¥ 1,836
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 685 (37%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,151
Kindle版価格
¥ 1,836
単行本

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 685 (37%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
猫はときどき旅に出る がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

猫はときどき旅に出る 単行本 – 2013/2/26

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「正しい人生の過ごし方とは、不意に遭遇する刹那の快楽を求めて生きることなのだ」と語る小説家、楠三十郎。「作家兼脚本家兼映画監督兼劇画原作者兼誠実なる酔っぱらい人間」を自称する彼は、三十代にして作家としての羅針盤を失いつつあると感じており、時折突き上げてくる旅への飢餓感があった。
青春時代を過ごしたサンフランシスコ、憧れの南極、自作映画の売り込みに行くニューヨーク。旅先で出会う暴力や女達との思い出。去来する様々な記憶はやがて、やはり小説家であった父の思い出へと至る。小さな犬の命ひとつ救おうとしなかった父に対して、作家にとって文学とは何ほどの意味があるのかとの疑問は残ったままだった。
2001年第一部「すばる」掲載から十一年を経て完成した著者渾身の長編小説であり、居場所なき魂の彷徨を綴った原点回帰にして最高傑作。

内容(「BOOK」データベースより)

やがて脱走は旅になった。作家兼脚本家兼映画監督兼劇画原作者兼誠実なる酔っぱらい人間、楠三十郎の遍歴の記憶。第1部発表から十一年を経て完成された長編小説の傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/2/26)
  • ISBN-10: 4087714993
  • ISBN-13: 978-4087714999
  • 発売日: 2013/2/26
  • 梱包サイズ: 19 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 863,903位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2013年9月21日
形式: 単行本
0コメント| 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年1月30日
形式: Kindle版
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。水筒 部品