中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

狼と香辛料 (3) (電撃文庫) ペーパーバック – 2006/10/10

5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 341
ペーパーバック, 2006/10/10
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

The series has been called an "unique fantasy" due to the plot focusing on economics, trade, and peddling rather than the typical staples of fantasy such as swords and magic, and has proved to be very popular with comic book, animation, and games being produced. Part 3 In Japanese. Annotation copyright Tsai Fong Books, Inc. Distributed by Tsai Fong Books, Inc.

内容(「BOOK」データベースより)

教会都市リュビンハイゲンを出立した行商人ロレンスと狼神ホロ。行商がてらホロの故郷ヨイツの情報を集めるため、冬の大市と祭りで賑わう町クメルスンにやってきた。そこで二人は、若い魚商人アマーティと出会う。どうやらアマーティはホロに一目惚れをしてしまったらしい。急速に彼女に近づき始めた。一方ロレンスとホロの間には微妙な気持ちのすれ違いが生じ、誤解が誤解を呼んでしまう。そしてそれがロレンスとアマーティそれぞれの商売をも巻き込んだ大騒動へと発展していく―。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞作第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 339ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2006/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840235880
  • ISBN-13: 978-4840235884
  • 発売日: 2006/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 468,089位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ayuyo 投稿日 2007/6/6
形式: ペーパーバック
教会都市での窮地を脱したロレンスは、ホロとホロの故郷ヨイツを探しながら旅を続ける。間近に迫った冬の大市と祭りでにぎわうクメルスンという町へ向かう途中、二人は年若い魚商人アマーティと出会う。ホロに恋をするアマーティ。そして、ちょっとしたことから、仲違いしてしまうホロとロレンス。そして、そのことが商売をも絡んだ一騒動に発展していく...

今回は、派手な騒動というより、ホロとロレンスの気持ちが主軸となった話になっています。ホロとロレンスのつながりは、ほとんどがお互いの気持ちの上に成り立っています。二人の気持ちがずれた時、二人はその関係のもろさに気づかされます。そして、そこにホロに恋する若者が入り込んできて...今後の展開への大事な一冊です。この次も楽しみです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 後野まつり VINE メンバー 投稿日 2008/6/29
形式: ペーパーバック Amazonで購入
じわりじわりと近づいていく二人の関係に、そして本格的に経済学へ突っ込んでいく本編に、それぞれ読み飛ばせる場所が無く、ページ数で計算していた読み時間より1割ほど余計にかかりました。1人称な上に行間を読ませる手法がちょっと立ち止まって考える時間を主人公と共有するため、感情移入しすぎるというか、物語を客観的に読むことが出来なくなってしまい、読んでいる時間、その世界に連れ去ってくれる作品ですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
シリーズ3作目です。

3作目から始めても読めると思いますが、

やはり1作目からの通読をお勧めします。

なにしろ、今回は主人公2男女の些細な擦れ違いから事件が発生するのです。

基本的には前2作経てどうに入った2人の掛け合いを通じ、

徐々にストーリーが展開し、中盤以降一気に商人バトルに突入する仕掛けは健在です。

新人の作家さん故、一作ずつ人物描写の実験が見られ、

これからが楽しみな方です。

前2作を読まれ、楽しいと感じた方なら同様に楽しめるでしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヨーロッパ中世あたりの行商人と賢狼で姿が少女なホロとの不思議な旅のラノベ

いまさらながらで読んでいるのですが面白いですね、ライトノベルながらの
読みやすさなのですが普通の小説ぐらいによく練られた作品で読み応えあります。

3巻目になります。
ホロとの約束の彼女(狼)の故郷の北に向かう旅の途中になります。
武具という儲かれば大きい商品ではなく、釘という地味だけど地道に
稼げる商品をもって、北へ向かっています。
そこでは彼女の故郷の情報を得ようと美人の錬金術師に会い
ホロに疑われるし、ホロに横恋慕する商才のある若い商人が
ホロに求婚するはで前巻とは違う窮地にたたされます

今回は商品の先物という時間の読み合いの商品を使い
瀬戸際の状態になるもののというところが面白いところと
身内のホロとの信頼をどこまで置くのかがカギになっていて
良い作品になっています。

いろんなところにどんでん返しが用意されていて、
展開の妙が素晴らしいこの作品、この巻もお勧めだと思います
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
本作は、主人公とヒロインの設定年齢が高いことが大きな特徴。
ゆえに、ふたりが心を通わせるシーンは少年少女が主人公のそれとは異なり、スイートな感じでも、ドタバタのラブコメ風なものでもありません。
読者にも会話の意味を洞察することが求められる、ある意味「渋い」描写になっています。
それを味わい深いと取るか、まだるっこしいと取るかで、人によって評価はかなり分かれるように思います。
本巻では、ふたりは結ばれるために必要な過程をまた一つクリアします。
個人的には、恋愛に疎いロレンスが懸命に一人相撲をとっている様子も、そんなロレンスに甘えすぎず、甘やかし過ぎず、けれども寄り添っていたいと思っているホロの掛け合いは、こそばゆいけれど面白いと思えました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
帯買いしてしまった1巻、のめり込んだ末の2巻と続いて、

今回はもう棚に並んでいるのを発見した瞬間にレジへGOでした(苦笑

そんなわけで抜群の安定感と人気を誇る香辛料の第3弾です。

1巻や2巻と比べると今回は分かりやすくなった気がします。

あー、むしろ1と2をちゃんと読んでいないとかえって難しいのか……?

とりあえず、新しい商業用語はさほど増えなかった気がするので

シリーズを通読している方なら間違いないでしょう。

逆にこれから読もうという方はちゃんと最初からの方が良いです。

さて、通読している方向けに今回の見所を一つ。

今回もまた騒動に巻き込まれるホロとロレンスなわけですが、

ささいな誤解からロレンスは絶体絶命の窮地に。

手放したくない大切な「積荷」を守るための一発逆転の秘策、

ロレンスは「信用買い」の取引を持ちかけることに……。

と、前回手痛い目にあった「信用買い」で勝負に出るという展開がなかなか痛快です。

詳しいことは是非とも読んでお確かめ下されば幸いかと。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー