通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫) 文庫 – 2016/9/22

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 288

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)
  • +
  • 魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2 (角川文庫)
  • +
  • 機械仕掛けの選択 サクラダリセット3 (角川文庫)
総額: ¥2,030
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

ご注意ください

現時点こちらの商品は特大幅広帯の仕様になります。「特大幅広帯」の下には商品カタログに掲載されている画像の「カバー」が本に巻かれております。

内容紹介

青春小説の若き旗手が描く、傑作SF青春小説が、角川文庫で登場!

「リセット」という一言で、世界は、三日分死ぬ――能力者が集う街、咲良田(さくらだ)に生きる時間を巻き戻す少女・美空と、記憶を保持する少年・ケイ。繰り返す日常は、若者たちに何をもたらすのか!?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2016/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041041880
  • ISBN-13: 978-4041041888
  • 発売日: 2016/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,731位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
じっくりじっくり時間をかけて読み込もうと思います。
すでに全巻持っているのですが、
やはりこの作品、好きです!
もう一回、しっかり噛み締めながら読破しようと思っています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
階段島シリーズからこちらに移ってきましたが、双方ともその人のもつネガティブな心情を転換しているのが面白いですね。魔女の仕業だったり能力の開花だったり。ラノベ世界では一番クールに書き込んでいると思います。西尾維新はクールバイオレンスですが河野裕はクールインテリジェンスです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この著者の作品は初読でした。
ダ・ヴィンチで紹介されているのを機に読んでみました。
よみやすさが一番ですね。キャラも立っていて。
7巻まであるうちの一巻で、まだスケールがかなり小さい
狭い範囲での話だったので、今後の展開に期待を込めて
-1にしていますが、映画化もされるようなので楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
うん、まあ、ラノベだ。ラノベにしては下ごしらえがやたらしっかりされており、結末が用意されたままに書かれている典型的な作品と言えるだろう。

キャラクターたちは基本的に意固地で、自分のあり方に柔軟性がない。始めにどちらに向かうかが作者にかなり既定されており、挙句その行為をこちらが繰り返し見ている主人公の目に何度も写ることを何度も確認させられて、それが妙な寂寥感をこちらに感じさせるのは、この手の繰り返しものではむしろその作りが既視感を思い出させる。

全7巻のようだが、おそらく書く前から結末はほとんど用意されていたのだろう。一巻においては回収されない伏線がいくつも見せられる。

無論、アニメの1話を見ている僕は、すでに三巻に種明かしを相当されているので、この一巻におけるハルキという存在に対する意識にフィルターがかかっており、初読の人より明らかにヒロインに対する感情にバイアスがかかっている。

それが寂寥感を駆り立てるのはこの本に対する正しい見方と言えず、この巻ではこの何かを我慢している主人公とヒロインのエニグマに想いを馳せつつ読むのが正しい。

つまり、ましてや実写で超ダイジェスト版を見てしまった人はさらに、この一巻で損することになるんだな。

故に、第1話をすでに見
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告