猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,240
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ブックオアシス高木堂
カートに入れる
¥ 2,000
通常配送無料 詳細
発売元: yumeko書店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]

5つ星のうち 3.9 117件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 1,180 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 353 (23%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、~MonAnge~が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で猿の惑星:創世記(ジェネシス) (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 猿の惑星:創世記(ジェネシス) [DVD]
  • +
  • 猿の惑星:新世紀(ライジング) [DVD]
総額: ¥3,760
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェームズ・フランコ, フリーダ・ピント, ジョン・リスゴー, アンディ・サーキス
  • 監督: ルパート・ワイアット
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
  • 発売日 2012/07/18
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 117件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0083RQHOA
  • JAN: 4988142893529
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 82,043位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

映画史上の神話の“起源"に迫るSFアクション超大作!!

進化は、彼らを選んだ

映画の言葉 “自然のあり方を壊してはいけない"


<キャスト&スタッフ>
ウィル…ジェームズ・フランコ(関 智一)
キャロライン…フリーダ・ピント(東條加那子)
チャールズ…ジョン・リスゴー(阪 脩)
シーザー…アンディ・サーキス(チョー)

監督:ルパート・ワイアット
脚本:リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー
製作:ピーター・チャーニン/ディラン・クラーク/リック・ジャッファ/アマンダ・シルヴァー

●字幕翻訳:戸田 奈津子
●字幕監修:松沢哲郎 京都大学霊長類研究所教授・所長
●吹替翻訳:栗原とみ子

<ストーリー>
現代のサンフランシスコ。製薬会社ジェネシス社の研究所に勤める若き神経科学者、ウィルが実験のためアルツハイマー病の新薬を投与した一匹のチンパンジーが驚くべき知能を示した。ところが、そのチンパンジーは突如暴れ出した挙句、射殺されプロジェクトは中止されてしまう。ウィルは生まれたばかりの赤ん坊を自宅に連れ帰り、“シーザー"と名付けて育てることに。3年後、すくすくと育ったシーザーとウィルとの間には本物の人間の親子のような強い絆が生まれており、同時に特殊な遺伝子を受け継いだシーザーは、類まれな知性を発揮し始めていく。しかし、ある事件がきっかけで、シーザーは人間の愚かさに失望してしまうのだった。そして、失望は地球上の生物の進化の概念を覆す「壮大な闘い」の序章へとつながっていく……。

<ポイント>
●猿の豊かな感情をリアルに伝える“心揺さぶるドラマ"と“『アバター』のWETAデジタル社が最先端技術を駆使したCG"の奇跡の融合により壮大なるディザスター・スペクタクルが誕生!
●すべてはここから始まった……。なぜ人類の文明は滅び、猿が支配者となったのか?! その真相に迫る。
●所々にちりばめられたオリジナル『猿の惑星』(1968)とのオマージュも見所。比較してそれらを探しながら観るのも楽しみの一つ。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人類文明の崩壊という『猿の惑星』シリーズで示されていたテーマの“起源”を描いたSFアクション。研究所に勤める神経科学者・ウィルによってアルツハイマー病の新薬を投与されたチンパンジーが、驚くべき知能を示すが…。“ベスト・ヒット。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
映画はよく観ているのですが、この作品はなぜだか久しぶりにどっぷりはまりました。
映画館にも10回以上足を運び、ブルーレイも買って観てますが全然飽きません。
ストーリーはもうすっかり頭の中に入っているのですが、それでも映像を観てるとワクワクしっぱなし。
監督の演出がすごくセンスあると思いますし、猿たちそれぞれのキャラクターもきっちり描き分けできていて、本当におもしろい作品になっていると思います。
なによりシーザーの気持ちが痛いほど伝わってくる、目力や豊かな表情が素晴らしいし(アンディ・サーキスがすごい。)他の猿たち、ロケットやモーリス、コバ、あとゴリラのバック…みんな大好きです。(私にはコバでさえもかわいい。)
ストーリーはシンプルかもしれないけれど、逆にいえばシンプルな内容なのにこれだけおもしろく撮ってあるというのはすごいことだと思います。
時間あればまた何度でも観るつもりです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
第1作はSF史上に残る名作ですがその後のシリーズは迷走してしまいました。
この作品は第1作を汚さない良作品に仕上がっています。
面白いです。
チンパンジーが知性を得ることの説明が映画的に成功しています。
チンパンジーへの虐待からそれへの反逆の描写が納得できるものになっています。
主人公のチンパンジーは暴力を無制限には使いません。それもいい。
観客にある程度納得できる暴力、反逆になっており脚本もいいです。
かつて京大の研究所にいた天才チンパンジーのアイちゃんが3つの鍵を開け脱走する事件がありました。
そのときアイちゃんは他の猿の檻の鍵も開けて逃げました。
チンパンジーの仲間への思いやりが分かる衝撃的な事件でした。
主人公のチンパンジーだけでなく仲間のオランウータンやゴリラなどのキャラクターもよく描けており彼らにも共感できます。
CGも良いです。CGの使い方がよく分かっている映画です。
旧作品には冷戦時代の核兵器へのメッセージがありましたがこの作品にはそれはありません。冷戦は終わったんですね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
 この映画のCGはすごい!主人公のシーザーの表情が・・・。観ているだけで彼の知性あふれる内面や、心の動きがバッチリわかる。

最小限の会話(手話)のやり取りで、シーザーやその育ての親、ウィルの気持ちの移ろいがしっかり描かれていて、胸が熱くなりました。

アルツハイマーのおじいさんや、映画のテーマの代弁者であるウィルの恋人もよかった。

映画の完成度が、「猿の惑星」のタイトルに喰われていない。要所要所に混ぜ込まれたシリーズへのオマージュも気が利いていますね。本作のストーリーがしっかりしてるからこその隠し味です。

出てくる人(猿類も)がみんな完全な正義ではなく、醜さやエゴイズム、捨てきれない情を持ち合わせている点、シリーズの特色を踏まえていて・・・、ハッとさせられました。

最後のシーザーとウィルの台詞も、心に残りました。アンディサーキス氏、ジェームスフランコ氏、共にすばらしい演技でした。

迫力あるアクション。深いドラマに重いテーマ。観る価値あり!!
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
公開当時は『最初からオチ(猿が人間に反逆し、支配する)が分かってる映画なんか、観ても意味ないやろ〜』と思ってましたが、とんでもない。
いざ鑑賞すると作品世界にみるみる引き込まれてしまいました。

主に猿(エイプ)の視点から描かれており、主役のシーザーは当然ほとんど喋りませんが彼の喜怒哀楽はひしひしと伝わってきます。

自らの傲慢さが招く事とは言え人類が破滅に向かう作品のはずなのに、それを観ている私達はいつしか猿(エイプ)の側に立ち『行け!進め、シーザー!』と応援してしまう、不思議な作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
CGもここまで来ると完璧ですね。観ていて引き込まれます。やっぱりアメリカは映画が文化だなあ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「タンタン」にしろ本作にしろWETAのキャプチャリングは凄い。
まるでそこにシーザーをはじめ、本物の猿たちがいるような迫力は
それだけで観客を釘づけにする。

ストーリーはみなよく知っているので、いかにして猿たちが天下を
取るかが「カギ」なのだが、そこに至る経緯も十分納得できる
もので、旧作へのリスペクトも忘れていない。

サンフランシスコで立ち上がった猿たちが(ロケーションはカナダだが)
世界中を席巻するシーンはエンドクレジットで観ることができるが、
このあたりは少し無理があるかな、という感じもする。
宇宙人やゴジラが攻めてきても撃退する米軍や自衛隊という大戦力
に立ち向かうには「ターミネーター」みたいなことがないと難しい。

ウィルスが蔓延するというのも説得力はあるが、全滅までのんびりして
いるほど人類もバカじゃないだろうしね。
少なくともサンフランシスコ征服までのストーリーは真実味があった。

WETAといえばピージャクであり、ピージャクといえば「キングコング」
だ。待てど暮らせど続編が出来ないが、本作がもしかしたらそれに当たる
のかも知れない。
ずいぶんと大きさは違う
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す