通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫) 文庫 – 2006/9/7

5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
  • +
  • シラノ・ド・ベルジュラック (光文社古典新訳文庫)
総額: ¥1,849
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

光文社古典新訳文庫の特色のひとつは「本邦初訳」作品への挑戦。その第1弾がジャンニ・ロダーリのこの作品である。ロダーリは、既訳のある『ファンタジーの文法』『チポリーノの冒険』でも知られる、イタリアの詩人・児童文学者。「愉快な作風で、人の心を包みこみ、明晰であふれるようなユーモアの感覚を持つ」と評される。本書は代表的な短編集であり、20世紀イタリア文学の古典とされる。

出版社からのコメント

■遺跡の境界線をまたぐと
猫の半分が〈元・人間〉だって、ご存知でしたか。家族も会社も何もかもがいやになったら、ローマの遺跡の境界線をまたいで猫になってしまおう……。左翼系の新聞に連載された16の短編を収録。時代批評とパロディ精神に満ちた、楽しく突飛な世界への招待状。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 287ページ
  • 出版社: 光文社 (2006/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334751075
  • ISBN-13: 978-4334751074
  • 発売日: 2006/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 240,069位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 クスリと笑いながら、身につまされる…少々(かなり?)キツめにスパイスを効かせた、大人向けのスウィーツ詰合せ、といったところか。
 荒唐無稽というか奇想天外というか…豊かな想像力と、自由自在なナンセンスとパラドクス、そして強烈なアイロニー。それらで軽快に、しかし、ラディカルに語られる“現代の寓話”集。
 俗物的なブルジョワ(今風に言うと“セレブ”?)、つまらない小役人、そして“常識的な”小市民…言わば、“普通のオトナたち”に対する辛辣なあてこすりや皮肉(「社長と会計係」「お喋り人形」など)もあれば、より直接的な社会や文明に対する批評(表題作や「箱入りの世界」など)、そして、「ガリバルディ橋の釣り人」のようなむしろ哲学的とも言えるようなエピソードもある。
 ロダーリといえば“児童文学家”というイメージだったし、この本も子どもは子どもなりに楽しく読めるのかも知れないが、むしろこれは大人が読むべき作品だろう。リズム感とテンポ、そしてとぼけた味わいを伝える訳文も秀逸!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 どの話も突飛な展開をするのだが、登場するものはみな俗世間の考えで行動をする。そのギャップがどれも軽妙なユーモアを感じさせる短編集である。

 著者はイタリアの児童文学作家。国際アンデルセン賞も受賞しているそうであるが、作品は初めて読んだ。毎日の生活に疲れてしまったとき、ちょっと口直しに味わうと良いような、辛さも苦さもあるが、重たく残りはしない上質の口どけの作品である。

 たまたま手にとって、表題作「猫とともに去りぬ」の設定がユアグローの「鯉」(「ケータイ・ストーリーズ:収録)と同じ設定だな、どう違うのかな、と思って読んでみた。こちらはローマ廃墟の猫になってしまうおじいさんの話であるが、あちらは鯉。こんな風に考えることは結構ある、ということなのだろう。ここではなかなか楽しい展開になっている。

 他には白雪姫を題材にした作品もある。シンデレラはSF仕立てになっている。イタリアらしく、ヴェネツィアの水没や、ピサの斜塔を扱った作品がある。いろいろあって楽しい。最後に納められている作品が運命や友情の無情観をひんやりとした後口として残すのも、一冊のまとめ方としてなかなか洒落ている。

 ひとときの上質なくつろぎとしてはなかなかお買い得な一冊だと思う。

 
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あたり前のように、あたり前でないことが起こる。
つっこみ不在の喜劇性。それがこの物語たちのおもしろいと思ったところだ。

「なんでそんなに力が強いのか」という質問にたいして、
「重荷を背負うことに慣れっこなんです。大家族の生計がすべて僕の肩にかかっているのですから」と答える。
そんなユーモアセンスが、これでもかと散りばめられている。

世界遺産も大変なことになっている。
コロッセオは猫によって占拠。ヴェネツイアは水没の危機。
ピサの斜塔は宇宙人によって、持ち運びサイズにまで縮められる。
ユネスコが聞いたら泣きそうだ。

笑いは笑いでも、上質の笑いである。明るい笑いを楽しむには持ってこい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「そういう決まりなのよ。学校の先生はいつもそうするんだから。きちんとできれば百点。間違いがいっぱいあると四十点」
「どうして?」
「だって、そうすればできるようになるでしょ」
「じゃあ訊くけど、まだ自転車の練習をしてるころ、何度も転んだわよね? 転んでけががをすると、四十点って書かれた? それとも絆創膏を貼ってもらった?」
答えあぐねているエンリカに、人形は重ねてたずねた。
「ほらね、じっくり考えてみなさいよ」
(『お喋り人形』より)

素っ頓狂で不条理な物語に目が眩んでいるところにストレートを食らった気分。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とり トップ1000レビュアー 投稿日 2011/7/3
形式: 文庫
児童文学には詳しくなく、本書で初めてロダーリを知りました。
猫好きで、タイトルに惹かれただけなのですが、ふくよかな時間をもらえる、素晴らしい短編集でした。
やおら猫になったり魚になったりピアノと一緒に走り回ったり、枠組みなしのファンタジー、ですが、けっして幼稚な物語ではなく、弱者からの反逆・強者への皮肉が、音楽や花々に彩られた、大人向けの一冊です。
しかも、どの短篇もけっしてブラックな笑いにならない、にっこり笑ってしまう上品な物語ばかり。
既に出版されている、児童文学作品にも興味がわいてきました。小さな子どもさんのいるご家庭へのプレゼントに良さそう。

あとがきによると、ロダーリの父親は仔猫を助けるため、嵐のなかで全身ずぶ濡れになり肺炎を起こして亡くなっているそうです。
それでロダーリの作品には猫がよく登場するのでは?とのこと。その下りを読んだ瞬間、思わず親子に黙祷を捧げてしまいました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー