通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
猫間地獄のわらべ歌 (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★Amazon.co.jp専用在庫です。カバーに若干の傷みがありますが、中身は美品です。★エアキャップにて梱包いたしております★累計発送数もうすぐ4万5千件★いつもご利用ありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

猫間地獄のわらべ歌 (講談社文庫) 文庫 – 2012/7/13

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751
¥ 751 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 猫間地獄のわらべ歌 (講談社文庫)
  • +
  • ラバー・ソウル (講談社文庫)
  • +
  • この闇と光 (角川文庫)
総額: ¥2,414
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『安眠ウエーブ枕 プレミアム 特製オリジナル枕つき 熟睡できて、首こり・肩こりも解消!』
『安眠ウエーブ枕』が進化。眠りやすさがアップし、首・肩コリの解消、自律神経の調整、疲れとり、いびき改善といったさまざまな体の不調の改善に役立つ。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

お江戸で、密室。館ものに、見立て殺人!

驚天動地の王道推理!
ミステリファンもご注目を!
時代小説の暴れん坊・幡大介、講談社文庫に初登場。

驚愕のラストに、開いた口がふさがらない!

時は天保。海の向こうのエゲレスでは、『モルグ街の殺人』とやらが書かれる五十年も前。
花のお江戸の猫間藩下屋敷は、上へ下への大騒ぎ。お書物蔵で藩士が腹切って死んだという。不祥事発覚→失脚をおそれた藩主の愛妾和泉ノ方は、外部犯による他殺をでっち上げよ、と命じる始末。留め金の掛かった蔵は、誰も入れぬ“密室”であった。
銀山で潤うのはお偉方と商人ばかり、大半は飢える寸前の猫間藩。国許(くにもと)の城下では、次々起こる惨殺事件を暗示するかのように、ぶきみなわらべ歌が流行(はや)っていた。
……頼りなげな目付役所の若侍、静馬との“推理”は、お先真っ暗のこの藩を救うのか?

内容(「BOOK」データベースより)

江戸の下屋敷におわす藩主の愛妾和泉ノ方。閉ざされた書物蔵で御広敷番が絶命した。不祥事をおそれ和泉ノ方は“密室破り”を我らに命じる。一方、利権を握る銀山奉行の横暴に手を焼く国許では、ぶきみなわらべ歌どおりに殺しが続くと囁かれ!?大胆不敵なミステリ時代小説。文庫書下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062773139
  • ISBN-13: 978-4062773133
  • 発売日: 2012/7/13
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 400,578位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
幡大介のこれまでの時代小説を全部読んできた読者として感想を書きます。
時代小説プラスミステリですが、捕物帖はもう作者は十分に書いてきましたので、そんな趣向では読者は驚かない、と思ったのでしょう。新たな手を打ってきました。

 ひとつは筒井康隆を思わせる軽やかなナンセンスと疾走感。一人称の主人公内侍之佑は、苅谷藩の江戸屋敷の奥方に仕える御使番。愛妾の和泉ノ方のところへ呼ばれてゆくと、なんと蔵の中で勤番の侍が切腹しています。和泉ノ方は、彼の切腹で自分に落ち度があったと思われることを厭い、これを絶対に他殺として解き明かせと命じ、主人公は徒目付の水島静馬とともにでっちあげの謎解きに励むことに・・・

 このあたりから、メタ時代劇、メタミステリとなり、主人公と奥方の対話では「密室殺人」「メタミステリ」などという言葉がとびかいます。この手の「入れごと」部分は何回か出てきますが、せりふ劇のゴチック体となり、現代人に対する説明やら、日本文化の特質やら、探偵という語の意味の歴史などを、論じあうコラムのようにもなっています。ひとしきり終わったところで、「ところで○○ページの続きだが」と話者も役柄にもどります。

 二部からは、国元での童謡殺人事件となりますが、ノンセンスはいよいよエスカレート、次々に起こる見立て殺人・・・これだけでは
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
と、読後に思う。筆者の作品すべてに目を通しているのに、このトリックに気づかなかったとは迂闊・・・いや、愛読者にさえそれを気づかせない筆者のテクニックに素直に感謝しよう。爽やかな敗北感である。大富豪同心も変わらぬ安定感だが、こういったチャレンジも筆者の奥深いポテンシャルの成せる業であり、メタミス時代劇シリーズへの発展を楽しみに待とう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
密室、見立て殺人、首切り、時代物の罠、メタ要素、館トリック、そして……。

北海道(行ったことないけど)の大盛り海鮮丼みたいな本格ミステリです。これでもかとミステリの要素を詰め込み、それでいて軽快で爽快。笑いながら楽しんで密室トリック、連続首切り殺人の検証などを、「しかしこの作品、トリック満載やな…!」と感心して読んでいたら、切れ味するどくひょいと訪れた、素晴らしい、美しいラストシーンに心を打たれました。ボロボロ泣きました。

非常に満足な出来でした。遊び心溢れる、ハッピーエンドのミステリを読みたいかたにはぜひ!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初めて幡大介氏のミステリ風味の作品を薦められて読みました。
だから、氏の他の時代小説は全く知りませんが、
本作品は、ミステリとして非常に面白い快作です。

チャラチャラした書き振りは読者の好みで評価が分かれるかもしれません。
しかし、内容は、本格的な推理小説ファンが十分楽しめるような、盛り沢山の構成です。
特に、著名なトリックのパロディ的な応用や、ミステリの叙述形式の談義は、なかなか味がありますよ。
伏線の設定がきちんとなされていて、読者への挑戦状があるのも、粋な計らいです。
このノリについていける読者は幸せです。
...そうでない「真面目な読者」は、本を投げ捨てるしかなくなりますが... (^_^;)

痛快エンタテインメント作品として、大変良く練られた作品だと思います。
表面的な叙述に惑わされず、内容の核心に注目せよ!と、著者のミステリ論の持論(?)を
具体的に敷衍した作品といえるでしょう。自信を持ってお勧めできます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック