通常配送無料 詳細
通常8~13日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ayari24
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 稀少の古い商品のわりには、良い方です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

猫を助ける仕事 保護猫カフェ、猫付きシェアハウス (光文社新書) 新書 – 2015/11/17

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 36

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 猫を助ける仕事 保護猫カフェ、猫付きシェアハウス (光文社新書)
  • +
  • それでも命を買いますか? - ペットビジネスの闇を支えるのは誰だ - (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • 日本の犬猫は幸せか 動物保護施設アークの25年 (集英社新書)
総額: ¥2,472
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

◎足りないのは愛情ではなくシステム

◎ソーシャルビジネスの手法で猫の保護活動に取り組むNPO法人(東京キャットガーディアン)代表と、不動産研究の第一人者がコラボした猫と人との共生を考える一冊。

【内容紹介】
飼い主にとって家族の一員であるはずの犬や猫が、行政の保護施設で毎年十数万頭も殺処分されている「不都合な真実」が存在します。
筆者(山本)は、殺処分ゼロを実現するのに「足りないのは愛情ではなくシステム」と考えました。そして、民間の保護団体から希望者(里親)がペットを譲り受ける新しい流通ルート「保護猫カフェ」を社会に定着させようと活動してきました。これまで四千頭以上の譲渡実績を上げています。同様のコンセプトで考案した「猫付きシェアハウス」「猫付きマンション」も徐々に広まりつつあります。
――ソーシャルビジネスの手法で猫の保護活動に取り組むNPO法人(東京キャットガーディアン)代表と、不動産研究の第一人者がコラボした、猫と人との共生を考える一冊。

【目次】
はじめに――動物保護をソーシャルビジネスにする

第1章 忘れられない猫レスキューあれこれ
保護活動の一端を知ってもらえるように/きなこちゃんの分かれ道/高速道路下 捕獲大作戦/若くして亡くなった飼い主さんとウッシーくん/強面おじさんと子猫/猫のような人/天ぷらちゃんと呼ばれた猫たち/下半身麻痺のアビシニアン/警察署からの猫の受け出し/困った餌やりおばさん/捕獲は早朝か深夜に/大家さんにできること/猫シェルターの長い一日
第2章 猫カフェ型のシェルターはこうして生まれた

第3章 猫と暮らす住まいの理想と現実

第4章 保護猫付き住宅を全国に

第5章 これからの保護活動を考える

特別対談――不動産から考える保護猫活動 山本葉子 × 松村徹

おわりに

【著者プロフィール】
山本葉子(やまもとようこ)
東京都生まれ。NPO法人東京キャットガーディアン代表。二〇〇八年に猫カフェスペースを設けた開放型シェルター(保護猫カフェ)を立ち上げる。四千頭以上の猫を里親に譲渡。住人が猫の預かりボランティアをする「猫付きシェアハウス」「猫付きマンション」も考案。

松村徹(まつむらとおる)
大阪府生まれ。ニッセイ基礎研究所不動産研究部長。一九七八年大阪大学経済学部卒業。主な著書に『団塊世代の定年と日本経済』(部分執筆、日本評論社)、『不動産ビジネスはますます面白くなる』(共著、日経BP社)、『不動産力を磨く』(編著、日経BP社)。

内容(「BOOK」データベースより)

足りないのは愛情ではなくシステム。ソーシャルビジネスの手法で猫の保護活動に取り組むNPO法人代表と、不動産研究の第一人者がコラボした猫と人との共生を考える一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 206ページ
  • 出版社: 光文社 (2015/11/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334038905
  • ISBN-13: 978-4334038908
  • 発売日: 2015/11/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,985位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
日本や世界でも先駆け的に開放型シェルターを設けた猫保護団体"東京キャットガーディアン"。その代表である山本葉子さんの不幸な環境に置かれた猫達の殺処分ゼロを目指した取り組みや奮闘ぶりに感動する。
今話題の猫付きマンション、猫付きシェアハウスなどを始めたのも山本氏の発案。
型に捕らわれない援助方法がたくさんあることを教えられる。
「足りないのは愛情ではなくシステム」と言われる通り、猫達の譲渡の流れや受け入れ場所の開拓など、今後の猫保護活動への道しるべを示してくれている。
不動産業界にとっても空き部屋問題などの打開策となる内容であるし、猫好きならずとも読めば胸の熱くなるエピソードに感動すること請け合いだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 嫦娥 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/26
形式: 新書 Amazonで購入
「足りないのは愛情ではなくシステム」
私には重い言葉となりました。

本書でいうシステムとは
1.ペットショップやブリーダーさんから買う、保健所から譲渡してもらう、以外に、お猫さまをおうちにお迎えできる窓口(保護猫カフェなど)
2.都会でもお猫さまと一緒に暮らせる方法(あの猫付きマンション!、猫つきシェアハウスなど)
3.飼い主が先立っても、お猫さまに新しいおうちが提供できる方法
のように見受けられました。
本書で明確に歌っているのは1番です。
2、3、は、1の後のセーフティネット的な方法にもなります。
お猫さまの「一生」の安全を「継続」するための活動報告書としても、大変参考になります。
この「継続」というのが、活動のキーワードの一つになっているようで、
著者山本女史個人が継続できなくても、システムとして社会に残す、という意気込みがあふれています。

前半は、保護猫たちの来し方で、中盤以降に、都会の野良猫問題の現実からはじまり、
殺処分ZEROを目指すNPOの「継続していく」ための「ソーシャルビジネス」としての活動説明があります。

個人で山に捨てられる野良っこの去勢避妊をしている私には、推察できるあまりの資金規模
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「猫を助ける仕事」とタイトルにあるように、殺処分されてしまう猫を救う活動をボランティアではなく、仕事としてやっているという事にまずびっくりしました。こういった活動はほとんどボランティアの方がやっているのかと思っていました。
著者の山本さんも「殺処分ゼロを実現するのに足りないのは愛情でシステム」とおっしゃってましたが、ボランティアではどうしても活動に限界がきてしまうこともビジネスとしてきちんとしたシステムを構築することで、活動の幅を広げることが可能になっているようです。

第一章では猫レスキューのあれこれが紹介されていましたが、1匹の猫を保護するのにどれだけ苦労があるのか・・涙あり笑いありのエピソードの数々が面白かったです。

私は普通の猫カフェにしかいったことがないですが、一度行っただけでもお気に入りの子ができ連れて帰りたくなってしまいました。
ですので「保護猫カフェ」というのは猫を飼いたい人にとっても保護された猫にとても合理的で幸せなシステムだと思います。
私が猫を飼うならぜひこういった場所を利用したいと思いました。

また保護猫の里親でもあるもう一人の著者の松村さんは不動産研究が専門とのこと。
これから不動産の価値を高めるためには「ペットとの共生が必要」だという考え方もとても興味
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
殺処分の問題には関心があり、色々な意見や団体を見てきた中で、
東京キャットガーディアンさんの活動は異色だなと感じたのが本を読んでの印象でした。

普通、猫の保護や譲渡を行っている団体は、より知名度を上げて多くの猫を
保護し里親を見つけるため、施設や支援の拡大、里親になってくれる方の獲得に
尽力しているように思います。

東京キャットガーディアンさんは常時300頭前後の猫を複数のシェルターや保護猫カフェとの
業務提携で保護しているそうで、施設面でもさぞ大きなものを持っていらっしゃるようですが、
その他にも、どうしたら猫をシェルターから引き取ることが一般的となるか、どうしたら地域全体、
ひいては日本全体で殺処分ゼロになるか、という大きな視野を持って活動されていることを、
本書を読んでいるとひしひしと感じました。

よく目にする動物愛護者の声で、「海外にはたくさんのシェルターがあるのに日本はどうだ」とか
「欧州の愛護団体に対する寄付は莫大でそれに比べたら日本の寄付はまだまだだ」とか、
海外を称賛するものが多くあります。

もちろん、海外の動物愛護に関する関心の高さやペット関連商品の質の高さは日本以上だとは思いますが、
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー