
ぜひ、この映画をみた人は萩市を訪問されることを強くオススメする。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
福島県民2011/01/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
高須久さんにスポットをあてたドラマ
確認済みの購入
その時歴史がでも紹介されていた高須久さんを中心に画いています。
お互いを尊重しあう純愛の物語です。
実在した高須久さんが松陰に影響を与えたという。この方が身分の差を超え、草莽崛起(そうもうくっき)を源とした「奇兵隊」の原点にもつながるのではと考えられているようです。
その時、そして蒼天ともにみて、より理解が深まりました。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mimi2014/01/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
感動しました。
何回も見ましたし、映画館で見たかった作品です。
松陰先生と高須久さんのお互いに惹かれあう様子が良くわかりました。
萩へは何度も行ってるため、野山獄、松陰先生の誕生地、高須久さんの生家、等場所を思い浮かべながら見入ってしまいました。
蒼天…、その時…と合わせて見ると面白いです。
書籍「いかで忘れん」が獄中講和、俳諧のやりとりから二人が心を通わせていき、松陰先生を鮮烈に描かれてます。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Kalucky2010/10/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人を感化する力とは
いい映画なのに、上映館が少なくて残念に思った作品です。
近衛はなさん、とてもいいです。
時代の雰囲気というか、幕末時代はきっとこんな時代だったんだろうな、という想像を掻き立ててくれる映画でした。
映像(画)へのこだわりが垣間見られる映画でもあります。
『蝉しぐれ』のドラマ版に感動し、映画版に落胆した人ならば、そして、松陰先生のファンならば、決して観て損はないはずです。
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yoshioki62010/07/29に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
買い、ですか?
坂本龍馬が巷間を賑わせている昨今、それとはなんの繋がりもないのかもしれませんが、なければ唐突(個人的に知らないだけかもしれませんが)な吉田松陰の最期を描いた作品です。ただ、演出というのか、画面の処理というのか、音楽でいうところのアレンジにあたるような部分が古くさいというか、なにかついて行けないところがあって(たとえば、画面の左右から手が伸びてきて手を繋ぎ、続く場面でその繋いだ手が離れて、といったところとか)、ちょっとがっかりな作品でした。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示