通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画196... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 VALUE BOOKS
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。プロダクトコード、DLコード、帯、応募ハガキ等は付属しません。管理ラベルは簡単に取れます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画1964~1980① (我が偏愛のアクション映画1964~1980 1) 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/13

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 898

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 狼たちは天使の匂い 我が偏愛のアクション映画1964~1980① (我が偏愛のアクション映画1964~1980 1)
  • +
  • 映画秘宝COLLECTION決定版20世紀戦争映画クロニクル (映画秘宝COLLECTION 50)
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ランボーもダイ・ハードもCGもなかった頃、スクリーンの男たちはリアルな血と汗を流していた!
映画秘宝好評連載「男の子映画道場」単行本化、第一弾!

殺し屋、ギャング、アウトロー刑事……
リー・マーヴィンからチャールズ・ブロンソンまで
60~70年代に銀幕で暴れまわったタフガイたち!
映画史から消された傑作、忘れられた名作……これぞ男のためのアクション映画本だ!

内容(「BOOK」データベースより)

ブロンソン、リー・マーヴィン、ボーグナイン…男の意地が炸裂する!コワモテ俳優たちが繰り広げる銃撃戦とカー・チェイス!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 213ページ
  • 出版社: 洋泉社 (2015/6/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800304105
  • ISBN-13: 978-4800304100
  • 発売日: 2015/6/13
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 99,763位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「映画秘宝」誌にて町山智浩氏の「男の子映画道場」の連載を初めて目にした時は心が弾んだ。
そこには、自分が映画を見始めてその面白さにはまり、TVの深夜劇場や名画座まで追い続けた思春期から青春期に掛け出逢った数々のアクション映画たちの魅力が余す事なく紹介されていたからだ。
以後、「映画秘宝」を読む時は、雑誌を後ろからめくって先ずは今連載から目を通す事を秘かな喜びとしていたし、恐らく将来単行本になった際は、必ず購入しようと心に決めていた。
今回、晴れて刊行され、早速手に取り、冒頭の「はじめに」を読み始めただけで郷愁が襲ってきた。
自分は町山氏より2歳年上だが、当時好きだった映画の嗜好は見事に被る。
横浜から東京へと続いた学生時代、私も飯田橋佳作座や新宿ローヤルには何度となく足を運んだものだった。
今作は今も連載中である人気コラムの初単行本化。もう何年も続いていて遡上に挙げられた映画たちも数多いが、抜粋されて1冊に纏められるのかと思いきや、シリーズ化されてその総ての作品に陽が当たる事になりそうなのは朗報だ。

第1巻として取り上げられているのは、タイトルでもオマージュが捧げられていた「狼は天使の匂い」を始め全29本。
「殺しの分け前 ポイント・ブランク」「北国の帝王」「デリンジャー」「ロング・グッド
...続きを読む ›
13 コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書を読んで私がまっ先に思い出したのは、おなじ町山智浩先生の
『トラウマ映画館』(集英社文庫版)に解説を書かれた評論家・川本
三郎先生の初期の著書『シネマ裏通り』『朝日のようにさわやかに』
の二冊でした。ちょうどニューシネマの台頭と衰退の時期にハリウッドで
制作された当時のハードボイルド映画・活劇映画・犯罪映画について
もっと書かれてもいいはずなのに、20歳近く年齢の離れたこのお二人しか
まとまった形で書こうとしないのはどういうわけか?
(お二人とも東京生まれの東京育ちの映画ファン、編集者出身、それと
読書好きで小説にも造詣が深いという理由からだけではなさそうですが。)
川本先生の著書では「B級映画に愛をこめて」という章でこれらの作品に
ついて語られているのですが、当時の“B級”作品と、現在のお金と技術に
あかした大作を比較して「映画ってはたして本当に進化しているのか?」
という疑念が、本書によってますます色濃くなった今日この頃です。
CGによる爆発・炎上といった大破壊シーンが描かれないとアクション映画と
納得されなくなっているのでは?というのは、DVDで当時の作品に魅せられた
トシヨリ(まだ40代半ばですが…)の愚痴&現実逃避なんでしょうかねぇ…(タメイキ)。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
個人的に、町山さんと柳下さんの二人だけがその評論を聞くに値する映画評論家だと思っていて、これまでの著書も映画に関するものはすべて購入して読んでいますが、この本は特に町山さんのアクション映画への想いがバシバシ伝わってきます。
町山少年(当時)の感じていたワクワク感と、映画評論家・町山智浩としてキャスト・スタッフからテクニカルな部分までの詳細な分析や知識の両方のバランスが絶妙で、どの作品も(結末まで書いてあっても)全部観たくなります!
が、DVD化されてない作品が多い(たぶん)ので、観たくても観れないガッカリ感も味わってしまうことになる、罪な本です・・・
「トラウマ映画館」で紹介された作品がWOWOWで放送されたように、これもやって欲しいなあ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
どの文章も非常に単調かつ冗長で、とってもつまらなかったです。
町山信者の方以外にはお勧めできません。
1 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告