この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

猿の惑星 [DVD]

5つ星のうち 4.8 29件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 650より

この商品には新しいモデルがあります:

猿の惑星 [DVD]
¥ 933
(7)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チャールトン・ヘストン, キム・ハンター
  • 監督: フランクリン・J・シャフナー
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • 発売日 2005/02/04
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 29件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006TPERY
  • EAN: 4988142241924
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 200,124位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』とともに、その後のSF映画の流れを作った大ヒットシリーズの第1作目である。
   ケープ・ケネディから打ちあげられた宇宙船が、1年6か月後、ある惑星に不時着する。しかしそこは猿人が支配者であり、人間は下等動物という星だった…。
   決死の逃避行を試みる宇宙飛行士テイラーに、名優チャールトン・ヘストンが扮している。その「衝撃のラストシーン」は、まさに戦慄するほどショッキング。また、猿人たちの特殊メイクはアカデミー特別賞(メイクアップ)を受賞し、のちにメイクアップ賞が設立するきっかけとなるなど、映画史のエポックメーキング的作品だ。監督は『パットン大戦車軍団』でも知られるフランクリン・J・シャフナー。(伊藤文恵)

内容(「Oricon」データベースより)

猿のメイクアップ技術が高い評価を受け、アカデミー特別賞に輝いた不朽の名作。チャールトン・ヘストン、キム・ハンター・ロディ・マクドウォールほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/2/3
形式: DVD
・・・なだけに、パッケージの写真を見て、卒倒しました。
これはないでしょう。そら有名なラストシーンですけど、
これは、いかんでしょう・・・
コメント 132人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カレラ 投稿日 2007/10/19
形式: DVD
ジャケットがありえない。
作品は☆5つ ジャケットは☆0
どういう神経でこのジャケットにしたのか理解できない。

内容は素晴らしかった。メイクアップも驚くほどいいし、
ストーリーも引き込まれラストにも驚愕。
なのに・・・
ジャケットのヘストンの気分です。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画自体はもちろん名作ですし、オチを知ってからでも何回見ても楽しめると思います。でもDVDのジャケットはどうかな…。古い映画とはいえ見た事ない人もいるだろうし店でDVD手に取ってジャケット見たらいきなり楽しみなくなっちゃうって感じがします。ユージュアル・サスペクツだったとしたら、キャスト表の所にカイザーソゼ…〇○○・○○○○ーって書いてるようなもんだと思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
内容は皆さんご存知の通り面白いです。
でもね・・・このDVDのジャケットはダメですよ・・。
初めて観る人のことも考えてほしいですね。
映画自体は文句なしに面白いです☆
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
初めて劇場で見たのは、もう30年以上前になりますか・・・

当時『衝撃のラストシーン』とはまさにこの映画の為にある言葉だと思いました。

以後続編がたくさん作られましたが、やっぱりこれが一番の出来!!

まだ観てない人はぜひ見て下さい。

しかしこのジャケットはいかんわ!ネタバレやんか (>_<)
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
作品の素晴らしさは言うまでもないが、このDVDジャケットは絶対いかん

無神経さの極み

観ていない方の為に敢えてその理由は一切申しません。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
宇宙飛行士のテイラーは、猿が世界を支配している惑星に不時着した。
そこではなんと人間が猿の奴隷にされていた……。
この作品は原作者のブールが、東南アジアにて有色人種を使役していた所、
有色人種である日本軍の俘虜となった屈辱的な経験を題材として描かれたといわれてます。
テイラーが猿から理不尽な扱いを受ける描写は、脚本家のマイケル・ウィルソンが
共産主義者と見做されて赤狩り対象になった経験が反映されてるとか。
この様な内幕を知らなくても、楽しめます。
内容的には例をみないストーリーの進行と人間社会への辛辣な風刺をこめた作風は、
現在においても素晴思います。
また、ラストシーンが印象的で、リメーク作品より面白いと感じます。
さらに、続編が面白い。
是非、
猿の惑星、
続・猿の惑星、
新・猿の惑星、
猿の惑星・征服、
最後の猿の惑星
を見てみてください。最高に面白いと思います。
しかし、パッケージはラストを推察できるので、もっと別に考えて欲しいですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
たまにアメリカのハリウッド映画のことを悪く言う人がいますが、
1960年代にこの「猿の惑星」を作り上げたということに、スゴさを感じます。
原作者のピエール・ブールが日本軍の捕虜になったときの経験を元に小説を書いたことは
あまりにも有名です。
この映画で素晴らしいところは、やはりそのシナリオとメイクでしょう。
猿のメイクはこの年代の常識を超えていたと思われ、今見ても十分見るに値します。
それとネタばれになりかねないので、あまり詳しくは書けませんがシナリオの素晴らしさも
この映画を特別な域へ高めていると思います。
人間の愚かさ、醜さを見事に描き「ラスト」のあの場面がより、意味深いものになっています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
公開から46年たつ2014年に観ても新鮮でリアル(シャトル以外)!?おそらく、人類が滅亡して猿が地球を支配していたら、これぐらいの文明なのだろう?と思えるからでしょう。映像はCGではない自然が本当に美しい。チャールトンの演技も素晴らしい。査問会議で裁判長猿達3猿が”見ざる聞かざる言わざる”をやっているのは笑えた。ノバ役のリンダ・ハリソンさんは瞳が綺麗で美人でナイスボディーです。                                                                                         
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック