中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

狼と香辛料 (電撃文庫) 文庫 – 2006/2

5つ星のうち 4.2 75件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 323
文庫, 2006/2
¥ 1

この商品には新版があります:

狼と香辛料 (電撃文庫)
¥ 637
(75)
在庫あり。
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが―。第12回電撃小説大賞"銀賞"受賞作。 --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが―。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 329ページ
  • 出版社: メディアワークス (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840233020
  • ISBN-13: 978-4840233026
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 75件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 343,389位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
TVアニメを見て面白かったので原作を読みました、最終巻まで読んでのレビューです。
漫画が原作だと絵とセリフでの表現なので、ある程度ギャップは緩衝されますが、小説が原作だと挿絵を除いて文章での表現なので、作者の癖とか文章の読みやすさなどが、アニメ制作者が噛み砕いたものなのか元々の魅力なのかがもろに見えます。
この作者の文体は、非常に読みやすく、表現もしっかりしていて、情景が想像しやすくシーンが繋がっており、ストーリーに没頭できます。久しぶりに、この作者の作品なら指名買いできると思い、「マグダラで眠れ」も予約して読み初めました。
挿絵もほんわかしていて親しみやすく、デフォルメキャラだけで1ページ使っちゃうとかかなり割り切りが良いです。毎巻あるデフォルメのホロ(表紙の獣っ娘)の挿絵が可愛いです。

舞台は中世ヨーロッパを基本としたファンタジー設定です。
主人公は、駆け出しでも無く、中堅と言うより少し若い行商人ロレンスで、荷馬車に商品を積んで集落から集落を渡り歩いています。その荷馬車に少女の姿をしているが、狼の耳と尻尾の付いたホロが忍び込み、やり取りの末、一緒に旅をすると言う導入です。しかし、教会が威を鳴らし、獣人の外見だけで異端として下手をすれば縁者諸共処刑される世の中、そんなリスクを冒しつつ行商人であるが故に人の多い所に行かね
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作品をとりまく柔らかい雰囲気に癒されました。

雨降りの道や、酒場でのやり取り。

銀賞という事でアナウンスされていた作品ですが、

重厚なストーリー性や剣戟、魔法らしいものは殆ど無い、

という前評判を知った時、むしろ読む気が沸いて来ました。

暗く重い作品ばかりを読み続けていたので丁度良い清涼剤になると思ったのです。

読了してみると、表紙絵のイメージから想像したものに遠くない満足を得る事ができました。

物事にはきっちりと結果が書いてあるので、

消化不良にはなりませんが、時折とても先が見えてしまう部分や

心理戦ってそんな簡単かな?と思う部分もあります。

しかし、さっぱりとしてほのかに残る読後感はなんとも言えず、

テクニックだけで出来るものではないなと感じました。

最初のなせる業だったら寂しいのですが、

次にこの雰囲気が維持できていれば、更にその先もずっと読んでいこうと思っています。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「変わったタイトルだな〜」と思っただけで買ってみたこの一冊。
しかし読んでみると文章、そして物語の世界観に引き込まれました。
中世の西洋(のような地域)を舞台にしたファンタジーでありながら
経済がメインというのはおもしろい発想。
また、穏やかに進む前半と疾走感のある後半との緩急のつけかたは
とても上手いと思いました。
また,ロレンスとホロの掛け合い,商談での心理戦も見所です。

しかし簡単に先読みできてしまう部分があったり,誤字や文法が
おかしいと思われる箇所があったのが若干気になりました。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白かった。
文章の書き方はくどく、
描写もいちいちしつこく、
ひとつのページにに同じ内容どころか、
ひとつのセリフに同じ表現が二度出てくるなんてのもザラ。
ラノベは校閲ってしないのか? 

それでもです。
ラノベに限らず、他の小説に見られない独特の空気感があります。
正直、知識を書き込み過ぎて、スピード感が出なかったり、眠くなるところもあります。
特にクライマックスの第六幕の地下道の緊迫感とスピード感を殺しまくる地の文は、
「このヘタクソ!」と思いながら目をこすりながら読みました。

ただエピローグが、お約束ながらそれを挽回する演出にニマニマしてしまいます。
アニメをネットで見ての原作でしたが、楽しめました。
まぁ、やはりアニメの方が見せどころがわかっていてよかったですが、
アニメが続編作らないなら、続刊も読んでみようか悩むところです。
文章が上手くなっていくならばですが…。
それほどに独特な世界観とヒロインで、
それほどに読みにくい地の文なのです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー